海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > バングラデシュ/チッタゴン特派員ブログ

バングラデシュ/チッタゴン特派員ブログ 高木 昭博

バングラデシュ・チッタゴン特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

みなさん
バングラデシュには世界一長い砂浜があることをご存知ですか?

その名も・・・・
「Cox’s bazar(コックス・バザール)」。
blog④-1.jpg

街中にある宿泊先のホテルからCNG(3輪タクシー)で15分ほどで
目的地の砂浜に到着します。
(CNGについては後日詳しくご紹介させていただきます。)

観光客で一杯だと想像していましたが、
行ってみると意外と閑散としていました(-.-)
blog④-2.jpg

知人の紹介をきっかけに
僕はサーフィンに初挑戦することになりました!
blog④-3.jpg

バングラデシュ人コーチのJafarさんに付いてもらい、
海に入る前に15分程度の指導を受けてから
blog④-4.jpg
いざ出陣(*^_^*)

サーフィンをすることが珍しいのか?気付けば現地の人たちに
囲まれていました。
blog④-5.jpg

僕が初心者ということで
重くて長いサーフボードを用意してもらい、
立つことは簡単にできました!
blog④-6.jpg

一番の敵は「ボードの重さ」でした。
水面を押しながら沖の方に出るまでに腕がパンパンになって、
諦めかけました(笑)

バングラデシュ人が砂浜でやっていることと言えば、
ほとんどがサッカー。

コートも書かずにサッカーを始めるので
とてつもなく大きなコートになってしまいます(笑)

やっぱり、バングラデシュ人はタフですね!
現地で疲れている人を見たことがない位です。

みなさんもバングラデシュを訪れた際は是非(^_^)

それでは、また。。。
blog④-7.jpg

筆者 濱岡聖也


2015年1月22日

みなさんは日本で何時位に晩御飯を食べますか?

バングラデシュ人の晩御飯は遅いです。
blog③-1.jpg

だいたい、21時から始まるのが普通です。22時を過ぎるのもザラです。

忘れちゃいけないのが、ナスタという習慣です。
暇さえあればナスタ(軽食)がでてきます。
「ナスタ」とは軽食、日本でいう「おやつ」のことです。
朝ごはん⇒ナスタ⇒昼ごはん⇒ナスタ⇒(ナスタ)⇒夜ご飯
といった流れです。
一日に2、3回ナスタ(軽食)を食べるのが普通で、一日の中でおなかが空いている時間がありません。

職場であっても、大事な会議中であっても
ナスタは自動的に出てきます。

作業を続けながらナスタを食べるのが好ましいですが
ティータイムということで休みを取りたがる人も少なくありません。

ナスタを食べている間は、人の話を聞いていないので
いっそのこと休み時間にしても良いと思います。

ナスタには
シンガラというスパイシーな揚げ餃子っぽい見た目の物が出たり、
blog③-2.jpg

ミシティと呼ばれる甘いお菓子が出ます。
blog③-3.jpg

これはもう軽食じゃなくて、「通常の食事じゃん。」って思う人もいると思います。ビスケットやパウンドケーキが出てくることもあります。

だいたい、外で買ってきたものを皿に並べるだけの場合が多いので、
手間はほとんど掛かりません。

お手伝いさんにとっては重要な仕事の一つになっています。

それと一緒に飲むのが、紅茶。コーヒーもありますが、紅茶のほうが圧倒的に多いです。
大体、最初から砂糖が入っています。しかも大量に(笑)
結果的に、太っている人が多いです。痩せているように見えても、下腹だけ出ている人もいます。

そして、ここにもまた一人・・・
blog③-4.jpg


筆者 濱岡聖也


2015年1月21日

今回は
「バングラデシュに来る前の心構え・持参すべきもの」を紹介したいと思います。

①胃腸薬・整腸剤
バングラデシュでは半端じゃない位、米を食べます。毎回、「何合分あるんだよ・・・」って思ってしまいます。バングラデシュ人の家にお邪魔すると、「もっと食べていいんだぞ」、「なぜ手を止めているんだ?」と言われます。歓迎の気持ちで言ってくれているので、正直断りづらいです。(笑)
しかも、しっかり食べているか見張られますから!
blog②-1.jpg

家を訪問するときは、覚悟を決めてください。(*^_^*)

②マスク(黒であれば尚、良い)
黒いマスク.jpg

首都ダッカ以外の地域では舗装道路が整備されていないことが当たり前です。加えて、街の至る所でごみが捨てられていたり、下水道が整備されていないので耐えがたい悪臭が漂っています。
黒いマスクをしている人がほとんどです。街ではなぜか黒いマスクしか売られていません。しかも、一枚ずつ。マスクを封されていないで売っているので、買う前から汚れている可能性があります。やはり、日本から持っていくことをおすすめします。

③蚊対策グッズ
蚊1.jpg

かゆみ止め、長袖、長ズボンは必須です。
なんといっても蚊から病気をもらうのが怖い。特にバングラデシュでは、寒くなってくる11月から2月にかけて蚊が大量発生します。虫よけクリームは効き目が強いので、現地調達するのがお勧めです。また、宿泊施設に蚊帳を準備してもらえるように必ずお願いしてください。

④水筒
Unilever のpure itが最も一般的な浄水フィルターです。
Pureit.jpg

水道水を浄水フィルターに通してから飲むと
十分安全だと思います。
ですが、どうしても心配な方は、
煮沸してから飲むか市販の水を飲んでくださいね!
ペットボトルに入っていても、封があいている可能性もあるので要注意。
買う前にはいつも封が付いているか、開封されていないか
チェックする癖をつけてください。
ホテルのウォーターサーバーで水を入れておくか、街で封のついている水を買うか
をお勧めします。

⑤アメリカドル札
日本円からバングラデシュタカに両替するにはレートがとても悪いです。
日本円→アメリカドル→バングラデシュタカに両替した方がお得です。
特に100ドル札などの額の大きい方が更にレートが良いので、
つまり、
日本で100ドル札に両替→バングラデシュ到着後タカに両替する
というのが一番の節約になります。

ご参考までにどうぞ!


2014年12月30日
2014年12月17日
⇒すべての記事を見る

バングラデシュ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■バングラデシュの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

地球の歩き方Web特派員募集