海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > カサブランカ特派員ブログ > 断食明けの食事について

モロッコ/カサブランカ特派員ブログ カサ

モロッコ・カサブランカ特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年6月22日

断食明けの食事について


メール プリント もっと見る

断食明けの食事について

ラマダーン5日目。

今日は断食明けの朝食について書きたいと思います。

日本語では断食と言われているので、イスラム教徒は1か月何も飲み食いしないものかと、そんなことができるのかと、高校の社会科の授業で習った時には真剣に思っていました。
まさかそんなことはなく、断食をするのは日が昇ってから沈むまでの間で、日が沈むと食事をとります。

フレッシュジュースやデーツ(なつめやしの実)、シュバキアと呼ばれる甘いお菓子、クレープ、はちみつ、ハリーラ(スープ)などをとります。

初めて断食をしている人(夫)を見た時、この食事のことを breakfast と言われました。はじめはこの人は何を言っているんだと浅はかな私は小ばかにしてしまいました。どう考えたって夕飯の時間じゃないか!と。
日本語に訳すとただ朝ごはんということになりますが、 break the fast (断食を破る)になります。なるほど、breakfast とは朝のごはんではなくて、断食明けの食事のことを言うんだと妙に納得しました。

断食のことを
アラビア語ではサウム
フランス語では jeûne
英語では fast / fasting
と言います。
アラビア語はまだ勉強していないのでよく分からないのですが、
フランス語で朝食は dé- + jeûner ⇒ petit déjeuner
英語では break + fast ⇒ breakfast
外国語も語源や成り立ちから知ると、よく覚えられます。

もちろん、非イスラム教徒は断食しなくても良いのですが、この時期イスラム圏を旅行されるなら1日体験してみてはどうでしょう?断食明けの食事のありがたさが身に沁みます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2015年6月22日
« 前の記事「交通事故」へ
»次の記事「モロッコのテレビコマーシャル」 へ
おすすめ記事
    カサブランカ特派員 新着記事
    世界一周旅行でモロッコ
    モロッコの観光地あるある
    ミッション・インポッシブル ローグ・ネイション
    素敵な誕生日プレゼント
    モロッコ流ぼくの夏休み
    モロッコでフランス語を習う
    カサブランカの治安について
    モロッコの朝ごはん『フトール』

    モロッコ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■モロッコの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集