海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/カッパドキア2特派員ブログ

トルコ/カッパドキア2特派員ブログ Akiko Cappadocia

トルコ・カッパドキア2特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

正直に言います。
ここがギョレメで一番好きなホテ ルです。
なぜならばオーナーさんと奥様が神みたいに素敵な人だから!
スタッフの方もみんないい人!
こんなホスピタリティー溢れるホテルいままでないです。
そしてもう一つお勧めの理由は朝食と朝食スペースの景色の良さ!
オープンビュッフェスタイル でトルコ式のベーシックなものから外国人向けにシリアル・フルーツ・ヨーグルト・パンケーキなど種類も豊富。
さらになんと言ってもフレッシュジュースやコーヒーなど飲み物が美味しい!
私はカッパドキアに来てここのコーヒーが一番美味しかったです。
朝ごはんだけ食べに行きたいくらい。
ここからはローズバレーやギョレメの村が見渡せ、季節によってはバルーンを眺めながらの朝食が実現することも!
こんな贅沢な時間めったに味わえません。
何か困ったらすぐにオーナーさんや奥様に相談してください。
家族のように親身になって助けてくれるはずです。
もちろん肝心なお部屋も素敵です。
アンティー ク調の家具とションプルなデザインで清潔感溢れるお部屋はリラックスできること間違いなしです。
IMG_3884.JPG

ホテル入り口
違うホテルと隣接しているので間違わないように!

IMG_3894.JPG

ホテルの階段には遊牧民のテントの飾りが♪
キリム好きにはたまりません!

IMG_3892.JPG

朝食スペース入り口

IMG_3863.JPG

シンプルながらも伝統的なデザインでお洒落です。
そしてなにより清潔感たっぷり

IMG_3864.JPG

丁寧に用意された朝食は一つ一つが美味しくて、クォリティが高いです。
種類豊富なジャムや飲み物も嬉しいですね。

IMG_3861.JPG

私が選んだもの。
適当に盛り付けただけで彩が綺麗です。
そして淹れたてのコーヒーが何より美味しかった!
コーヒーを粉でごまかしていないところがすべてにおいて手抜きではない証だと思うのです。

IMG_3879.JPG

もちちろんテラス席もあります。
ローズバレーや妖精の煙突を見渡せる最高のロケーションです。

実は泊まっていないのでお部屋の写真がないのですが、気になる方は予約サイトをチェックしてみてください。

ご予約もこちらからお好きなサイトをお選びいただけます。
Vista Cave Hotel

是非参考にしてみたください!

とにかく人が親切、お洒落、清潔が揃ったホテルです。



2017年11月24日

カッパドキアに来たらローカルレストランで地元の味を味わうのも楽しみの一つですが、
お誕生日や記念日などちょっとかしこまった食事がしたいときにぴったりの雰囲気でお食事もとても美味しいレストランをご紹介します。
それはウチヒサルにある“La Casa Cave Hotel”に隣接しているレストラン “Sira Restaurant” です。

AA58B388-A338-4EDF-A15D-76C5AB26A8BB.jpgのサムネイル画像

店内はクラシカルな雰囲気で洞窟の造り。
カッパドキアらしさがとても感じられお洒落です★

354A7E07-4B7B-4A34-90F6-36589AF2B5DF.jpg

レストランからの景色も最高です!
ローズバレーが正面に見渡せます。

BA6E4DDB-03CF-42CA-89C3-1924908E2A56.jpg
2A3B2B79-0D6D-4106-BEA1-46E43F0FF235.jpgのサムネイル画像

こちらがお料理
前菜が3種類、メインが2種類です。
どれもこれも見た目も綺麗★
もちろんお味もトルコ料理には珍しい繊細な味付けで優しいお味。
でもベースはトルコ料理なので日本では決して味わえない高級トルコ料理です。

14B3ED87-37B5-4622-B861-D77271DDB621.jpg

メインの一つ
こちらはパイの蓋をあけると牛肉の塊りが登場
クルミのソースがかかっていてホロホロほぐれるお肉は柔らかく美味しかったです♪
こちらは結婚式の際に男性が食べるお料理だそう。

1645B43F-FA8F-492D-B128-692E000D666E.jpg

こちらは女性用のメイン
ハンバーグに近いお料理ですが中にきのこやチーズが入っていて、でも日本のハンバーグとも、トルコのキョフテとも違う感じでしたが、お味は最高でした。
すべてぺろりと食べてしましました(;^ω^)


