海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > コロンボ特派員ブログ > スリランカdeゴルフ

スリランカ/コロンボ特派員ブログ 旧特派員 つぼや まき

スリランカ・コロンボ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2011年11月20日

スリランカdeゴルフ


スリランカdeゴルフ


 スリランカは英連邦 (コモンウェールズ・英国連邦ともいう)の国である事は皆さんもご存知だと思いますが、この英連邦ではやはりイギリス由来のスポーツ等が結構盛んです。

という訳で、今回ご紹介するのは英国といえば紳士!紳士といえばゴルフ!という事で、紳士のスポーツとして有名な「ゴルフ」であります。
 ■関連記事:スリランカdeゴルフの打ちっぱなし練習
 
Golf01.jpg
 【写真】平坦なコースのロイヤルコロンボゴルフクラブ
 
スリランカには実は3箇所のゴルフ場があります。
1)コロンボ
2)キャンディ
3)ヌワラエリア

コロンボ以外は、山岳エリアになりますので、コースも勿論山岳コースに!

しかし、常夏のスリランカではありますが、キャンディ/ヌワラエリアの山岳コースはかなり涼しく快適にゴルフが出来ると聞いた事があります(私はまだコロンボ以外ではプレイした事が無いのです。)



 さて今回挑戦するのはコロンボ市内にある「ロイヤルコロンボゴルフクラブ 」です。
ロイヤルコロンボゴルフクラブは、130年の歴史あるゴルフコース(1879年築)で、アジアでは2番目の歴史を持つゴルフクラブです。1番古いのはどうもインドのカルカッタ(1829年築)では無いかと思われます。(独自調査による)

※もしアジアで1番歴史のあるゴルフコース名をご存知の方居ましたら是非教えて下さい!
 
 【写真】クラブの入り口の様子
 
 このゴルフコースなんとコロンボ市内から車でも10分程度。9時スタートの場合、8時半頃に出ても全然間に合う訳です!
 
 植民地時代にイギリスからの入植者により建設された「ロイヤルコロンボロイヤルゴルフクラブ」ですが、此処のメンバーになる事で(会員権40~50万円前後)、世界の名門コース(ロイヤルチャーターコース)を回れる権利が得られる特典付きです!。
 
 他のロイヤルチャーターコース(現在61ヶ所)に何処があるかというとゴルフをしない人でもちょっとは聞いた事があるはずの「セントアンドリュース」等がそれに当たります。ゴルフをする人なら、一度はまわってみたい名門コースでもあります!
Golf03.jpg
 【写真】コース内を横切る列車
 
 イギリス特有の、"紳士倶楽部"の文化が受け継がれているこの国で此処のゴルフコースのメンバーシップは、コロンボ倶楽部(コロンボにある紳士倶楽部)に継いで由緒のある倶楽部として機能しており、メンバーシップはそのままSri Lankaに於ける紳士録に近い人たちの社交場としても機能しています。
 
 コースは完全な徒歩でのラウンドで、会員以外は必ずキャディが必要です。
 
 ・プレイフィー:6000ルピー程度
・キャディフィー:500ルピー程度その他にチップ(500~1,000)
・手引きカートのレンタルフィーがさらに加算(500ルピー程度)
※プレイフィー等はこちらから確認してください→ロイヤルコロンボゴルフ倶楽部:ビジターページ
 
 しかもこのロイヤルコロンボゴルフクラブ! コース内に道路や線路が走っています!
 
Golf04.jpg
 【写真】バンカー横を駆け抜ける列車
 
 そもそもクラブに入ってくる道路がコースを横切っていますので、車でクラブへ入るのにも待たされる事もあります。(プレイして打っている最中)
 
Golf08.jpg
 【写真】電車が来るのでプレイを止める係の人(右側の赤い服の人)
 
勿論列車が走っている間もプレイは中止です。しかし、それじゃあ列車が来た事を告げる踏切か警報機等があるのかと思っていたら、大間違い。 人力作戦で人が「STOP」と書かれたプレートを掲げて、プレイを止めます。
Golf05.jpg
 【写真】線路脇に落ちたボール。
 
Golf06.jpg
 【写真】コース内ウォーターハザード
 
 コース内容は、コロンボが元々湿地帯だった事もありコースもウォーターハザードが若干多めの造りになっています。ただ全体的に広く平坦なので、池にさえ引っかからなければ、結構良いスコアーで回れると思います。

