海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > トルコ/カッパドキア2特派員ブログ

トルコ/カッパドキア2特派員ブログ Akiko Cappadocia

トルコ・カッパドキア2特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

毎月第2日曜日
アヴァノスでアンテークパザールが開催されています。
月一度の確率ですが、もしたまたまカッパドキアに来ていた日が重なていたら行ってみてください!
小さな骨董市ですが、さらっと見るだけでもトルコの古いものたちがずらりとならんでいて面白いですよ♪

P1420114.jpg

1通だけのこじんまりパザール
ここはギョレメからですとアバノス行きのバスに乗ってDilek Marketというスーパーの前で降りるとすぐにたどり着けます。

P1420116.jpg

本当に古そうなものから古くなさそうなものまでいろいろありますが、もし可能ならトルコ語できる人と一緒にいくとそれが何なのか?
トルコでは昔どう使っていたものなのかなど質問できるので面白いかもしれません。

P1420119.jpg

トルコの古いもの
じゃんじゃん写真でお届けいまします!
アフガンのアクセサリーや絨毯もありました。

P1420122.jpg

いかがですか?
小さなパザールでもこんなにたくさんの古いものたち
もしあなたが骨董品などお好きでしたら是非行ってみてください!!!

下記の地図でいうとマークはDilek Marketに当たっていますが、ショッピングモールと書いてある場所が骨董市の場所です。

朝は10:00くらいから夕方は暗くなったら終わりです。


2017年9月12日

こんにちは☀
今日は突然ですが、お客様によくきかれるギョレメ発の長距離バスの時刻表をご紹介したいと思います。
しかしここはトルコ。
ころころ変わる可能性もありますので、あくまで現時点での時刻表であることをご了承いただき、参考にしていただければと思います。

こちらがギョレメの長距離バス会社などが並ぶいわゆる「オトガル」と呼ばれる場所。

P1410905.jpgのサムネイル画像

向かい反対側はネブシェヒル方面に行くローカルバスです。
バスでギョレメパノラマやウチヒサルキャッスル・ネブシェヒルに行きたい人はこのバスで行けます。
バスは早い時間に最終バスが終わってしまうので気を付けてくださいね。

P1410906.jpgのサムネイル画像

まずはこちらNevsehir社

P1410907.jpgのサムネイル画像

Nevsehir社の時刻表です。↓
見えますか~?

P1410908.jpgのサムネイル画像

Suha社

P1410909.jpgのサムネイル画像

Suha社の時刻表↓

P1410910.jpgのサムネイル画像

こちらはきっと日本人の間でも超有名Metro社

P1410911.jpgのサムネイル画像

Metro社の時刻表↓

P1410912.jpgのサムネイル画像

そして私のお勧めのKamilkoc社
(トルコなので100%のお約束はできませんが、今のところお勧め社です。)

P1410913.jpgのサムネイル画像

こちらはイスタンブール行きに朝の便があります。

P1410914.jpg

以上今ギョレメから出ている長距離バスの紹介をさせていただきましたが、やはり一番確実なのはギョレメに着いてから直接バス会社に尋ねるのが一番正確です。

もし質問がある場合はご連絡いただければできる限りお答えできるよう頑張りますのでお気軽にメッセージください♪
ご連絡はこちらまで
akiko.cappadocia@gmail.com


2017年9月 6日

ギョレメという村の名前は本当はトルコ 語で「ギョレミ」つまりは「見ることが できない」という意味で呼ばれています。
なぜそうゆう意味の名前がついているのかというと、アラブの攻撃から逃れるためにキリスト教の人々はこのギョレメに 逃げてきて岩岩を利用して家や教会を造 りひっそりと人目に触れないように暮らしていたことからそう呼ばれているそうです。
そして今もここにはどの村より多くの洞窟が残っていてその洞窟を利用したお洒落なホテルやレストランがたくさんあります。
カッパドキアでは観光の中心地になっているので個人旅行の人はギョレメのホテルに宿泊すると観光の際に移動が便利です。
見どころとしてはギョレメ野外博物館・ギョレメパノラマ・ローズバレー・ラブバレー・ウチヒサルキャッスルなどが徒歩圏内です。
ゆっくり滞在できる人は1日に1-2か所ずつ徒歩で観光するのもお勧めですが、滞在日数に余裕のない場合や天候に恵まれなかったときはレッドツアーに 参加することをお勧めします。

IMG_2907.JPG

ギョレメのバスステーション
長距離バスで各地からやってくるとここに到着します。

IMG_8267.JPG

ギョレメは毎週水曜日が青空市の日。
果物や野菜・生活用品などがとってもやすく買えます。
バス停からアバノス方面に向かう道の左手に並びます。

IMG_1826.JPG

お洒落なカーペット屋さんもたくさん見かけます。 気になったら覗いてみましょう!

IMG_0654.JPG

トルコの人気のお土産の一つ、オヤがたくさん売っているオヤ通りもあります!

前回紹介したユルギュップともまた違ったカッパドキアの良さがギョレメにはあります。
ギョレメの街歩きも是非楽しんでいただけたらと思います♪
ホテル選びに迷ったら是非ギョレメに滞在することをお勧めいたします!



2017年8月23日
2017年8月22日
2017年8月12日
2017年8月 1日
2017年7月28日
⇒すべての記事を見る

トルコ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中東にもどる

  • 特派員プロフィール
  • カッパドキア2特派員

    カッパドキア2特派員
    Akiko Cappadocia
    カッパドキアライフ5年目。世界一周旅行者向けの宿の経営を経て、現在は旅行代理店にて観光客の方たちそれぞれにあったカッパドキアでの過ごし方を提案させていただいております。またトルコの伝統的なラグ「キリム」を使って作られたキリムバッグ・雑貨のお店“KilimDesigns”も運営しております。カッパドキアの美しい景色はインスタグラムmycappadociatripにて毎日紹介しています。 DISQUS ID @disqus_8MkzrUUtYK

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集