海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > カッパドキア2特派員ブログ > カッパドキアのキャラバンサライ "Sar...

トルコ/カッパドキア2特派員ブログ Akiko Cappadocia

トルコ・カッパドキア2特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年1月15日

カッパドキアのキャラバンサライ "Saruhan" でセマーを鑑賞


メール プリント もっと見る

カッパドキアのキャラバンサライ "Saruhan" でセマーを鑑賞

10世紀から使われてきたキャラバンの宮殿「キャラバンサライ」(隊商宿)。
かつては長旅の商人たちの疲れを癒す宿泊施設としてや取引の場所として使われていました。
その施設は至れり尽くせりで寝室・倉庫・ハマムなどがあり、獣医(ラクダのための)・料理人・祈りの指導者なども常駐しており正に隊商商人たちのオアシスだったのです。
シルクロードにはこのような施設がたくさんあり国内外の貿易の反映に繋がっていった大切な場所でした。
きっとここでいろいろな文化も交わっていったのでしょう。

カッパドキアにもカイセリに向かう道の途中に "Saruhan" という名のついたとても美しいキャラバンサライが残っています。
Saruhanとは「黄色いキャラバンサライ」という意味だそうで、黄色とベージュピンクをしたカッパドキア特有の火山岩で建てられており、その壁は装飾としてコントラストが美しいだけでなく大変分厚く盗賊などの侵入を防ぐことができるとても立派なものだったのです。
そんなカッパドキアのキャラバンサライ"Saruhan"は1249-1254年頃に建てられSeljuk sultansによって建てられた最後のキャラバンサライとされています。
今では一部崩壊していますが、現在はここでセマーの舞を鑑賞することができます。
以前メブラーナ教団セマーの舞 について書きましたが、それをここ "Saruhan" で鑑賞することができるなんてなんて素晴らしいこと!
と私は思うので皆様にも知っていただきたいと思います。

大きな何もない通りに突如現れる重厚な建物 キャラバンサライ "Saruhan"
そのたたずまいだけで身震いする貫禄です。
カッパドキアの中心地ギョレメからは車で30分ほど。

image_6483441 (14).JPG

キャラバンサライでのセマーの舞は今は夜のみの公演です。
冬季は18:00~
夏季はまた時間が変わるかもしれません。

夜のライトアップでより黄色く浮かび上がる入口。
幻想的です。

image_6483441 (13).JPG

image_6483441 (12).JPG

中に入った瞬間思わず 「わ~!」 と感動の声が出てしましました。

この中庭にはかつておそらくパビリオンのモスクがあり、そしてこの両サイドには寝室や倉庫、ハマムなどがあったのではないでしょうか?

image_6483441 (8).JPG

今では待合室?
昔はラクダ小屋? それともこの通り食堂?
いろいろ想像が働きます。

image_6483441 (7).JPG

そしてここがセマーの舞の舞台

image_6483441 (10).JPG

それにしてもすごく重厚
なんと表現したらいいのか分からないけれど迫力があります。
心の中は興奮状態

image_6483441 (9).JPG

ここがセマーの舞が行われる舞台
優しい音楽と共に始まります。

がもちろん写真撮影は禁止です。

以前に紹介したDervis Evi は気軽に鑑賞できる場所としてはお勧めですが、もしもっと重厚で神秘的な雰囲気の中もっと本格的な舞を鑑賞したかったら断然こちらがお勧めです。

この雰囲気は他では味わえませんし、そこで見たセマーの舞はきっと深く心に残るものになると思います。

遠い遠い700年もの昔、オスマン帝国時代の隊商宿でのセマーの舞はとても感慨深いものがあります。
ただこの場所を訪れるだけでも感動します。

もし夜の予定に迷っているのなら1時間のプログラムですが、訪れてみる価値、体験する価値が十分にありますのでお勧めしたいと思います。

今はこうやって残ってる隊商宿は多くありません。
この貴重な建物の修復・継続のためにも是非訪れて欲しいです。


カッパドキアのキャラバンサライ"Saruhan"でセマー鑑賞をご希望の方はぜひお気軽にお問い合わせください。

☘ Voyager Agency / Akiko Travel (日本語専用)
URL: https://www.akikotravel.com/
電話: +905364436262 (予約担当)
Email: akiko.cappadocia@gmail.com
Instagram : @mycappadociatrip

にほんブログ村 海外生活ブログ トルコ情報へ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術 旅行・ツアー・ホテル
2018年1月15日
« 前の記事「カッパドキアの観光ツアー 「グリーンツアー」って?」へ
»次の記事「カッパドキアのお勧め土産ベスト5*雑貨編」 へ
おすすめ記事
    カッパドキア2特派員 新着記事
    カッパドキアのお勧め土産ベスト5*雑貨編
    カッパドキアのキャラバンサライ "Saruhan" でセマーを鑑賞
    カッパドキアの観光ツアー 「グリーンツアー」って?
    カイセリでウイグル料理
    カッパドキアプライベート半日ツアー
    一生に一度のホテルならここ!Mithra Cave Hotel
    カッパドキアお勧めホテル Cappadocia Stone Palace
    絶景と質の高い朝食が楽しめるホテル

    トルコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■トルコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • カッパドキア2特派員

      カッパドキア2特派員
      Akiko Cappadocia
      カッパドキアライフ6年目。世界一周旅行者向けの宿の経営を経て、現在は旅行代理店にて観光客の方たちそれぞれにあったカッパドキアでの過ごし方を提案させていただいております。カッパドキアへのご旅行をお考えの方はこちらをご覧ください。またトルコの伝統的な手織物「キリム」を使って作られた雑貨やヴィンテージラグのお店“KilimDesigns”も運営しております。 DISQUS ID @disqus_8MkzrUUtYK

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集