海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/ケルン2特派員ブログ

ドイツ/ケルン2特派員ブログ 新井 麻里

ドイツ・ケルン2特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

キリスト教圏では、クリスマスと同じくらい大事なイースター。
どこもかしこもイースターを象徴するウサギやタマゴのお菓子や雑貨が目に飛び込んできます!
ostern4.jpg

日本でも最近、イースターに力を入れているようですね。


ただカラフルな玉子やウサギが販売されているのをみて、
玉子パーティ???と思っている方も多いということを聞きましたが。


ドイツ語でイースターはオスターン(Ostern)と呼び、復活祭を指します。




ここドイツでは、聖金曜日から復活祭月曜日までの4日間が休暇になり、
クリスマス以来の長期休暇に、多くの人が首を長ーくしてイースターを楽しみにしています。


聖金曜日(Karfreitag)はイエスキリストの死と受難を偲ぶ祝日で、復活祭前の金曜日を指します。


復活祭は、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日で、毎年復活祭は異なる日になります。
イエス・キリストの復活を祝う日です。


そして、聖月曜日(Ostermontag)は復活祭の次の日です。




イエス・キリストの復活祭なのになぜウサギとタマゴ?と思う方もいるのではないでしょうか。


キリスト教が広まる前からある土着の春分を祝うお祭りがあったため、
多産や豊作を象徴するウサギやタマゴが同じ時期のイースターでも取り入れられたと言われています。
・・・が、実際にはよくわかっていないそうです笑





イースター前日あたりからは別れる際に「Schönes Wochenende(良い週末を)」という代わりに
「Frohe Ostern(ハッピーイースター)」と言って挨拶をします。
聖月曜日まで、会った際にもFrohe Osternと挨拶をします。


イースターの時期、子供達はタマゴをカラフルにペイントしたり、
当日には、庭や家の中に隠されたタマゴを探すゲームを楽しみます。


大人しかいない私の周りでは、そういったことはしなかったのですが、
クリスマス同様に家族と過ごす大事な日なので、義家族とホームパーティをしました。


ostern3.jpg

テーブルには、ウサギとタマゴのチョコレートが。イースターのお決まりです。


食べ物やケーキはみんなで持ち寄りです。
ostern2.jpg
ostern1.jpg

日本と違って、ホームパーティでは手作りお菓子(特にケーキ)が必須なので、
自然とお菓子作り力も向上します。


イースターやクリスマスに限らず、毎月あるいは月に何度もホームパーティがあるので、
疲れてくることもありますが、日本では味わえないと思って、異なる文化を楽しむのも一興です。


2018年4月 3日

こんにちは。
ロシアからの寒波で冷え込んでいたヨーロッパですが、ようやく少しずつ暖かくなってきました。


ドイツには古い街並みを残す街がたくさんあるのですが、
日本でヨーロッパの美しい街30に選ばれたフロイデンベルク(Freudenberg)へ行ってきました。


freudengerg1.JPG


フロイデンベルクの歴史


フロイデンベルクの村と城砦が文書に初めて記載されたのは14世紀末のことです。
その後、1456年ナッサウ伯ヨハン4世がフロイデンベルク住民に自由権を授けました。
1540年に火災により城と村が全焼し、城と村の再建が行われましたが、
1666年に今度は落雷により一つの建物を残して、城を含む村全体が全焼してしまいました。


城の再建は行われませんでしたが、ナッサウ=ジーゲン公ヨハン・マウリッツの命により
それまでの地割り通りに村の再建が行われました。


いまフロイデンベルクの旧市街に残っている木組み建築の街並みは、
修復を行っているとはいえ、17世紀半ばからほとんど変わりません。
400年近く前に全く同じ空間の中、人々が生活していたと思うとロマンを感じます。






フロイデンベルクへの行き方


ケルンからは電車とバスを乗り継いで2時間ほどかかりますので、
初めてのドイツ旅行で行く人はなかなかいないのではないかと思います。


ケルンから電車だけで片道24.60ユーロですが、複数で行くのであれば、
ケルンとフロイデンベルクのあるノルトライン・ヴェストファーレン州内1日乗り放題券(5人用)を
利用すると45ユーロ(2018年3月現在)ですので、断然このチケットの購入をオススメします。