7093B860-8B2D-4D94-963D-901F289B9FC6.jpg

こちらがモデルをお願いした二人。
美人の女性はホテルのマネージャーさん、男性はレストランの方。
みんなフレンドリーで素敵な人達でした。
サービスも最高です。

2E84A529-CAA4-4FE3-AB71-26AC98662E5B.jpg

そしてそしてこちらが、この素晴らしいお料理のシェフさん
カッパドキアでこんな素晴らしいお料理を作れる人がいるなんて今まで5年間知りませんでした(笑)
それくらい完璧なお料理でした。

間違いなく、私にとってカッパドキアで一番お気に入りのレストランになりました。
絶対にまた来たいと思います。

今回のお料理のお値段は前菜3種類とメイン2種類で合計6000円弱でした。
ただ二人では量が多かったのでもう少し少なめにオーダーしてもいいと思います。
ワインやお酒の種類もとても多いので、大切な日にゆっくりと気持ちよくお食事をいただくのにもってっこいのレストランです。
是非カッパドキアに来てワンランク上のトルコ料理を堪能したくなったらちょっとおめかしして行ってみてください。
きっといい思い出になると思います。


La casa cave hotel
所在地: Tekelli Mh. Göreme Cd. No: 87 Uçhisar, 50240
電話: (0384) 219 30 37


2017年11月 4日

カッパドキアに来たら必ず食べて欲しいのは壺ケバブ(テスティケバブ)なのですが、カッパドキアに数日滞在し違うものが食べたくなった時にお勧めなのがアダナケバブです。
そしてカッパドキアにも美味しいアダナケバブを食べることができるお店があります。
それがアヴァノスのKapadokya Urfa Sofrasi。
アヴァノスへはバスやタクシーを使分ければなりませんが行く価値はあります。(夜は必ずタクシー。ギョレメからは15分ほど)

アダナケバブとはひき肉を長細くまとめて串に刺して 焼いたものをパンに挟んで食べます。
ケバブもとってもお勧めですが私は特にメインの前に出てくる前菜的なお野菜料理がとっても好きです。(トルコのレストランはこれが必ずと言っていいほど付いてきます。そしてこれが美味しいお店はメインも美味しいです)
この野菜をお肉の間にパンと挟んで食べるのが好み♥
脂っこいトルコ料理ですが、ちょっぴりヘルシーに食べれる気がします。
日本人にはとてもボリューミーですがペロリと食べれてしまいます。
お肉の香ばしい香りとスパイシーなテイストが病みつきになります。
お肉は牛肉なので羊が苦手な人でも挑戦 できます。
アダナケバブ以外にもスープやピデなどトルコの定番料理ももちろんあります。
場所はアバノスもモスク近くです。
夜遅くまで営業しているもの嬉しいですね

IMG_0896.JPG

こちらがお店の外観
アヴァノスのモスクの近くです。
迷ったら近くの人にこの写真を見せればだ誰でも知っている有名店です。

IMG_0898.JPG

店内はトルコの伝統的なデザイン
トルコランプやヤストゥックなど日本にはない素敵なインテリアです。

IMG_0899.JPG

こちらが私の大好きなメインの前に出てくる前菜(メゼ)
これだけバクバク食べれてしまいますが、お肉と一緒にパンに巻いても食べたいので我慢

IMG_0895.JPG

昔お店で撮った写真も出てきました(;^ω^)

IMG_0904.JPG

じゃ~ん!
こちらがアダナケバブ
お店によってその出されるスタイルは違うようですが、こちらはこのようにパンに乗って出てきますので、
パンを別に頼む必要はありません。
これだけでお腹いっぱいです。

IMG_0902.JPG

さぁ美味しいトルコの前菜と一緒に召し上がれ♪
記事を書いていたらお腹が空いてきました。
今からでも食べたい気分です!

アダナケバブは前菜付き、飲み物を別オーダーしても20TLほど。
日本円で約600円!
換算して自分でもびっくりです。

Kapadokya Urfa Sofrasi Carsi Meydani Isbankasi Yani No 13, Avanos, Turkey  +90 384 511 7011  open 11:00 / close 23:00

2017年10月30日
2017年10月23日
2017年10月23日
2017年10月 8日
2017年9月28日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カッパドキア2特派員

    カッパドキア2特派員
    Akiko Cappadocia
    カッパドキアライフ5年目。世界一周旅行者向けの宿の経営を経て、現在は旅行代理店にて観光客の方たちそれぞれにあったカッパドキアでの過ごし方を提案させていただいております。またトルコの伝統的なラグ「キリム」を使って作られたキリムバッグ・雑貨のお店“KilimDesigns”も運営しております。カッパドキアの美しい景色はインスタグラムmycappadociatripにて毎日紹介しています。 DISQUS ID @disqus_8MkzrUUtYK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集