海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > セブ特派員ブログ > セブのお土産に、オタップ

フィリピン/セブ特派員ブログ いりん

フィリピン・セブ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月13日

セブのお土産に、オタップ


メール プリント もっと見る

セブのお土産に、オタップ

otap1.jpg


地元のスーパーに行くと、日本人の観光客や留学生が
大量にお土産を購入しているのをよくおみかけします。


お勧めのお土産は?と尋ねられることがあり、
有名なセブのドライマンゴーに加えて、
セブの銘菓が、このOtap(オタップ)です。


オタップは源氏パイやホームパイによく似たパイ生地です。
日本のものと比べ、もっとサクサク感があり
コーヒーや紅茶に合います。


セブに旅行に来たフィリピン人たちもお土産に大量買いするお菓子です。


ブランドもたくさんあり、
アヤラやSMモールのスーパーに行くと10数種類のオタップが並んでいます。


お土産用にたくさん試食した結果、
今いちおしはShamrock(シャムロック)というブランドです。


シャムロックのオタップはマニラやダバオ、イロイロなどのお土産コーナーでも見かけるので、
オタップの中でも一番、認知度の高いブランドだと思います。


セブのモールはどこでも売っていますが、
今日は一番安く購入できる場所のご紹介です。


otap5.jpg


シャムロックの直売店がセブシティーに数店舗あり、
こちらはカピトル*(Capitol:庁舎)のあるエリアの支店です。
*セブではスペイン語の影響か、キャピトルではなく
カピトルと発音しますよ!


otap2.jpg


こじんまりしていますが、
お土産類がいろいろ売られています。


シャムロックはオタップ以外にも焼き菓子をいろいろ販売しています。
いろいろな種類の焼き菓子のパッケージが似ているので
ちゃんと"Otap"と書かれたものを選んでくださいね。


otap3.jpg


1つ46ペソ(約100円)です。
私の観察では直営店(46ペソ)<SM/アヤラ(約60ペソ)<ロビンソン(約70ペソ)
このように値段が変わってきます。


マクタン空港の待合室では100ペソ以上で販売されていました。


オタップ自体は、実は別に好きなブランドがあるのですが、
シャムロックのオタップが「おみやげに」お勧めな理由は、
2枚ずつ個別包装されていることです。


別のブランドはすべて、1枚ずつ
薄いワックスペーパーのような紙で包装されています。
なので開封してしまうと鮮度が落ちてしまいます。


シャムロックのオタップなら、
日持ちもし、バラマキ土産にも使えます!


ティータイムにぜひオタップ、食べてみてくださいね。


otap4.jpg


Shamrock Capitol Site(シャムロック・カピトル・サイト)
住所:269 Don Gil Garcia St, Cebu City, Cebu
営業時間:9:00~18:00
ウェブサイト:http://shamrockotap.com/


こちらは前回ご紹介した、コワーキングスペースiioffice(いいオフィス)の
すぐお隣にあるCapitol Branch (カピトル支店)です。


ロビンソン・デパートのあるオスメニャ・サークルにも直営店があります。
そちらのFuente Store(フエンテ店)はもっと広く
中で軽食もいただけます。場所はサークル(中央の広場)を挟んで
ロビンソンの対角線上にあります!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2017年9月13日
« 前の記事「行ってきました、セブのコワーキングスペース」へ
おすすめ記事
    セブ特派員 新着記事
    セブのお土産に、オタップ
    行ってきました、セブのコワーキングスペース
    ホテルの高層階でいただくチャイニーズ
    セブに来たら絶対お勧めのお手頃スパ
    セブで台風情報を確認するには? -その2-
    セブでフィリピンの台風情報を確認するには? -その1-
    エルニドを楽しみつくそう! セブから行くエルニドの旅⑦ プエルトプリンセサでのトランジット
    エルニドを楽しみつくそう! セブから行くエルニドの旅⑥ プエルトプリンセサからのアクセス

    フィリピン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フィリピンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • セブ特派員

      セブ特派員
      いりん
      フィリピンに残される美しい自然、そしてセブアノ(セブ人)のおおらかさや優しさに惹かれています。こちらで生活し数年たちますが、まだまだ新しい発見がたくさんの日々です。このブログを通して皆さんにシェアしていきたいと思います。英語教育に長年携わってきた経験から、「ちょっと役立つ英語表現」もテーマに合わせて紹介します。 DISQUS ID @disqus_LQMNmsBtHm

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集