海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > カーディフ特派員ブログ > 1月25日はウェールズ版バレンタインデー「St D...

イギリス/カーディフ特派員ブログ Mari

イギリス・カーディフ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年1月17日

1月25日はウェールズ版バレンタインデー「St Dwynwen's Day」(セント ドゥインウェンズデー)


メール プリント もっと見る

1月25日はウェールズ版バレンタインデー「St Dwynwen's Day」(セント ドゥイン...

214日はバレンタインデーですね。

日本では女性が男性にチョコレートを渡すのが一般的ですが、ウェールズではカップルがお互いに贈り物をしたり、食事をしたりと、ロマティックに過ごす日のようです。

 

でもウェールズにはバレンタインデーと同じような、カップルにとって特別な日がもう1つあります。

毎年1月25日の「St Dwynwen's Dayです。

 

「ウェールズの人と結婚すると良いことの理由」という記事を読んだことがありますが、いくつかあった理由の1つに、バレンタインデーの他にもう1つロマンティックな日がある・・・というようなことが書いてあった記憶があります。

 

さて、この「St Dwynwen」って誰?どんな話?と疑問に思ったので調べてみましたので、簡単に紹介したいと思います。

 

St Dwynwen」は、愛の守護聖人(女性)です。

 

Dwynwenは今から1500年以上前の5世紀に暮らしていた、とても美しく、生き生きとした女性だったと言われています。そしてMaelonという王子と恋に落ち、一緒に生きていこうと誓い合いました。

しかしDwynwenのお父さんである王には24人の娘がいて、すでに結婚相手を決めており、Maelonと結婚することは許さなかったのです。

悲しみに暮れたDwynwenは森の中に逃げ込み、神様にMaelonを忘れられるようお願いしました。

眠りに落ちたあとDwynwenのもとに薬を持った天使がやってきました。その薬はMaelonとの記憶を消すことができると同時に、Maelonを氷に変えてしまうというものでした。

天使はDwynwenに3つの願いを聞き入れると言いました。

Dwynwenの1つ目の願いは「Maelonが氷から解けること」。2つ目の願いは「真実の愛は必ず守られること」。3つ目の願いは「自分が2度と恋をせず、結婚もしない」ということでした。

願いは叶えられ、感謝のしるしとして、Dwynwenは残りの人生を神様への奉仕に捧げました。

そして彼女はウェールズの北西にあるアングルシー島(Anglesey)の、さらに西にある離島Llanddwyn Islandに教会を作りました・・・というお話でした。

 

今でもその形跡は、彼女の井戸とともに見ることができるそうです。

そしてその井戸には神聖な魚が存在していて、カップルの交際が順調に進むかを予言すると信じられているそうです。カップルが訪れたとき、魚の動きが活発ならば、それは誠実な夫になるというサインだそうです。

 

どんな場所か検索してみました。

 

 

2016.1.16.DSC_0549.  

 

海がきれいで美しい景色のところのようです。

 

 

生涯でたった1人の人としか恋に落ちないという、悲しいけれど素晴らしい愛の物語と、ウェールズの雄大な自然が重なって「美しい」の一言でしか表現できませんが、カップルで訪れたらロマンティックな良いところですね。夏がオススメの季節だと思います。

 

 

この「St Dwynwen's Day」はバレンタイデーと同様に、お互いに贈り物をしたり、一緒に食事をして過ごすようです。

立て続けに2回も贈り物をし合うのは大変だなーなんて私は思ってしまいましたが、ウェールズの伝統的な、愛情を表現する贈り物に「ラブスプーン(Lovespoon)」というものがあります。

 

 

 2016.1.16.DSC_0548.

 

これが「ラブスプーン」です。

 

「ラブスプーン」については、また次回お話させていただきます。

 

 

 

 

 

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2016年1月17日
« 前の記事「朝食におすすめのカフェ 「Garlands」(ガーランズ)」へ
»次の記事「お土産にもオススメ!伝統的な贈り物「Lovespoon」(ラブスプーン)」 へ
おすすめ記事
    カーディフ特派員 新着記事
    美味しいカレー屋さんを発見!【Mint and Mustard(ミントアンドマスタード)】
    チケットは取れなかったけど・・・楽しかった!【サッカー】UEFAチャンピオンズリーグファイナル
    見るだけでも楽しい!クリスマス用品を買うならココ!【John Lewis】
    遅ればせながら・・・【テニス】ATPワールドツアーファイナル 私の観戦計画
    カーディフはクリスマスムードでいっぱいです♪
    デリカテッセン「Wally's(ウォーリーズ)」で探すウェールズのお土産
    街中が物語の世界に包まれた「ロアルド・ダール生誕100年イベント」
    食事が美味しいウィーン風コーヒーハウス「Wally's(ウォーリーズ)」

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • カーディフ特派員

      カーディフ特派員
      Mari
      短大卒業後、ある企業の経理課で12年半、税理士事務所で3年勤務した後、夫の転勤に同行するため退職。2010年夏より香港で生活。さらに転勤になり2014年春からウェールズの首都カーディフで生活を始め現在に至る。手探り状態での生活ながらも、現地情報サイトを参考に美味しいお店や楽しい場所を探すのが今の楽しみ。 DISQUS ID @disqus_vTq6MMilce

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集