海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > コロンボ特派員ブログ > 世界的に有名なスリランカ人童話作家:シビル・ウエッ...

スリランカ/コロンボ特派員ブログ 旧特派員 つぼや まき

スリランカ・コロンボ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年6月 6日

世界的に有名なスリランカ人童話作家:シビル・ウエッタシンハさんの出版記念パーティ


世界的に有名なスリランカ人童話作家:シビル・ウエッタシンハさんの出版記念パーティ



※「わたしの中の子ども」の書評はこちら
 去る5月23日にスリランカを代表する世界的児童文学家である「シビル・ウエッタシンハ」の日本語版の新刊発表会がコロンボにて行われました!
加工用.jpg
 【写真】今回出版記念パーティが行われた新刊「わたしのなかの子ども」
 雰囲気を出して木陰で撮影してみました♪
 
 「シビル・ウエッタシンハ」さんは日本でも「かさどろぼう」やねこの国へのお客様」等の本を紹介される児童文学作家さんです。



 今回日本語版として出されたのは作者であるシビルさんの自伝的作品である「Child in Me」という作品です。

当日は83歳になるシビルさん自身と、日本からスリランカを訪問中でこのたび同書を翻訳した翻訳家の松岡亮子さんが英語でお話をされ、会場には絵本の原画も展示されました。
 
 スリランカに関しては観光資源が実に豊富な事もあり、色々な切り口で色々な報道がされています。

でももし貴方がスリランカにはすでに1回は訪れていて、そしてスリランカにハマっていて、もう少し深いスリランカの情報に興味があるなら、今回の本を読まれる事をオススメします。

この書籍はスリランカでの"シビル"さんご自身の子供の頃の生活を中心に描かれており、話の中にはスリランカ伝統のお祭りや新年の様子が出て来ます。

それらが子供特有の繊細かつおおらかな視線で纏め上げられていますのでスリランカの伝統や文化が、生活等を見たり、参加して感じる以上の"言葉にならない部分"が伝わってくる素晴らしい内容です。
 
 【作者紹介】
 1928年、スリランカの都市ゴール郊外にある村、ギントタに生まれる。

6歳のとき、教育を受けるため、両親とともにコロンボに移住。その後、独学で絵の勉強を始め、15歳の時から本などに挿絵を描くようになる。

17歳の時、地元の新聞社で働きはじめ、主に子ども向けの記事やコラムをイラスト入りで執筆すると同時に次々と作品を発表。

それらの多くは、スリランカにおける絵本のイラストレーションに大きな影響を与えている。



邦訳絵本には、『きつねのホイティ』『ねこのくにのおきゃくさま』(以上福音館書店)、『かさどろぼう』(徳間書店)、『にげだしたひげ』(木城えほんの郷)などがある。『かさどろぼう』は、第3回野間国際絵本原画コンクールの入賞作品であり、アメリカ、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、中国でも出版されている。
 
 またシビルさんは、日本人である馬場繁子さんがスリランカに設立した「スランガニ基金 」の理事も務められています。
 「スランガニ基金 」とは

スランガニ基金はスリランカの子どもたちの学びの環境を整えるお手伝いをしている小さなNGOです。

活動のはじまりは、代表の馬場繁子('87年当時は青年海外協力隊:幼児教育)が、任地以外の実情を知るために、低所得者層の住むぺーリヤゴダ地区を訪問したとき、子供たちに家屋の一部を開放し、無料で読み書きを教えていた先生に出会ったのがきっかけでした。この人がスランガニ・ルピカ・ラナシンハさんです。スランガニ基金はこの小さな学校の支援からスタートしました。

スリランカの教育分野へは、内外の支援活動が活発におこなわれていますが、地域により情報や支援による貧富の差が生まれています。スランガニ基金は支援の少ない、情報の入りにくい地方のプレスクールを中心に活動しています。


スランガニ基金の活動の様子
 
 ■スランガニ基金の「東北地方太平洋沖地震」への義援金活動等
 ・募金活動
 ・援助物資活動
 ・募金活動その2


▼スリランカの旅スケはこちら
●日帰りバラピティア(Balapitiya)のボートサファリ→こちら
●スリランカの世界遺産を満喫する旅→こちら

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2011年6月 6日
« 前の記事「六本木でスリランカ投資セミナーにゲストスピーカーで参加します!」へ
»次の記事「【Bawaをめぐる冒険】スリランカの天才建築家が創り上げた楽園の庭>Lunuganga(ル...」 へ
コロンボ特派員 新着記事
8月1日観光入国再開に向けた「ガイドライン」を基に、徹底解説します!(2020年6月12日現在)
2020年8月1日よりスリランカの観光入国再開予定
スリランカ渡航情報「8月から観光客向けに空港を再開する提案」(2020年5月27日現在)
5月17日(日)TBSテレビ「世界遺産」にシーギリヤロックが登場。旅に行けない今TVやネットで楽しもう!
アフターコロナ時代。新しい取り組みスリランカから「アーユルヴェーダのオンライン講座」
ロッダウン中ですが2020年4月13、14日は、スリランカのお正月です。
スリランカ政府は、2020年3月18日深夜より31日まで、航空機の着陸を許可しないと発表しました
更新【スリランカ】新型コロナウイルス関連最新情報 2020年3月14日現在
1年前の同じ月に投稿された記事
スリランカでワールドカップを観戦するとどんな感じなのか?
スリランカの南端には一体何があるのか?その1

スリランカ ツアー最安値


2020/7/6更新

アジア 航空券情報


スリランカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スリランカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コロンボ特派員

    コロンボ特派員
    つぼや まき
    2010年よりスリランカ・コロンボ在住。卒業後外航客船のCAを経験後、国内ISPの経営企画室で広報⇒外資系IT企業の日本法人社長室で広報・PR⇒道路インフラ系企業の経営企画室でIRを担当。現在はスリランカで日本企業と現地のマッチング及びコンサルタントを経験しつつ、欧州文化色濃いディープスリランカを探索中。趣味はTwitterと写真♪ご連絡はこちら。スリランカのショップ情報等はこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集