海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > カーディフ特派員ブログ > ブドウ畑の中にあるレストラン「Llanerch V...

イギリス/カーディフ特派員ブログ Mari

イギリス・カーディフ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年8月17日

ブドウ畑の中にあるレストラン「Llanerch Vineyard」


メール プリント もっと見る

ブドウ畑の中にあるレストラン「Llanerch Vineyard」

みなさん、こんにちは。
最近のカーディフは、もう夏が終わったかと思ったら、また25℃近くなったりと、太陽がときどき頑張っているようなお天気です。でも確実に終わりは近づいているので、夏を楽しもうと思います。

さて、今日は、
ブドウ畑の中にある素敵なレストランを紹介します。
緑に囲まれた開放的な雰囲気が好きで、私のお気に入りのお店です。
カーディフから、車で30分くらいのところにあります。


IMG_1576.JPG

レストランの外観。【Llanerch Vineyard】というお店です。 


お店の名前の【Llanerch Vineyard】ですが、「Llanerch」はウェールズ語で、たぶん「サネース」と発音します。(ゴメンナサイ。定かではありません)「 Vineyard(ヴィンヤード)」は英語で、ブドウ園のことです。

こちらでは、ブドウの栽培をしており、そのブドウを使ってワインが作られています。
醸造施設は見当たらないので、おそらく別の場所にあると思われますが、ヴィンヤードツアーも行われています。



IMG_1564.JPG

IMG_1573.JPG

IMG_1569.JPG

こちらのレストランは、ブドウ畑を見ながら、食事を楽しむことができます。
暖かな晴れた日の、外のテーブル席が、最高だと思います。


IMG_1641.JPG

ブドウ畑のすぐ隣で、ワインを飲んでいる人たちがいました。



今回は、ディナーで行ったので、店内の席です。


IMG_1583.JPG

落ち着いた静かな雰囲気ですが、かといって、堅苦しくなく、居心地の良いお店です。
今回、私たちが食べたものを紹介します。



まずは前菜から。


IMG_1580.JPG

【前菜ひとつ目:ヤギのチーズ(カレー風味のスパイスとナッツでコーティングされており、ビートルート(赤色の野菜)のソースが添えられています)】  


IMG_1581.JPG

【前菜ふたつ目:サバの燻製のパテ(トーストとサラダが添えられています)】


次にメイン。


IMG_1588.JPG

【メインひとつ目:牛肉の煮込み(マッシュポテトが下に添えてあります)】


IMG_1587.JPG

【メインふたつ目:タンドリーチキン(ライスとカレーが添えてあります。イギリス風カレーといったところでしょうか)】


基本的にイギリス料理なのですが、ちょっと手が込んでいて、イギリス料理には珍しく、見た目が繊細な感じです。
味も美味しかったです。


いつも車で行くので、せっかくのワインを飲めないのが残念です。(運転は夫ですが、私一人で飲むのは申し訳ないので)
ホテルが併設されているので、本当はここに泊まって、食事して...というのが理想的です。


ランチでも、ディナーでも、アフタヌーンティーでも、どの時間に行っても良いお店です。

地元の人に人気のあるレストランなので、念のため、予約をした方がいいかもしれません。(インターネットから予約可能です)



ショップでは、ここのブドウから作られたワインが売られています。
料理教室も開催されているようです。
料理のメニューやホテルなど、詳しい情報については、下記のHPをご覧ください。




最後に、「ワイナリー」と「ヴィンヤード」の違いについて、疑問に思ったので調べてみました。

『「ワイナリー」とは、ワインを生産する建物または不動産、もしくはワイン会社などワイン製造に関わる事業をいう。「ヴィンヤード」とは、葡萄園、または葡萄畑で、ブドウを生産する農場。世界的にはワインの原料となるブドウの生産農場が葡萄園とみなされている。(Wikipediaより)』とのこと。

日本だと「ワイナリー」という言葉しか使わないような気がしますが、このような違いがあるようです。
スッキリしました!!




Llanerch Vineyard
住所:Hensol,Vale of Glamorgan CF72 8GG
電話:01443 222716
HPhttp://www.llanerch-vineyard.co.uk/




6
月テーマ3【グルメ②】





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お題 レストラン・料理・食材
2016年8月17日
« 前の記事「入場料は無料!「ナショナル ミュージアム カーディフ(National Museum Cardiff)」」へ
»次の記事「アウトレットでお買い物「Bridgend Designer Outlet(ブリッジエンド デザ...」 へ
おすすめ記事
    カーディフ特派員 新着記事
    美味しいカレー屋さんを発見!【Mint and Mustard(ミントアンドマスタード)】
    チケットは取れなかったけど・・・楽しかった!【サッカー】UEFAチャンピオンズリーグファイナル
    見るだけでも楽しい!クリスマス用品を買うならココ!【John Lewis】
    遅ればせながら・・・【テニス】ATPワールドツアーファイナル 私の観戦計画
    カーディフはクリスマスムードでいっぱいです♪
    デリカテッセン「Wally's(ウォーリーズ)」で探すウェールズのお土産
    街中が物語の世界に包まれた「ロアルド・ダール生誕100年イベント」
    食事が美味しいウィーン風コーヒーハウス「Wally's(ウォーリーズ)」

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • カーディフ特派員

      カーディフ特派員
      Mari
      短大卒業後、ある企業の経理課で12年半、税理士事務所で3年勤務した後、夫の転勤に同行するため退職。2010年夏より香港で生活。さらに転勤になり2014年春からウェールズの首都カーディフで生活を始め現在に至る。手探り状態での生活ながらも、現地情報サイトを参考に美味しいお店や楽しい場所を探すのが今の楽しみ。 DISQUS ID @disqus_vTq6MMilce

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集