海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > スリランカ/コロンボ特派員ブログ

スリランカ/コロンボ特派員ブログ 内海 由周

スリランカ・コロンボ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

スリランカは2020年8月1日から、観光入国再開ということで動いております。


18815130_1377148602361280_7886663782792482529_o (2).jpg

先日、第一報をお伝えいたしましたが、6月8日スリランカ観光局から「観光ガイドライン」が発表されました。

79ページにも及ぶ、分厚いガイドラインの書類を入手できましたのでお知らせいたします。


VISAに必要な書類とは? 入国時は? 入国後の行動など、発表されたガイドラインを基に解説できたらと思います。


・スリランカの滞在日数が、5日以上が対象となります。

これがまず、日本人には敷居が高くなりますね......


・あらかじめ、オンラインで観光VISAの取得が必須です。

アライバルVISAに関しては、追って通知があるまで、保留されます。


・オンラインの取得する観光VISAに必要なもの
1.旅行保険
2.帰りの航空券のチケット
3.旅行中のすべての日程、宿泊の事前予約表(観光局の認定したホテルにかぎります)
4.スリランカ到着72時間以内のPCR検査の陰性の証明書

PCR検査を、到着の72時間以内に受けて書類を受け取らないといけません。

これもけっこうハードルが高くなりますね。

こうしてVISAを取得して、PCR検査の陰性証明書。

これらがないと、飛行機にも乗ることができません。

 

・VISA料金について

観光VISA料金に関しては、追って通知があるまで、$100と決定したようです。

ただ長期滞在を促進したいので、緩和するための関係当局による協議が始まったとのことです。

1年間に複数回入国できるような、マルチプルのVISAを考えているようです。

詳細はまだ決定していませんが、続報が入りましたらお知らせいたします。


・入国に際の注意点

飛行中につけていたマスクは処分し、空港に入る際には、新しいマスクを着用する。

石鹸での手洗い、靴の消毒が必須項目。

人との距離を、1.5m以上保つこと。

挨拶は、スリランカ伝統の「アーユーボーワン」(手を合わせる)のみが許され、握手やハグ、キスなど接触する挨拶は禁止。

全員、体温のスクリーンニング(検温)が義務づけられており、37.4度以上の場合は、空港の保健所が紹介され、場合によっては隔離される可能性もあります。



 
・入国審査での注意点

到着するすべての乗客は、記入済みの健康宣言フォーム(HDF)を提出する必要があります。

PCRレポートを含む、すべての必須文書を提示する必要があります。

旅行保険、旅行/滞在の詳細、健康カウンターの、観光客の個人情報。

入国手続きが完了したら、観光客は必須のPCRを受ける必要があります。

キャッシュレスまたは非接触型決済の使用を奨励して、支払いプロセスと現金処理を減らします。

なるべくクレジットカードやデビットカードなどお持ちください。

キャッシュレス化は、この機会に世界的にも進んでいくでしょうね!

空港からの移動は、旅行会社またはホテルなどが手配した車に乗ることになります。

バスなどの公共交通機関は、現時点では観光客は利用できません。

1泊目はコロンボ、ネゴンボ、空港周辺に限られます。

 
・旅に出たあとの注意点

常にフェイスマスクの着用が、義務づけられています。

滞在および立ち寄りは、観光局の認定したホテル、レストラン、ショップなどに限られます。

PCR検査に関しては、到着時の空港で1回、5〜7日の間に1回、10~12日の間に1回(10日以上滞在の場合)、の合計3回のPCR検査が義務づけられます。

また、熱や症状が出た場合も、PCR検査の必要があります。


8月から観光入国再開するものの、けっこう厳しいハードルがあり、すぐの渡航は難しいかもしれません?

また今、協議中のことも多く、まだ詳細不明なこともあります。


2020年6月12日時点での情報であり、今後変更や追加や削除される項目なども出てくる可能性もあります。


追加の情報が入りましたら、また更新させていただきます。


YouTubeの動画に、まとめましたので


ご確認していただけますと、詳しい内容がより理解できると思います↓


「6月8日スリランカ観光局発表の観光ガイドラインを基に徹底解説 VISAに必要な書類とは?入国時は?入国後の行動は?」


2020年6月13日

スリランカの観光入国再開が2020年8月1日からと、スリランカ政府観光局から正式に発表になりました。


朗報といってよいでしょうか?

IMG_20200213_230801-860x621.jpg

条件が諸々ありますが、ウイルス検査で陽性でない限りは、隔離はされないようです。

ただし、5日以上滞在など、いろいろとハードルが高いですね!


しかも、VISA料金$100?


確認した方がよさそうなこともありますし、いろいろと突っ込みどころもありますが……取り急ぎ第一報です!

それでも世界の中でも、このガイドライン発表は早いですね!


スリランカなのに? すごい^^

日本人的には、安易に行ける内容ではないかもしれません。

またスリランカなので、また変更などもあるかもしれません。

今後の発表や報道にも注視していきたいと思います。


以下、観光局のウェブサイトより↓


【2020年8月1日から観光客を迎えるスリランカ観光】

スリランカは安全ガイドラインと予防策で世界中からの旅行者を歓迎する準備ができています。

よくある質問

◇誰が訪問できますか?


すべての国籍、グループ、家族、個人など、あらゆるタイプの旅行者を歓迎します。


◇どの空港が運行しますか?


バンダラナイケ国際空港[BIA]、コロンボラトマラーナ空港[RMA]、マッタララジャパクサハンバントタ空港[MRIA]が、2020年8月1日から観光客の到着のために営業します。

◇ビザ手続きとは何ですか?

