海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > コロンボ特派員ブログ > バラピティア(Balapitiya)マードゥガンガ...

スリランカ/コロンボ特派員ブログ 旧特派員 つぼや まき

スリランカ・コロンボ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年3月 4日

バラピティア(Balapitiya)マードゥガンガ(Maduganga)湖のボートサファリを体験して来ました!:その1


バラピティア(Balapitiya)マードゥガンガ(Maduganga)湖のボートサファリを体験して来ま...


 スリランカの現地で「経済開発」の仕事をしながら、頑張っている日本人女性から、
バラピティア(Balapitiya)のボートサファリ が結構素敵ですよ!遊びに来ませんか?」
との誘いを頂いたので、早速お伺いして来ました!

▼旅スケに今回の日帰り旅行のスケジュール等を掲載しました!!
●日帰りバラピティア(Balapitiya)のボートサファリ→こちら

●この湖を尋ねる時は「マードゥガンガ(Maduganga)湖」へ行きたいと言うとローカルの人は分かりやすいようです。

今回気軽に声をかけてくれた石王さんは若い外国人女性がひとりで暮らして行くのはなかなか大変でもあるこの国で、ローカルの人達の為に「経済開発」の仕事に携わっている頑張り屋さんです。

具体的には「日本語教育を通し、観光サービスの充実と雇用の確保」を確立したり「現地の女性達に裁縫等を通した技術を伝達し、それを販売する事による収入の確保」等。(すいません少し違うかもしれまえん素人が聞きかじってまとめてみました)

そうした具体的な指導から、プランニング等までに関わるているようでした。
 今回お誘いをくれた石王さん。
もちろん英語・シンハラ語共にベラベラです♪♪
(了解を得て写真を撮影させてもらいました。)
 
 
ベラペティアの町に入ってすぐの所にある橋のたもとには色々なボート屋さんが立ち並んでいました。
このボート屋さんは水上カフェ併設のようです(笑)
此処で今回のボートサファリに使用するボートを調達しました。
ベラペティアにはマグ・ガンガ(Madu Ganga)という大きな湖があります。一部が海に繋がるこの湖には海からの恩恵もあり、多用な動物が暮らす上に大小からなる80個程度の島々があり、そこには色々な生活を営むスリランカ人や、自然が手付かずのまま残されています。
 
 さて船の交渉も終わりいよいよ出発!と思ったら、いきなり、ボートに乗ったとたんに大きなイグアナに遭遇しました(ラッキ!?)水に沈んでしまっているので少し分かりづらいのですが、2メートル程もある大きなイグアナでした。

この辺りは海と湖の交わる場所でもあり、小魚や小エビカニ等が収穫出来ます。イグアナ達も小さな魚を上手に捕まえて食べているのでしたw
 
 イグアナを見学して程なく急に船長さんが舵を右に切りました。
こんな所へ入って行けるのか心配になりますが・・・・
 ・・・・中は木漏れ日の美しい木で出来上がった緑の回廊のようになっていました。

思ったよりも綺麗に澄んだ水面をのぞくと、小さな子魚や小エビが生活している様子が見えます。以前にこうした木の根本等は動物達の"すみか"として大変重要で、水を綺麗にする作用もあると聞いた事があります。

木によって、太陽が遮られて梢を渡る風は水に冷やされるのか空気がひんやりとしています。
Boatsafari07.jpg
 木の枝々で作られた緑のトンネルを抜けると猿を釣れた少年のボートが近づいて来ました。
ボートを寄せて猿を見せてくれました。
Boatsafari08.jpg
 聞くとこの猿はまだ子供との事で、とって大人しく抱かれています。

猿の種類等は分からないのですが、少年に懐いていて、すぐに戻りたがるのが印象的でした。

こうした少年達はこうやってお小遣いを稼いでいます。やはり此処でも少しだけ心付けを渡します
さてここから今回のボートサファリからの風景です。
Boatsafari09.jpg  途中にあった鉄橋。昔みた映画「スタンド・バイ・ミー」で少年達がこんな橋をわたっていたのを思い出します。
   
Boatsafari10.jpg  エビ漁をする現地のおじさん。
赤いTシャツが粋であります♪
この立っている棒の所にエビを引っ掛ける罠が仕掛けてあります。
   
Boatsafari11.jpg  前からは白人の観光客を載せたボートがやってきました。
日本人を含む東アジアの観光客は私たち以外には全く見かけませんでした。
   
Boatsafari12.jpg  エビ漁の仕掛けの様子。(全容)
このように手作りの罠を掛けて此処へ引っかかってくるエビを捕ります。
それにしても広がる空と緑のコントラストが美しかったです。
整備された観光地ももちろん素敵ですが、まだ未整備で手付かずの自然が沢山残っているこうした場所にはなかなかクチコミでしかこれないので、今回は大変楽しませてもらっています。

写真が皆さんに全てご紹介しきれませんでしたのでこのレポートもう少し続きます(笑)

--------------------------------------------------------------------------------------


▼スリランカの旅スケはこちら
●日帰りバラピティア(Balapitiya)のボートサファリ→こちら
●スリランカの世界遺産を満喫する旅→こちら

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2011年3月 4日
« 前の記事「【BAWAをめぐる冒険】ベントタ(Bentota)の先にあるラグジュアーリゾートホテル・ヘリタンス・アフ...」へ
»次の記事「シナモンの作り方見学:バラペティア(Balapitiya)マードゥガンガ(Maduganga)湖のボート...」 へ
おすすめ記事
コロンボ特派員 新着記事
11月16日は大統領選挙です(一部注意喚起)
コロンボにあるスーパー土産物屋「LAKARCADE」
コロンボでスパイスに疲れたら2! 天ぷら「四季泉」
祝、直行便復活! スリランカ航空成田線、10月29日よりコロンボ直行に変更
コロンボでスパイスに疲れたら! ベトナム「Pho Vietnam」
コロンボに新たなランドマーク「ロータスタワー」オープン!
【ご注意】VISAは無料にはなりましたが、VISAの取得は必要です!
スリランカ最大の「キャンディーのペラヘラ祭り!」
1年前の同じ月に投稿された記事
コロンボで気軽に現地食に挑戦できる店「Raja Bojun」

スリランカ ツアー最安値


2019/11/15更新

アジア 航空券情報


スリランカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スリランカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コロンボ特派員

    コロンボ特派員
    つぼや まき
    2010年よりスリランカ・コロンボ在住。卒業後外航客船のCAを経験後、国内ISPの経営企画室で広報⇒外資系IT企業の日本法人社長室で広報・PR⇒道路インフラ系企業の経営企画室でIRを担当。現在はスリランカで日本企業と現地のマッチング及びコンサルタントを経験しつつ、欧州文化色濃いディープスリランカを探索中。趣味はTwitterと写真♪ご連絡はこちら。スリランカのショップ情報等はこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集