池ポチャすると、Sri Lanka人(キャディでは無い)がどこからともなくやってきて、池の中に入ったボールを拾ってくれるのですが、30ルピー程度の支払い要求されます。
 また、途中池が多い事もあり、ロストボールをまとめて売っているちゃっかりスリランカ人もいますが、2,000Rs程取られますので、日本からボール沢山持って行かれる事をお勧めします。
 
 【写真】コース内に産卵した鳥の様子
 
 またロイヤルコースにふさわしく自然のものは自然のままにというゴルフ精神に則り卵を産卵した鳥等はそのままコース上で温めています。
 つい可愛いので不用意に近づいて行くと雄鳥が激しく向かって来ますので注意。キャディーも恐れて危ない危ないと行ってなかなか近づかせてくれません。写真を取るのも大変でした。
 
Golf09.jpg
【写真】 南国風クラブハウスの様子
 
 ここのクラブハウスは前述したとおり、「紳士倶楽部」としての機能も果たしているので、プレイしなくてもスリランカの富裕層がご飯を食べたりビジネスミーティングに訪れたりしています。

プレイの際は日本の夏場同様水の補給を忘れずに行なって下さい。水は倶楽部ハウスでも買えますが、大きなルピーで支払うとお釣りが無いとかカードは使えないとか色々言われます(スタッフがお釣りを欲しいので言う事もあるそうです。)ので、ゴルフに行く前に水は町のスーパー等で買って用意していく事をお勧めします。
 
 また、土日はゴルフ好きの「日本人」「韓国人」が団体でプレイに来ている事も多いです。

ただ日本とは違って結構おおらかなので、当日ふらっと行って今から廻りたいと行っても回らせてくれる事が多いです。

 ■ロイヤルコロンボゴルフ倶楽部
・住所:223, Model Farm Road Colombo 08 Sri Lanka
・電話:+94-1126-95431
・FAX:+94 1126-87592
・施設
 ・Cafe' on the 8th
 ・Guv'nors Bar
 ・Coffee Shop
 ・Function Room
 ・Pro Shop
 ・Locker room
 ・Fitness Centre

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦
2011年11月20日
« 前の記事「スリランカ観光産業のポテンシャル」へ
»次の記事「スリランカにナノキャブ登場!」 へ
コロンボ特派員 新着記事
8月1日観光入国再開に向けた「ガイドライン」を基に、徹底解説します!(2020年6月12日現在)
2020年8月1日よりスリランカの観光入国再開予定
スリランカ渡航情報「8月から観光客向けに空港を再開する提案」(2020年5月27日現在)
5月17日(日)TBSテレビ「世界遺産」にシーギリヤロックが登場。旅に行けない今TVやネットで楽しもう!
アフターコロナ時代。新しい取り組みスリランカから「アーユルヴェーダのオンライン講座」
ロッダウン中ですが2020年4月13、14日は、スリランカのお正月です。
スリランカ政府は、2020年3月18日深夜より31日まで、航空機の着陸を許可しないと発表しました
更新【スリランカ】新型コロナウイルス関連最新情報 2020年3月14日現在
1年前の同じ月に投稿された記事
【文化三角地帯探訪】その5シギリア最終:シギリアロックのてっぺんには何があるのか?
【文化三角地帯探訪】その4シギリアのてっぺんには何があるのか
【文化三角地帯探訪】その3シギリアロックのてっぺんには何があるのか?
【文化三角地帯探訪】その2シギリアロックのてっぺんには何があるのか?

スリランカ ツアー最安値


2020/7/9更新

アジア 航空券情報


スリランカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スリランカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コロンボ特派員

    コロンボ特派員
    つぼや まき
    2010年よりスリランカ・コロンボ在住。卒業後外航客船のCAを経験後、国内ISPの経営企画室で広報⇒外資系IT企業の日本法人社長室で広報・PR⇒道路インフラ系企業の経営企画室でIRを担当。現在はスリランカで日本企業と現地のマッチング及びコンサルタントを経験しつつ、欧州文化色濃いディープスリランカを探索中。趣味はTwitterと写真♪ご連絡はこちら。スリランカのショップ情報等はこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集