海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > コロンボ特派員ブログ > 【文化三角地帯探訪】その5シギリア最終:シギリアロ...

スリランカ/コロンボ特派員ブログ 旧特派員 つぼや まき

スリランカ・コロンボ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年11月26日

【文化三角地帯探訪】その5シギリア最終:シギリアロックのてっぺんには何があるのか?


【文化三角地帯探訪】その5シギリア最終:シギリアロックのてっぺんには何があるのか?

 

さて連続でお送りしております文化三角地帯探訪の旅です。全開でシギリアの登頂を達成した私たちですが、もう少しシギリアについて紹介したいので、こちらに追加の記事をお届けします。

 

■今までの登頂の様子は↓

その1:https://tokuhain.arukikata.co.jp/colombo/2010/10/post_1.html

その2:https://tokuhain.arukikata.co.jp/colombo/2010/11/post_6.html

その3:https://tokuhain.arukikata.co.jp/colombo/2010/11/post_21.html

その4:https://tokuhain.arukikata.co.jp/colombo/2010/11/post_22.html

 DSC_0616

写真)シギリアてっぺんの少し下にある「王のプール」

未だに水が枯れないこの池は何故常に水が張られているのか、その仕組は謎なのだとか(ガイド談)

かつてはこの王のプールで沢山の美女の沐浴を王が眺めたのだそうです。

---------------------------------------------------------------------------------

DSC_0586



前回到着したシギリアのてっぺんにあった
このスペースはかつての「王宮跡」だそうです。

王宮自体はとてもこじんまりとしたものだった事が
想像出来ます。

頂上部分には

王宮・ダンスステージ・住居・兵舎が

あったとの事ですが、「ダンスステージ!」には

ちょっと驚き。。。

DSC_0648



頂上から少し下がった所にある「王の椅子」

でかい...
◆ ◆ ◆
この椅子の前側に王のプールがあります。
かつてこの地の王だったカッサバは

かつての都から逃げ延びてこの地に暮らしました。

都を思い出しこの地で、美女達の沐浴を眺めながら、自らを癒したのかもしれません。

 

さて...遺跡等を眺めながら、ここまでの疲労がどっと出て思わず「飴ちゃん」を頬張っていると...

DSC_0634

お兄さん方が熱い視線で見つめていました!

 

思わずこちらの国の皆さんの強い眼力(めぢから)にタジタジしつつ欲しいのかな?

と思いおどおどと飴を差し出すととっても喜んで食べてくれましたw

 

調子にのって「日本の飴ですよ!」と伝えると、嬉しそうに頬張りました。

 

聞くとこの地の整備をしている作業者の皆さんという事でした。...みんな疲れていたんだね!(・∀・)

image1

 

 

 

王の椅子から左側後方の部分

丁度復旧の作業が行われていました。


上の写真の皆さんもこの作業に

関わっているのだとか...

image

 


「やってみる!?」

と言われ...

 

そのまま強制労働(嘘)へ!

image2

 

 


私たちの労働参加でスタッフの人たちも
やる気が出たのか、ノリノリになって来ました!

 

 
image1

 

「はーい!」


手を上げてやる気をアピールする

ローカルのスタッフ。

 

超良い笑顔です(笑)

 

 

 

 DSC_0644
DSC_0645

さっさと仕事!仕事!

えっさ...ほいさ...えっさ...ほいさ...

 

image3 DSC_0667


さて他にも分かりづらい見所等をちょっと紹介
↑の写真は、

ミラーウォールから上に上がる階段の途中で見える

エレファントロック。
森の中に象の背中のように見えます♪

 
こちらはコブラ岩。
コブラが丁度頭を空にもたげているような趣。
コブラの彫刻だったのか、偶然の産物なのかは

...不明...(未確認)

image3 DSC_0510

↑のような色の違う場所は、
古代の絵画が認められた場所なのだそうです。
かつてこのシギリアには石窟寺院もいくつかありましたが、
こうした絵画(ヌードの女性)は修行の邪魔として、
削られたのだそうです。
残っているものに関しては

こうして修復等をしているそうです。

私が、気になった絵画↑
これ左の人服を着ています...。
こうして服を来た人が絵画として残っているとう
事はかつては服を着る文化だったのだろうなー

と思いました。

 

他のガイドさんの話ですが...

カッサパ王はこの地に諸外国から600人もの美女を連れて来て、上から女性を見渡せる場所から、その日の相手を決めて指名をしていたのだそうです。

私は未確認だったのですが、フレスコ画には明らかにアフリカ系を思わせる女性像も描かれているそうです。

シギリアの女性の装飾等を見ても分かりますが、かつてのこの地に華やかな文化があった事は事実のようです!!

 

※次回からは...

引き続き「文化三角地帯」をめぐる冒険として、ご紹介していきます!

↓驚きの巨大遺跡群!

DSC_0002 (2)

--------------------------------------------------------------------------------------

▼お知らせ
■シーギリア方面を日本から来た友人と旅して来た記録を「旅スケ 」に掲載しました。
徐々に充実させて行きますのでこちらもチェキラベイビー (*^-゜)bグッ!

◆スリランカ中央高地が8番目の世界遺産に選ばれました。「スリランカの中央高地が世界遺産に認定

◆「NY Times」の2010年に訪れるべき国「The 31 Places to Go in 2010 」でスリランカが一番に選ばれました。
◆スリランカー⇔成田便が2011年5月をメドに増便予定⇒トラベルビジョンニュース

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2010年11月26日
« 前の記事「【文化三角地帯探訪】その4シギリアのてっぺんには何があるのか」へ
»次の記事「スリランカとタイの繋がり」 へ
コロンボ特派員 新着記事
8月1日観光入国再開に向けた「ガイドライン」を基に、徹底解説します!(2020年6月12日現在)
2020年8月1日よりスリランカの観光入国再開予定
スリランカ渡航情報「8月から観光客向けに空港を再開する提案」(2020年5月27日現在)
5月17日(日)TBSテレビ「世界遺産」にシーギリヤロックが登場。旅に行けない今TVやネットで楽しもう!
アフターコロナ時代。新しい取り組みスリランカから「アーユルヴェーダのオンライン講座」
ロッダウン中ですが2020年4月13、14日は、スリランカのお正月です。
スリランカ政府は、2020年3月18日深夜より31日まで、航空機の着陸を許可しないと発表しました
更新【スリランカ】新型コロナウイルス関連最新情報 2020年3月14日現在

スリランカ ツアー最安値


2020/7/9更新

アジア 航空券情報


スリランカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スリランカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コロンボ特派員

    コロンボ特派員
    つぼや まき
    2010年よりスリランカ・コロンボ在住。卒業後外航客船のCAを経験後、国内ISPの経営企画室で広報⇒外資系IT企業の日本法人社長室で広報・PR⇒道路インフラ系企業の経営企画室でIRを担当。現在はスリランカで日本企業と現地のマッチング及びコンサルタントを経験しつつ、欧州文化色濃いディープスリランカを探索中。趣味はTwitterと写真♪ご連絡はこちら。スリランカのショップ情報等はこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集