海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > フィリピン/セブ特派員ブログ

フィリピン/セブ特派員ブログ いりん

フィリピン・セブ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

monet1.jpg


朝日を受けて美しく開いた睡蓮の花。
フランスの画家クロード・モネの描いた「睡蓮の池」のようです。


こちらのリンクからポーラ美術館収蔵の作品をご覧ください)。


セブシティーの慌ただしい通りから少し入った所に
こんな素敵なスポットを発見しました。


以前からセブシティーの中にガーデンホテルがあるとの評判を聞いて
気になっていたのがモンテベロ ヴィラ ホテル(Montebello Villa Hotel)。


monet2.jpg


敷地内にあるカフェ、” Bougainvillea”(ブーゲンビリア)の向こう側には青々としたガーデンが。
セブのダウンタウンでは今でも使われている
カレサ (昔ながらの馬車)がディスプレイされています。


monet3.jpg


本当にセブの街中!?と思うほど広々としたガーデンです。
これは日の傾きかけた夕方の様子。
夜になるとライトアップされて雰囲気アップです。


monet4.jpg


本当にフォトジェニックなスポットがたくさんあります。
白い橋も歩いて渡ることができるんですよ。


monet5.jpg


こちらが橋からの景色です。
向こう側に見えるのがアルフレスコ(屋外)レストランの”La Terraza”(ラ・テラッツァ)。
これだけの敷地を本当によくお手入れしています。


monet6.jpg


レストランの側にはリゾート感たっぷりのプール。
シーサイドのプールもいいですが、緑に囲まれた
ガーデンプールもなかなか良いなぁと思いました。


シティーの生活は本当に慌ただしいですが、
自然がたっぷりの空間でしばしのリゾート気分が味わえます。


monet7.jpg


ガゼボの中で優雅なティータイム。
癒しのひと時です。


こちらのホテル、ガイサノ・カントリーモールから
歩いてわずか3分ほどの距離にあるんです!
もっと前から知っていればよかった~と思うほど
お気に入りのスポットになりました。


今回は宿泊で利用したのですが
デイユース(ビジターとしての利用)もあるとスタッフさんに教えていただきました。
プールの利用時間は8AM - 5PM。
以下が利用料金です。


・月曜日~金曜日
1人P450 (内P300は食事に利用可能)


・土曜日
1人P500 (内P300は食事に利用可能)


・日曜日
1人P750 (11AM-2PMのブランチ・ビュッフェ込)


かなりお得な値段設定で驚いてしまいました。
ランチもかねて気軽にプールを利用できそうです。


セブやマクタン島のホテルではプールとランチがセットになった
デイユースのプランをオファーしている所がたくさんあり、
利用料金に”consumable for food”と書かれていることがあります。


Consumableとはconsume(消費する)+able(可能)で
支払った金額の内、レストランや飲み物等に
「利用できる」ということなんです。


レストランのフードもとてもおいしかったです。
そしてスタッフさんも笑顔ですれ違うたびにあいさつしてくれるのも
すごくさわやかでした。


早速、次の宿泊も予約を入れてきたので、
次回はホテルのお部屋やフードの紹介もしたいと思います。


monet8.jpg


午前10時ころには睡蓮が閉じかけていました。
睡蓮の美しいショットを写すには朝8時ころに行くのがお勧めです!


モンテベロ ヴィラ ホテル(Montebello Villa Hotel)
住所:Gov. M. Cuenco Ave, Apas, Cebu City, 6000 Cebu
電話:+63 (32) 231 3681
URL:http://www.montebellovillahotel.com/


2017年10月 4日

mel1.jpg


アツアツの焼きそばの上には、ふわふわ卵。
セブでこんな本格的な焼きそばが食べられるんですよ!


今日ご紹介するのは、お手頃価格で本格的な焼きそばや日本食が食べられる
「東京ストリート123」(Tokyo Street 123)です。


ceb1.jpg


地元のセブアノっ子にも大人気のこのお店、
お仕事を終えた若者たちが列を作っていました。


mel3.jpg


焼きそばの種類は4種類。
・豚焼きそば 卵なし 105ペソ(約253円)
・豚焼きそば 卵のせ 125ペソ(約275円)
・鶏焼きそば 125ペソ(約275円)
・牛焼きそば 150ペソ(約330円)


ほとんどのお客さんが「豚焼きそば 卵のせ」を注文していました。


ceb2.jpg

ふわふわ卵の作り方も本格的。
左側の女性が、中華シェフさながらウォックパンを使っています。
何度も火が上がってすごい…。


お味は…
太麺のもちもちした麺にフワフワの卵。
絶妙なコンビネーションでした!


マヨは日本のものではないかもしれませんが、
このお値段、このクオリティー、
大満足でした!