このチケットがあれば、バスにも乗り放題です。




まずはケルン中央駅やケルンメッセ/ドイツ駅からジーゲン(Siegen)へ向かいます。
乗り換えなしだとおよそ1時間半です。


ジーゲンで、54番線か55番線に到着したら、進行方向右に向かうとバスターミナルが見えてきます。
バスターミナルのFに来るR37またはR38というバスに乗ってください。バスは30分ごとに来ます。


バスに乗るときには乗り放題券を見せてください。
そしてFreudenberg Bahnhofstrというバス停で降りてください。
ここからだと街を一望できるKurparkという丘に近いのです。
しかし終点まで行ってもそこまで遠くないので、万一乗り損ねてもあまり心配する必要はありません。


ちなみにちょうどいいバスがなくて、ジーゲンからタクシーに乗ると30〜35ユーロです。




到着すると一見ただの田舎町です。
バス停を降りて、来た方向に向かって少し歩いたら、写真のレストランのところを左に曲がって
道なりに坂を登ってください。
(帰りのバス停はこのレストランから道を渡ったところにあります)


freudenberg2.JPG

登っていくとちらほらと木組みの家が出て来ます。
freudenberg3.JPG

またこんなものも。
freudenberg4.JPG

フロイデンベルクが炭鉱で栄えたことを示唆しています。
私は最初「父」に見えました。


小山が出てくるので、階段を登ってください。
てっぺんに登るまでいくつもの撮影スポットがありますので、登りきる前に
絶対に後ろを振り向いて景色を確認してください!


私は一つ目の階段を登りきったあたりの景色が一番美しいと思います。


freudenberg7.JPG


冒頭で「日本でヨーロッパの美しい街30に選ばれた」と書きましたが、ドイツ人にはあまり知られていません。
夫も「何でフロイデンベルク?」と首を傾げていたのですが、この景色を前には二人で息を飲みました。
二人だけでモノクロの世界を堪能しました。


旧市街自体は小さく、大きな通りは3つしかないのですが、小鳥のさえずり以外何も聞こえてこない
17世紀当時そのままの小都市を歩いていると、まるで別世界に紛れ込んでしまったように錯覚しそうです。
あまりに非現実的な空間で実際、旧市街に住んでいる人々もいるのが不思議に感じられます。


訪れたのは日曜日だったのですが、滞在している間に見かけた観光客らしき人の数は10人ほど。
後日、お客様とも平日に訪れたのですが、見かけた人は変わらず。


freudenberg10.JPG

残念ながら、いわゆるおみやげ屋さんはありませんが、Markstrasseにはハンドクラフトの店、
Unterstrasseには街を紹介する博物館(日曜・火曜は定休日)があります。


こちらは1666年に村全体が全焼した時に唯一無事だった建物です(住所:Kölner Str.3)。
freudenberg11.JPG
freudenberg16.jpg



街を一望できる高台からも見えるフロイデンベルクの教会は、福音主義教会(いわゆるプロテスタント)です。
教会は屋根を見るとカトリックかプロテスタントかがわかるのをご存知ですか?


カトリックは雄鶏が屋根のてっぺんに、プロテスタントだとシンプルな十字架があります。
大聖堂だとそうだとは限りませんが、小さな教会を見かけた時にはぜひ確認してみてください!

freudenberg14.JPG

freudenberg13.JPG

教会に入ると、すぐ右にある本。
第一次世界大戦と第二次世界大戦で亡くなったフロイデンベルク出身の人々の記録でした。
フランス、ロシア、オーストリア様々な国で亡くなっているのがわかります。

freudenberg12.JPG
freudenberg17.JPG



旧市街にはホテルやレストランがいくつかありました。
旧市街一番のホテルHotel zur Altstadtのレストランはイタリアン。
他のレストランに比べてもちょっとお値段はお高め。ランチとディナーの間の14時半以降は閉まっているのでご注意ください。


このホテルの手前にも2軒レストランがあるのですが、私が食事をしたのはMarktstrasseにあるFleckerei


メニューは英語の用意もありました。
オススメを聞いたところ、ランプステーキとシュニッツェルのマッシュルームソース添えと言われたので、
私はシュニッツェル(薄くしたカツレツのようなもの)を頼みました。
軽くしたい場合には黒パンのサンドイッチ(Strammer MaxやStrammer Lachs)もあります。


freudenberg15.jpg

大ボリューム!そしてすごく美味しい!しかもすぐに出て来ました。
これで11.90ユーロでした。


どこでもそうですが、都会から離れると美味しい料理をお手軽に食べられるのがいいですね。




最後に、フロイデンベルクはとても小さな町で、1時間もあれば十分見ることができます。
ここに来るときはジーゲンの旧市街やお城も合わせて見ることをオススメします。


2018年3月 9日

cologne_cathedral.jpg

ケルンといえば、何はなくともケルン大聖堂。
ケルン大聖堂を見ずしてケルンを去っては、ケルンに来たとは言えません。
(中央駅前にある上、大聖堂より高い建物がないので見ないでいる方が難しいですが・・・)


