海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > コロンボ特派員ブログ > スリランカのカルペティアでカイトサーフィンを見てみ...

スリランカ/コロンボ特派員ブログ 旧特派員 つぼや まき

スリランカ・コロンボ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年7月11日

スリランカのカルペティアでカイトサーフィンを見てみる


スリランカのカルペティアでカイトサーフィンを見てみる

 現在観光開発の進むカルペティアでありますが(詳細はこちら :リンク先スリランカ政府観光局のWEB)以前からカイト・サーフィンのメッカとして、コロンボにビジネスで訪れる外国人が良く行っているらしいとう話は聞いていたのですが、とうとう訪れる機会に恵まれましたので、今日はそのレポートを。
カルペティア31.jpg  
 カルペティアのまだ何にも無い浜辺を歩くツアー客。白人の旅行客とおぼしき人達が結構いました。
 ※写真はカルペティアを歩く欧米人のサーファー・ガールの皆さんw


 今回のディ・トリップは、レッドブル主催の「カイトサーフィン」の大会があるという事で、それを見学に行くべく、決行されたものでした。現在スリランカ政府一押しの観光開発が進んでいる場所という事もあって、出発前から気持ちは高まります。
 カルペティア02.jpg
 コロンボを抜けて長く続く市街地を通ってカルペティアに向かいます。。。
コロンボを抜けて2時間弱のところで、窓の外には何もなくなりました・・・^^;
 
 カルペティア04.jpg
 途中の街の様子。
スリランカはとても面白いところで、沿道沿いにずっと小さい街が続い得ていて、途切れる事が無いような感じなのですが、さすがにカルペティアに行く途中では上記のような何も無い場所があり、その先に街がぽつん、ぽつんと点在するような感じになってきます。
 
 カルペティア06.jpg
 こちらは途中でトイレ休憩をしたレストラン。外国人が通るとき使うのかトイレのクオリティはボチボチでありました。紙もあり、鍵もかかり、水も流れる水洗トイレだったので、また行くときはここでトイレ休憩をしようと思いました。
 
 カルペティア11.jpg
 こちらカルペティアの港の様子。大会の場所がわからず(HPにはカルペティア・ラグーンとだけ書かれており・・)ウロウロしてたどりついて聞いてまわりますが、誰も大会の事を知らない様子・・・・^^;
大丈夫か心配になります・・・。
 
 カルペティア15.jpg
 再び車に乗り込みこうした「風光明媚」な場所をどんどん走ります。
しかし道が舗装はされていますが、メンテナンスがされていない為、すっごい凸凹道です。日本の舗装道路がどれだけクオリティが高いのかを実感しました。

以前コンクリートの最も大きな敵は左右に引っ張られる力と紫外線と聞いた事がありますが、スリランカは紫外線が強いので、劣化も激しいのだろうと思いますが、道路を敷いた後にそれをメンテナンスするという所までまだ行き届いていないのだろうと思います。

雇用の促進にもなるので、こうゆう部分を国が事業化して外国に協力してもらいながら国内で半官半民の会社を運営すればいいのにとなんとなく思いました。

こんなに綺麗な景色の場所だったら、観光客呼べると思うのですけれどもね・・・w
 
カルペティア18.jpg
 最後の最後は道なき道を通り、浜辺をスタック覚悟でハイエースで爆走(?)し、やっと会場に!!!
カイトサーフィンやってましたwww
 
カルペティア30.jpg
 しかし・・・カルペティア見事にまだなーんにもありません^^;
これから政府がオランダの観光開発会社と組んで開発をすすめるようなのですが、まだ時間がかかるのかもしれません。湾は風が強い時期でも波が静かなので、サーフィンには向いていませんが、カイトサーフィンにはうってつけなのかも!
 
カルペティア34.jpg
 レッドブルのテント(?)も立っていました。カイトってこんなでっかいのをボードに乗ったまま操るスポーツだったんですねー^^;すごいwww しっかし日陰がありません・・・。
 
カルペティア70.jpg
 ひろ~い広大な砂浜には簡易小屋が3件程立っていました。
ここではカイトサーフィンの教室もやっているようで、その他にBBQ等のランチ等が取れるようでしたが、とにかく本当に歩いて行ける範囲には何にもありません。

私達は幸いにも行き掛けにビールを持って来てくれた人がいたので、お陰でビールを飲む事が出来たのですが(クーラーボックス入りのひえひえでした!持って来てくれた人ありがとー!)水分の補給をしないと倒れちゃうかも・・・。

ちなみに数件立っているこうした小屋の下のスペースは人でみっしりでありました。日陰が他にないので、みんなこうゆう所に集まってひしめいていましたw

今回行ってみて、観光開発されて、他のリゾートのようになって欲しいような(利便的に)なって欲しくないような複雑なきもちになりました。本当に何にもありませんが、こんな場所あんまり無いとも思いますので、上手にこの素晴らしい自然を保持したまま観光開発が行われて欲しいなとなんとなく思った 今回の旅行でした。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー スポーツ・観戦 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2012年7月11日
« 前の記事「スリランカでいただける"くだもの":ランブータン」へ
»次の記事「スリランカでいただく立ち飲み紅茶♪」 へ
コロンボ特派員 新着記事
8月1日観光入国再開に向けた「ガイドライン」を基に、徹底解説します!(2020年6月12日現在)
2020年8月1日よりスリランカの観光入国再開予定
スリランカ渡航情報「8月から観光客向けに空港を再開する提案」(2020年5月27日現在)
5月17日(日)TBSテレビ「世界遺産」にシーギリヤロックが登場。旅に行けない今TVやネットで楽しもう!
アフターコロナ時代。新しい取り組みスリランカから「アーユルヴェーダのオンライン講座」
ロッダウン中ですが2020年4月13、14日は、スリランカのお正月です。
スリランカ政府は、2020年3月18日深夜より31日まで、航空機の着陸を許可しないと発表しました
更新【スリランカ】新型コロナウイルス関連最新情報 2020年3月14日現在
1年前の同じ月に投稿された記事
日本でいただくスリランカの味「スリランカ家庭料理を食べる会」にお呼ばれしました。
【携帯事情】スリランカの携帯会社
スリランカ、旅客フェリー再開:モーニングスター [ 新興国情報 より]
Sri Lanka政府観光局主催の祈りの会「ボーディ・プージャのお祈り」がカルタラの寺院で行われました。

スリランカ ツアー最安値


2020/7/9更新

アジア 航空券情報


スリランカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スリランカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コロンボ特派員

    コロンボ特派員
    つぼや まき
    2010年よりスリランカ・コロンボ在住。卒業後外航客船のCAを経験後、国内ISPの経営企画室で広報⇒外資系IT企業の日本法人社長室で広報・PR⇒道路インフラ系企業の経営企画室でIRを担当。現在はスリランカで日本企業と現地のマッチング及びコンサルタントを経験しつつ、欧州文化色濃いディープスリランカを探索中。趣味はTwitterと写真♪ご連絡はこちら。スリランカのショップ情報等はこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集