キャベツの千切りサラダも付いていましたよ。
さっぱりドレッシングで焼きそばとの相性も〇。


mel5.jpg


和食のお弁当もたくさんの種類がありました。
チキン唐揚げ弁当や丼物も食べてみましたが、
納得のクオリティーでした。


お弁当のお値段も120ペソ前後(約264円)でした。


東京ストリート123は、週末だけITパークに出現する
セブの屋台村にあります。


スグボ・メルカド(Sugbo Mercado)と呼ばれる屋台村に行くと
何十ものお店が立ち並んでいます。


雰囲気は台湾の夜市のようで、なんだか懐かしい雰囲気。
他にもメキシカン、フィリピーノ、アメリカンとバラエティーに富むメニューで
お気に入りが見つかりそうです。


中央にテーブル席があるので、好きな飲み物や食べ物を購入して
そちらでいただくスタイルです。


セブの屋台村、ぜひ足を運んでみてくださいね!


東京ストリート123
スグボ・メルカド(Sugbo Mercado)内
営業日:毎週木曜日~日曜日
営業時間:PM17:00~AM1:00
https://m.facebook.com/SugboMercado
(スグボ・メルカドのfacebookページ)
夜の時間帯で人も多いので、持ち物にはよく注意してください!


2017年9月27日

otap1.jpg


地元のスーパーに行くと、日本人の観光客や留学生が
大量にお土産を購入しているのをよくおみかけします。


お勧めのお土産は?と尋ねられることがあり、
有名なセブのドライマンゴーに加えて、
セブの銘菓が、このOtap(オタップ)です。


オタップは源氏パイやホームパイによく似たパイ生地です。
日本のものと比べ、もっとサクサク感があり
コーヒーや紅茶に合います。


セブに旅行に来たフィリピン人たちもお土産に大量買いするお菓子です。


ブランドもたくさんあり、
アヤラやSMモールのスーパーに行くと10数種類のオタップが並んでいます。


お土産用にたくさん試食した結果、
今いちおしはShamrock(シャムロック)というブランドです。


シャムロックのオタップはマニラやダバオ、イロイロなどのお土産コーナーでも見かけるので、
オタップの中でも一番、認知度の高いブランドだと思います。


セブのモールはどこでも売っていますが、
今日は一番安く購入できる場所のご紹介です。


otap5.jpg


シャムロックの直売店がセブシティーに数店舗あり、
こちらはカピトル*(Capitol:庁舎)のあるエリアの支店です。
*セブではスペイン語の影響か、キャピトルではなく
カピトルと発音しますよ!


otap2.jpg


こじんまりしていますが、
お土産類がいろいろ売られています。


シャムロックはオタップ以外にも焼き菓子をいろいろ販売しています。
いろいろな種類の焼き菓子のパッケージが似ているので
ちゃんと”Otap”と書かれたものを選んでくださいね。


otap3.jpg


1つ46ペソ(約100円)です。
私の観察では直営店(46ペソ)<SM/アヤラ(約60ペソ)<ロビンソン(約70ペソ)
このように値段が変わってきます。


マクタン空港の待合室では2倍近くの価格で販売されていました。


オタップ自体は、実は別に好きなブランドがあるのですが、
シャムロックのオタップが「おみやげに」お勧めな理由は、
2枚ずつ個別包装されていることです。


別のブランドはすべて、1枚ずつ
薄いワックスペーパーのような紙で包装されています。
なので開封してしまうと鮮度が落ちてしまいます。


シャムロックのオタップなら、
日持ちもし、バラマキ土産にも使えます!


ティータイムにぜひオタップ、食べてみてくださいね。


Shamrock Capitol Site(シャムロック・カピトル・サイト)
住所:269 Don Gil Garcia St, Cebu City, Cebu
営業時間:9:00~18:00
ウェブサイト:http://shamrockotap.com/


こちらは前回ご紹介した、コワーキングスペースiioffice(いいオフィス)の
すぐお隣にあるCapitol Branch (カピトル支店)です。


ロビンソン・デパートのあるオスメニャ・サークルにも直営店があります。
そちらのFuente Store(フエンテ店)はもっと広く
中で軽食もいただけます。場所はサークル(中央の広場)を挟んで
ロビンソンの対角線上にあります!


2017年9月13日
2017年9月 6日
2017年8月29日
2017年7月23日
2017年6月19日
⇒すべての記事を見る

フィリピン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • セブ特派員

    セブ特派員
    いりん
    フィリピンに残される美しい自然、そしてセブアノ(セブ人)のおおらかさや優しさに惹かれています。こちらで生活し数年たちますが、まだまだ新しい発見がたくさんの日々です。このブログを通して皆さんにシェアしていきたいと思います。英語教育に長年携わってきた経験から、「ちょっと役立つ英語表現」もテーマに合わせて紹介します。 DISQUS ID @disqus_LQMNmsBtHm

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集