海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > コロンボ特派員ブログ > 【文化三角地帯探訪】その4シギリアのてっぺんには何...

スリランカ/コロンボ特派員ブログ 旧特派員 つぼや まき

スリランカ・コロンボ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年11月22日

【文化三角地帯探訪】その4シギリアのてっぺんには何があるのか


【文化三角地帯探訪】その4シギリアのてっぺんには何があるのか

 

さて連続でお送りしております文化三角地帯探訪の旅でありますが...(連載の途中経過は以下の通り...)

その1:https://tokuhain.arukikata.co.jp/colombo/2010/10/post_1.html

その2:https://tokuhain.arukikata.co.jp/colombo/2010/11/post_6.html

その3:https://tokuhain.arukikata.co.jp/colombo/2010/11/post_21.html

 

引き続き最後の難関「ライオンの前足」から上の部分をレポします!

DSC_0560

写真)シギリアロック最後の難関ライオンの手の入り口。

このライオンの前足の上部分にかつてライオンの石像があったそうです!(スフィンクスのような感じ?)

さてアングルを変えて最後の難関をライオンの前足(8合目とか9合目くらい!)から見上げたところ...。
写真の下部の白丸の部分がライオンの前足です。
この足の大きさで上にライオンの像があったという事はかなりの大きさだった事が伺われます。

シギリア
このライオンの前足の右側にスリランカ人が写っています。スリランカ人の身長は日本以上に多種多様で高低差が大きいのですが(混血が非常に進んでいるからだそうです...)。。。 だいたい私がこちらで暮らしているイメージでは、160Cm~175Cm程度の人が多いので、それを適用しています。 ライオンの足がいかに大きいのかがこの画像でお分かりいただけるかと思います!!

加えて上のこの最後の難関を登る所でありますが、これ60度位ありません?

しかも此処の階段は、日本の避難用の階段みたいに下の部分が抜けているので、足下の恐怖はかなりのものです。

切り立った崖の側面を登って行くので、風も強く、帽子やスカート、高所恐怖症の方は要注意!

でも頑張って登ると15分~20分位で上には到着します!ので、ちょっとだけ我慢して登る事をお勧めいたします。

DSC_0568 DSC_0569

下から眺める階段の様子!
結構急なのがこれで分かってもらえると思います!

階段の下が丸見えなので、上から登っていても結構怖いです...

しかも手すりは腰の高さ...。

(此処をビーチサンダルで登る人がいますが...靴が無難です!)

 
ひやひやしながら、とにかく登り続ける事15分くらい...

膝の震えが普段の運動不足によるものなのか、それとも恐怖によるものなのか自分でも何だかわからなくなって来ます...

(途中で手すりの手を離して両手で撮影をするのが恐ろしく...登る途中の写真がほとんどなくてすいません(´・ω・`)ションボリ...)

DSC_0609


そして到着したてっぺ~~ん!

見下ろすと最初に通って来た噴水等のある一番下の参道が良く見えました!

思わず歌いそうになりました!
(曲は想像にお任せします...
コメントに書いてくれたらうれしいです(笑))

さて、きょろきょろとシギリアのてっぺん(この言葉良いですね♪)を探していた私は

突然の雄叫び「がおおおおお~!」

に驚きました...


「なに!なに!」と驚いて見渡すと...

DSC_0588

シギリア02  

イギリス人のおばさんが完全登頂勝利を祝って吠えていましたwww

でも...
その時私は見逃しませんでしたよぉ!

「あ!」(私)
「あっちですよ!」(ガイド)

(見事にハモル私達の声w ここまでの道のりですっかりナカマ( ^▽^)从(^▽^ )に!)
で何かと言うとこれ↓

 

シギリア03

別にイギリス人のおばさんと競争してた訳ではありませんが...
何となく先にあの石の上に乗りたい気持ちになった私でしたwwww


DSC_0604


という訳で...

勿論急いでてっぺんへ!

登頂おめでとう!

(*'∇')/゜・:*【祝】*:・゜\('∇'*)

DSC_0600

 

 

 


一緒に行った友人とは...

「きゃいーんw」

という事で無事シギリアのてっぺんがどうなっているのかをお届けいたしましたが...
色々もっと見所があるので、もう少しだけ次回へ続きます!


※さて次回は...


(悪い事して強制労働中???な私達w)

DSC_0641


--------------------------------------------------------------------------------------

▼お知らせ
■シーギリア方面を日本から来た友人と旅して来た記録を「旅スケ 」に掲載しました。
徐々に充実させて行きますのでこちらもチェキラベイビー (*^-゜)bグッ!

◆スリランカ中央高地が8番目の世界遺産に選ばれました。「スリランカの中央高地が世界遺産に認定

◆「NY Times」の2010年に訪れるべき国「The 31 Places to Go in 2010 」でスリランカが一番に選ばれました。
◆スリランカー⇔成田便が2011年5月をメドに増便予定⇒トラベルビジョンニュース


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2010年11月22日
« 前の記事「【文化三角地帯探訪】その3シギリアロックのてっぺんには何があるのか?」へ
»次の記事「【文化三角地帯探訪】その5シギリア最終:シギリアロックのてっぺんには何があるのか?」 へ
コロンボ特派員 新着記事
8月1日観光入国再開に向けた「ガイドライン」を基に、徹底解説します!(2020年6月12日現在)
2020年8月1日よりスリランカの観光入国再開予定
スリランカ渡航情報「8月から観光客向けに空港を再開する提案」(2020年5月27日現在)
5月17日(日)TBSテレビ「世界遺産」にシーギリヤロックが登場。旅に行けない今TVやネットで楽しもう!
アフターコロナ時代。新しい取り組みスリランカから「アーユルヴェーダのオンライン講座」
ロッダウン中ですが2020年4月13、14日は、スリランカのお正月です。
スリランカ政府は、2020年3月18日深夜より31日まで、航空機の着陸を許可しないと発表しました
更新【スリランカ】新型コロナウイルス関連最新情報 2020年3月14日現在

スリランカ ツアー最安値


2020/7/9更新

アジア 航空券情報


スリランカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スリランカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コロンボ特派員

    コロンボ特派員
    つぼや まき
    2010年よりスリランカ・コロンボ在住。卒業後外航客船のCAを経験後、国内ISPの経営企画室で広報⇒外資系IT企業の日本法人社長室で広報・PR⇒道路インフラ系企業の経営企画室でIRを担当。現在はスリランカで日本企業と現地のマッチング及びコンサルタントを経験しつつ、欧州文化色濃いディープスリランカを探索中。趣味はTwitterと写真♪ご連絡はこちら。スリランカのショップ情報等はこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集