海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > カーディフ特派員ブログ > 街中が物語の世界に包まれた「ロアルド・ダール生誕1...

イギリス/カーディフ特派員ブログ Mari

イギリス・カーディフ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年9月24日

街中が物語の世界に包まれた「ロアルド・ダール生誕100年イベント」


メール プリント もっと見る

街中が物語の世界に包まれた「ロアルド・ダール生誕100年イベント」

9/17(土)~18(日)はロアルド・ダール(Roald Dahl)の生誕100年のイベントが開催されました。

ロアルド・ダールが誰かというと、カーディフ出身の有名な児童文学の作家で、ジョニー・デップ出演の映画「チャーリーとチョコレート工場」の原作者でもあります。あの宮崎駿もダールのファンだったという記述を見たことがあります。

以前の記事でも書いていますので、ぜひコチラも読んでみて下さい。
→ https://tokuhain.arukikata.co.jp/cardiff/2016/05/roald_dahlthe_norwegian_church.html

どこで何が起こるか分からない
・・・というサプライズイベントでした。

とりあえず分かっていたことは、物語にちなんだ何かが開催されるということと、シティセンターのどこかのストリート、公園、どこかの施設で行われるということだけで、時間も分からないというものでした。

そんな感じなので、特に土曜日の街中は、ものすごい数の人で溢れていました。街の中心の広いエリア全体に、こんなに人が集まっているのを見たのは初めてだったかもしれません。


事前にいただいたパンフレットがこちら。



IMG_2725.JPG

絵の中に、オレンジ色の大きな桃とキツネが描かれていますが、これも作品のストーリーにちなんだものだそうです。左上の方に飛行機も描かれていますが、これはロアルド・ダールがイギリス空軍のパイロットだったことからだそうです。

用事があって街中を通ったので、探してみました。

見つけられたのはカーディフ城前に設置された「大きな桃」と、普通に歩いていた「顔だけキツネになった人」のみ。キツネに関しては、写真を撮る間もなく、すれ違ってしまいました。
でも時々、音楽は聞こえてくるのでどこかでショーが始まっているのは分かりました。


IMG_2714.JPG


後日、テレビでこのイベントの放送がありました。
どうやら、街中のストリートや施設を利用した、大規模なミュージカルといった感じのショーが行われていたようです。


IMG_0632.PNG

(BBC iPlayerより)
普段は駐車場になっている建物を利用して、音楽に合わせてパラソルを広げて踊ったり、


IMG_0634.PNG

(BBC iPlayerより)
美術館のエントランスのフロアを利用して、ダンスのショーが行われたり、



IMG_2723.PNG

Wales Onlineより)
カーディフ城を利用して、キツネが空中で綱渡りをしたり、


IMG_0635.PNG

(BBC iPlayerより)
夜はシティホールを利用してショーが行われ、



IMG_2724.PNG

Wales Onlineより)
光のショーも行われたり、最後は花火で締めくくられました。
歌と踊りに包まれた一日だったようです。




残念ながら、私はロアルド・ダールの作品を読んだことがないので、あちこちで行われていたショーの意味が分からなかったのですが、子供のころから親しんできたウェールズの人々にしてみたら、それはそれは楽しいイベントだったことだと思います。(街全体を使って「ドラえもん」の世界を繰り広げたような感じでしょうか?)


日本語にも翻訳されて出版されているようなので、これを機会にロアルド・ダールの作品を読んでみようと思います。

現地のご婦人に聞いた代表的な作品はこちら。(カッコの中は日本語の題名です)

James and the Giant Peach (おばけ桃が行く)
Fantastic Mr.Fox (父さんギツネバンザイ)
Charlie and the Chocolate Factory (チョコレート工場の秘密)
Charlie and the Great Glass Elevator (ガラスの大エレベーター)
The Twits (アッホ夫婦)
The Enormous Crocodile (どでかいワニの話)
The Magic Finger (魔法のゆび)


他にもたくさんの作品があります。

「子供向けの本だから英語の勉強になるわよ」と勧められたので、私もがんばって、一冊は英語で読んでみようと思います。

みなさんも、ぜひ読んでみて下さいね。





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 文化・芸術・美術
2016年9月24日
« 前の記事「食事が美味しいウィーン風コーヒーハウス「Wally's(ウォーリーズ)」」へ
»次の記事「デリカテッセン「Wally's(ウォーリーズ)」で探すウェールズのお土産」 へ
おすすめ記事
    カーディフ特派員 新着記事
    美味しいカレー屋さんを発見!【Mint and Mustard(ミントアンドマスタード)】
    チケットは取れなかったけど・・・楽しかった!【サッカー】UEFAチャンピオンズリーグファイナル
    見るだけでも楽しい!クリスマス用品を買うならココ!【John Lewis】
    遅ればせながら・・・【テニス】ATPワールドツアーファイナル 私の観戦計画
    カーディフはクリスマスムードでいっぱいです♪
    デリカテッセン「Wally's(ウォーリーズ)」で探すウェールズのお土産
    街中が物語の世界に包まれた「ロアルド・ダール生誕100年イベント」
    食事が美味しいウィーン風コーヒーハウス「Wally's(ウォーリーズ)」

    イギリス ツアー最安値


    2017/11/24更新

    イギリス 航空券情報


    イギリス旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■イギリスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • カーディフ特派員

      カーディフ特派員
      Mari
      短大卒業後、ある企業の経理課で12年半、税理士事務所で3年勤務した後、夫の転勤に同行するため退職。2010年夏より香港で生活。さらに転勤になり2014年春からウェールズの首都カーディフで生活を始め現在に至る。手探り状態での生活ながらも、現地情報サイトを参考に美味しいお店や楽しい場所を探すのが今の楽しみ。 DISQUS ID @disqus_vTq6MMilce

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集