海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > コロンボ特派員ブログ > 【BAWAをめぐる冒険】ベントタ(Bentota)...

スリランカ/コロンボ特派員ブログ 旧特派員 つぼや まき

スリランカ・コロンボ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年3月 3日

【BAWAをめぐる冒険】ベントタ(Bentota)の先にあるラグジュアーリゾートホテル・ヘリタンス・アフンガッラ(Heritance Hotel Ahungalla)


【BAWAをめぐる冒険】ベントタ(Bentota)の先にあるラグジュアーリゾートホテル・ヘリタンス・アフ...

今回はヘリタンスホテル(Hotel Heritance Ahungalla)をご紹介します。

ホテル・ヘリタンス・アフンガッラの象徴的な海を眺めるプールサイド椅子。
それぞれが反対側から、向いに向かって座るデザインになっています。
プールから海までが借景のように水で満ちている空間でした。


☆今回のあらまし。。。。
スリランカ在住で現地で「経済開発」の支援をしている日本人の女性から、
バラピティア(Balapitiya)のボートサファリ を見に来ませんか?

というお誘いをうけ、デイ・トリップに出かけました。
本日はその時にランチの寄ったヘリタンスホテルのご紹介です。

☆バラピティアへの旅行スケジュールを「旅スケ」に掲載しています→バラピティアのボートサファリ

ホテルヘリタンスの入り口 とにかく広い大きいの一言です。

ヘリタンスホテルで有名なのは、「カンダマラ」ホテルですが、今回は南側にあるアフンガッラのヘリタンスホテルでランチをいただきましたのでこちらでご紹介です。

☆カンダマラホテルはGeoffrey・BAWAの建築として非常に世界的に高名なホテルです。

ウェルカムのおしぼりをサービスしてくれたスタッフ。

カンダマラホテルと同様に、アフンガッラにあるこのヘリタンスも、スリランカが生んだ天才建築家であるジェフリー・バワ によって建築された建物の一つです。




レストランスタッフの面々。美味しいカレーをいただきました。


1994年まで使用されていたエレベーター。
津波の影響で動かなくなったとの事ですが、今も綺麗に磨かれていました。

前回の「ブルーウオータホテル」の取材の時にも、書きましたがバワは内装等のデザイン等にも非常に凝った建築家のひとりで、こうした廊下等のスペースにもソファースペースがさりげなく設けられていて、空間を色々な視点、色々な使い方で楽しむ事が出来るようになっています。

このホテルでは、室内を見たいとリクエストしてみたところ、部屋を案内してくれました。これはスタンダートダブルの部屋。

こちらはデラックスルーム。
スタンダードダブルと変わらないかしら?と思いましたが、部屋が2倍!

デラックスルームの続き間。庭に面した大きな窓から明るい光が差し込んでいて、雰囲気がとっても良かったです。

部屋から部屋へと移動する途中にある廊下等も「森に沈むホテル」のカンダマラの精神が息づいているのか、沢山の緑がすぐそばにあり、冷えた濃い緑から発せられる新鮮な空気が満ち満ちていました。

廊下のところどころが外と繋がっていて、こうやって植物を育てていました。この壁もいつか、また緑の滝のように全て蔦に覆われてしまうのかもしれません。♪♪

そして、はい!お待ちかね。こちらが、スーイートルーム。部屋の片隅にはテニスコートを眺める事が出来るカフェスペースがありました。

Heritance22.jpg

こちらがスイートルームのソファーコーナー♪♪ 美しい海に沈むSun Setを眺めながら、このソファーでゴロゴロしたいものです!

こちらが、スイートのベットルーム。

こちらがバスルーム。こんなジャグジー日本でもそうそう見た事がありません!さすがスイートルームです。こちらは英国の有名なミュージシャンの名前が付いたスイーツルームでした。

ジャグジーから何が見えるのか、湯船に入って確認してみました。ちょっと光が強くて写真が上手く撮れなかったのですが、扉を開けてお風呂に浸かれば、今の奥にある庭向きの窓から、いっぱいの光が入ってきましたw

Heritance24.jpg

ところどころに隠された建築的技術は素晴らしいものでした。
ちょっと歩いていただけなので、全てのディティールに気づく事は出来ませんでしたが、こうしたところどころにある小さな仕掛けには驚かされます。 

ここは目隠し用に作られている多分フタッフルームへの廊下です。

Heritance25.jpg

これ扉にしないで互い違いの壁を置く事で風の流れを止めずに、外からは中の様子が目隠し出来るように考えられています。しかもこの壁の上の部分が斜めである事で、より風を大きく受け入れられるような趣向になっていると思われます(個人的な意見ですがwww)

ちょっと工夫するだけで色々な部分で快適を保てるようになっています。
もしかするとかなりのエコ建築と考えられます。
(☆元々スリランカは電力供給がなかなか追いつかないので、自然のエネルギーや風の流れを利用して、涼を保つ努力を大変している国です。)

さてさて、最後になりましたが、これが有名な椅子。
近くで眺めると、こんなデザインだったのですね♪


■ホテル・ヘリタンス・アフンガッラ
----------------------
所在地:Thalpitiya, Wadduwa 12560, Sri Lanka
電話 :+94 38 223 5067
ホテル・ヘリタンス・アフンガッラのHPはこちら
---------------------


▼今回お届けしたジェフリー・バワ(Geoffrey・BAWA)のホテルに関する記事は以下の通り
 ■ザ・ブルー・ウォーター・ホテル
 ■ギャラリー・カフェ


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2011年3月 3日
« 前の記事「【BAWAをめぐる冒険】コロンボにほど近い巨大リゾートホテル【ブルー・ウォータホテル:The Blue ...」へ
»次の記事「バラピティア(Balapitiya)マードゥガンガ(Maduganga)湖のボートサファリを体験して来ま...」 へ
おすすめ記事
コロンボ特派員 新着記事
巨大ショッピングモール「One Galle Face」が新オープン!
11月16日は大統領選挙です(一部注意喚起)
コロンボにあるスーパー土産物屋「LAKARCADE」
コロンボでスパイスに疲れたら2! 天ぷら「四季泉」
祝、直行便復活! スリランカ航空成田線、10月29日よりコロンボ直行に変更
コロンボでスパイスに疲れたら! ベトナム「Pho Vietnam」
コロンボに新たなランドマーク「ロータスタワー」オープン!
【ご注意】VISAは無料にはなりましたが、VISAの取得は必要です!
1年前の同じ月に投稿された記事
コロンボで気軽に現地食に挑戦できる店「Raja Bojun」

スリランカ ツアー最安値


2019/11/19更新

アジア 航空券情報


スリランカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スリランカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コロンボ特派員

    コロンボ特派員
    つぼや まき
    2010年よりスリランカ・コロンボ在住。卒業後外航客船のCAを経験後、国内ISPの経営企画室で広報⇒外資系IT企業の日本法人社長室で広報・PR⇒道路インフラ系企業の経営企画室でIRを担当。現在はスリランカで日本企業と現地のマッチング及びコンサルタントを経験しつつ、欧州文化色濃いディープスリランカを探索中。趣味はTwitterと写真♪ご連絡はこちら。スリランカのショップ情報等はこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集