海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > シカゴ特派員ブログ > 夏真っ盛り、足の手術と子どもの送り迎え!

アメリカ/シカゴ特派員ブログ Kumi

アメリカ・シカゴ特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月21日

夏真っ盛り、足の手術と子どもの送り迎え!


夏真っ盛り、足の手術と子どもの送り迎え!

summer18.JPG

 Hi, ごぶさたしております。シカゴの歌うライターKumiです。カラッとしていても、高い緯度のため、陽射しが差すように厳しい中西部より、夏真っ盛りのお便りです。

★雨とたたかった少年ベースボール

 現在のシカゴは昼間の気温が75~80F(23~28℃)と、快適な気温でカラッと晴れていれば、日本人には春か秋のように感じられる陽気です。クルマの中の熱気は別ですけど。
 さて、パークディストリクト(公園行政区)が用意する様々なメニューの中で、息子が参加している少年ベースボール。この夏の陣は、7,8生ポニーリーグのDodgersに属していたのですが、なんとこのチームがリーグ優勝したのです!しかもプレイオフで。
 6月の雨と格闘しながら乗り切った野球が終われば、「次はサッカーのキャンプでHarper Collegeへ」とばかりに、ひたすら子どもらのアクティビティのアッシーと化す母の夏休みなのです。

Ponny (3).JPG


 野球トーナメントの最後のチャンピオンシップでドジャーズが優勝、息子はその時すでにBand Campでミシガンに行っていたので、母のみが応援、ブリーチャー(応援席)に座り、いつもの母仲間とともに「Comon!」「You can do it!」などと叫んでおりました。
  コーチが「We won!」と叫んだとき、私もみんなの輪の中に入って、子どもや親とハイタッチ!最初のころは、観戦するだけで精一杯だったけど、同じノリのお母さんらがいて、子どもたちの名前も分かるようになってきました。


Dodgers.JPG


★外反母趾を直そう

 日本では、外反母趾の女性はどのように治療しているのでしょうか?私もこの冬に「あれ?ブーツの革がふくらんでいる」と気づき、右足の外反母趾が発覚しました。「このままだと靴やぶるし、指が曲がっちゃうよ」とドクター。2年前に、ヒザの軟骨を手術してくれた、日本クリニックの整形外科医なんですが、「手術で直す?」と軽く聞かれ、「じゃあ、お願いします」と二つ返事で手術に。
 回りの同じ症状の女性からは「ずーっと気になっているんですけど、そんなに簡単に手術できるんですか?」と、手術後もよく聞かれました。靴が限定されるそうなので、やはり直す方がいいかもしれませんね。要はきっかけかな。


surgery.JPG


 ちなみに、アメリカにはsurgery centre(手術病院)っていう施設が、フツーに商店の並びにあったりして、そこまで友達に乗せていってもらって、麻酔から覚めたら、その日のうちに「さようなら~」です。手術の規模にもよるのでしょうが。日本みたいに、ほぼ手術後は滞在っていうのは常識ではないです。


orthodontics.JPG

 ご存じの通り、アメリカにはオバマケア導入前には、公的な医療保険はなかったですよね。ただ、今でも医療保険会社のインシュランス(保険)によるカバー率は高いのではないでしょうか。
 診察時にco-pay(診察料)が$20かかったり、カバーされないと$100単位で請求が来たりと、医療費に関しては依然、アメリカ国民を脅かす出費です。
 歯の治療も数百ドルかかるなど、治療に二の足を踏みたくなる額ですが、専門の保険に入っていたり、そもそもアメリカのほとんどの州が水にフッ素を含有させて、虫歯を予防したり、年に2回は保険で検診費用を負担したりと、予防対策は日本よりもしっかりしていると思う。
 また、Glenview紹介で以前登場した、矯正歯科ですが、一生に一度(約$1000)の矯正費補助が受けられるのも助かります。とはいえ、全体費用の3割弱ですが。↑にある写真は、矯正器具。teen前後の矯正もポピュラーですな~。


★キャンプ送迎:近所の大学からミシガンまで


 こちらは、Milwaukee(Wisconsin州)のヨット波止場 。子どもの送迎:初ミシガンに渡るのにフェリーを使いました。


milwaukee.JPG


 私の右足はと言えば、余分なホネを切除し、歩行やドライブはなんとかOKですが、あと2か月はスポーツはNGです。とほほ。
 そんな中でも、フェリーを使って初めて息子をミシガンのキャンプに連れていったり、ハーパーカレッジに毎日サッカーに送ったり、日本語学校補習校のお楽しみ会を開いたり、娘をラウンド1までカラオケに送ったりと、子どものケアとともに自分も楽しんでいる7月です。

summer fun18.jpeg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院
2018年7月21日
« 前の記事「ファイヤー!青空の下のアメリカン楽焼」へ
おすすめ記事
    シカゴ特派員 新着記事
    夏真っ盛り、足の手術と子どもの送り迎え!
    ファイヤー!青空の下のアメリカン楽焼
    Sweets&Sweets
    歯医者をきっかけに出会う街
    いきなり、20℃アップで春真っ盛り!
    夏とともにやってくる!イベントいろいろ、ビールも楽しめる!
    行きつけ・もしくは旅先のおいしい物たち
    スプリングブレイクの旅~心と体を解凍しに~

    アメリカ ツアー最安値


    2018/8/14更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • シカゴ特派員

      シカゴ特派員
      Kumi
      1963年名古屋生まれ。父の仕事でシンガポールに住んだことで、外国や外国語に興味を持ち、愛知県立大学スペイン科に入る。卒業後はデザイン博覧会などで勤務。その後ファッション総合紙で記者を務めた後、15年に夫の仕事でシカゴに。現在は家事・育児のかたわらJazzとArtを学ぶ。地域のオモシロ情報を発信できるアーティストを目指す。
      Webサイト DISQUS ID @disqus_WSgvsjOHPL

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集