すべての旅行者は有効なビザが必要です。これは30日間発行され、到着後最大6ヵ月間延長できます。http://www.eta.gov.lk/slvisa/のオンラインビザ
長期滞在のゲストのためのさらなる緩和は現在検討中であり、観光客は最大6ヵ月の滞在で5年間の複数入国ビザを取得することができます。
ビザ手数料US $100


◇ビザ申請に必要な情報

・認定宿泊施設での予約の詳細
・スリランカの旅程
・帰りのチケット
・医療保険の証明


◇どこに滞在できますか、最短期間はありますか?

スリランカでの最低5泊の滞在が必要です。
独立した専門家による監査が行われ、スリランカ観光ウェブサイトに掲載される宿泊施設プロバイダーを認定します。認定宿泊施設のプロバイダーによる予約の詳細は、ビザの申請に必要です。


◇出発前のCovid-19 PCRテスト

フライトに搭乗する前とスリランカに到着するときに、PCR陰性の検査が必要です。テストは、搭乗の72時間前までにしてください。

◇スリランカ到着時

空港では、すべてのエリアとスタッフに強力な衛生対策が実施されます。症状が検出されない限り、到着時に検疫は行われません。
PCRテストは空港到着時に行われます。無償。
現在、テスト結果の受信には24時間かかります。8月までに4〜6時間以内に結果が出るように変更を加えています。場合によっては、テスト結果を24時間待つ必要があります。テスト結果が届くまで、コロンボまたはネゴンボにある4つ星または5つ星の認定ホテルから1泊のホテルを選択できます。
認定された宿泊施設のプロバイダーと連携して、モバイルユニットが到着後4〜5日でさらにテストを行います。
10日以上滞在する旅行者は、滞在中に3回目のテストを受ける必要があります。これは不便かもしれませんが、すべての人を保護し、心の平和をもたらすことが不可欠です。
PCR結果が陽性の場合、ケースの詳細に応じて、指定されたホテルでの検疫または入院が行われます。症状が検出された場合、検疫は通常14〜21日です。


◇スリランカを移動する

空港では、すべてのエリアとスタッフに強力な衛生対策が実施されます。安全を確保するため、認定宿泊施設のプロバイダーまたは旅行代理店に到着前に交通手段を手配してください。公共交通機関は使用しないでください。


すべての観光地は8月1日以降、安全なプロトコルと旅行者の健康を確保するための対策を講じてオープンします。
地区間の観光客の旅行制限はありません。


詳しくは、観光局のウェブサイトをご確認ください↓
(翻訳が多少微妙なので……)


https://srilanka.travel/travel-news&news=729


2020年6月 9日

スリランカへの渡航に関する、ご質問などをいただくのですが、今週に入ってから、少し動きがありましたので最新情報を更新いたします(2020年5月27日)。


スリランカ入国について、5月26日に以下の発表がありました。


「8月から観光客向けに空港を再開する提案」


26日に開催されましたCOVID19防止タスクフォース委員会にて、大統領に対し「8月1日から外国人観光客向けに空港を再開する」ことを提案


ということで、8月の観光客受け入れに向けて、準備をしていくことになるようです。

まずは、ホテルやレストランの再開を目指す。

参考記事↓
http://www.dailymirror.lk/breaking_news/Proposal-made-to-reopen-airports-for-tourists-from-August/108-188960


入国に関しては、現在世界各国にいる帰国希望のスリランカ人を、戻すことに力を入れています。

約4万1000人のスリランカ人が、スリランカへの帰国を希望しているそうです。

参考記事↓
https://www.newsfirst.lk/2020/05/21/more-than-41000-sri-lankans-expect-to-be-repatriated-to-the-country/

ただ、クウェートからの帰還者から、多くの陽性者が見つかり、時期尚早であるとの論議が起きましたが政府は人道的根拠に基づいて、スリランカ人を戻し続けることを決定しました。

参考記事↓
http://www.dailymirror.lk/breaking_news/New-mechanism-to-repatriate-Sri-Lankans-PMD/108-188961


まず6月、帰国希望のスリランカ人帰還を優先、
そのあとビジネス往来、
8月から観光客の受け入れ、

という流れになるのではないかと予想します。


現段階では、提案して検討していくということなので決定ではありません。


今後のスリランカ国内の情勢、および世界の情勢にもより、時期に関しては、遅れたり、または早まったりすることがあると思いますので、常に最新情報をご確認ください。


このまま順調に進んで行ってくれるといいですね。


また個別の案件に関しましては、必ず各機関に事前確認することをおすすめします。


■外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

■在スリランカ日本大使館
https://www.lk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

■在日本スリランカ大使館
http://slembassyjapan.org

■スリランカ航空
https://srilankan.com/ja_jp/us


宜しくお願いします。


2020年5月29日
2020年5月11日
2020年4月30日
2020年4月14日
2020年3月18日
⇒すべての記事を見る

スリランカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スリランカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コロンボ特派員

    コロンボ特派員
    内海 由周
    2003年1月初めて訪れたスリランカで運命を感じ、翌年脱サラして(株)アクティブインターナショナル設立。「日本とスリランカの架け橋に」をミッションに「スリランカ案内人うっちゃん」として活動中、独自のツアーをプロデュース。日本でもお食事会「スリランカナイト」主催。「スリランカ交流会」主宰。2014年コロンボにて旅行会社「アクティブトラベル」設立。Facebook DISQUS ID @disqus_jx5xJu2JnO

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集