写真をよく見ると、大聖堂の塔に雪が少し積もっているのがわかるでしょうか?
ケルンは東京程度にしか雪が降らないので、この光景は少し珍しいです。


高さ157m。たとえケルンに住んでいても、この壮大さにはいつまでも圧倒されます。
威圧感さえ覚えるのは私だけではないはずです。


そしてその迫力は昼よりも夜の方が際立ちます。
nightview_cologne1.jpg

暗くなると黒々とした大聖堂がライトアップされ、その重厚な存在感から



ケルン大聖堂には今の季節(11月〜4月)、6:00-19:30に入ることができますが、
それ以外の季節は21:00まで開いています。


入場できる時間を過ぎると中からパイプオルガンを練習している音が聞こえてくることもあるんですよ。


ケルン大聖堂を至近距離で撮る方は多くいらっしゃいますが、
ケルン大聖堂を含むケルンの景色そのものを撮る方はあまりいないのではないでしょうか?


今回はケルン大聖堂の入った美しいケルンの夜景を撮れる絶好のスポットをお教えします。
もちろん夜景ではなくても素晴らしい見晴らしです。インスタ映えもバッチリ!


cologne_nightview3.png

私のiPhoneによる写真技術では、これが限界だったのですが、
撮るひとが撮れば間違いなく最高の写真が撮れます(汗)


これはケルン大聖堂を背にライン川沿いにまっすぐ歩いてきて、最初にぶつかったところ(10分くらい)
にある橋の真ん中で撮りました。名前はドイツァー橋(Deutzer Brücke)。
車が勢いよく走っていますが、歩道もあるのでご安心ください。


暖色系にライトアップされているのは聖マルティン教会です。
大きいので、初めてケルンに来る方はこれをケルン大聖堂だと勘違いされる方もいらっしゃいます。
この教会はロマネスク様式で建てられた建築物で、ゴシック様式のケルン大聖堂とはまた異なる雰囲気です。
時間があれば、立ち寄ってみてください。


ドイツァー橋の最寄り駅はHeumarktで、電車を利用する場合にはそのまま駅を背にまっすぐ歩いていけば、橋です。


橋は幅があるので、必ず左側の歩道を歩いてください。
右側は右側でチョコレート博物館やクレーンの形をしたビルがあり、面白みはありますが、
ケルン大聖堂を撮るときは左の歩道を進んでください(Heumarktを背にする場合)。


本当になんてことのない味気ない鉄橋なんですが、ここからの景色を撮るためカメラを構える人をよく見かけます。


このドイツァー橋を渡り切って左に曲がり、逆側のライン川沿いを歩いていくと違う角度からの大聖堂が見られます。
1280px-Koln-Night-GavinCato.jpg

By Gavincato - 投稿者自身による作品, CC 表示 3.0, Link


こちらはケルンのもう一つの観光名所、ホーエンツォレルン橋を一緒に撮った写真です。


最後にケルンのパノラマ写真をご覧ください(クリックすると大きくなります)。
Cologne_-_Panoramic_Image_of_the_old_town_at_dusk.jpg

By Winkit (Diskussion) - 投稿者自身による作品, CC BY-SA 3.0, Link


ドイツァー橋とケルン大聖堂とは逆側の河岸。
ケルンで夜景を撮りたい方はぜひ参考にしてください。




ドイツァー橋
住所:Deutzer Brücke 50679 Cologne


2018年2月 6日
2018年1月30日
2018年1月23日
2018年1月16日
2018年1月 9日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ケルン2特派員

    ケルン2特派員
    新井 麻里
    結婚を機に2015年ドイツに移住しました。本業の英日翻訳をする傍ら、ケルン・ボン・デュッセルドルフを中心に観光ガイドや通訳も行っています。ケルンを中心に日本ではあまり馴染みのないドイツの文化を紹介していきます!美味しい食べ物に目がないのでレストラン情報やドイツ料理について多くなりがちですが、ドイツに少しでも興味を持っていただければ嬉しいです。 DISQUS ID @disqus_AjdakSpH0c

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集