海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > コロンボ特派員ブログ > スリランカの動物園:ピンナワラ象の孤児院

スリランカ/コロンボ特派員ブログ 旧特派員 つぼや まき

スリランカ・コロンボ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年8月14日

スリランカの動物園:ピンナワラ象の孤児院


スリランカの動物園:ピンナワラ象の孤児院

 8月1日から今週末迄の間に実は2回に渡りコロンボからキャンディーを抜けてヌワラエリア方面へと色々旅行に行ってきました。(※この旅のようすは次回から連載でお伝えします^^)

その時に「ゾウの孤児院 」と呼ばれるピンナワラ(キャンディからおよそ30kmにあるケーガッラという地域郊外のピンナワラ)という場所にあるゾウの保護施設に立ち寄ったので、今回はそのレポートです。
Elephant11.jpg
この象の孤児院は,1975年に政府間管轄でスタートしたそうで、迷子になったり密猟によって親をなくしたりした子象などを中心に保護していて、現在では100頭弱のゾウがいるのだとか・・・。

 河原で水浴びをするゾウ達。

ここには100頭弱のゾウがいるのだそうですが、群がちゃんとあって、一度に全部を水浴びさせる事はできないのだそうです・・・。

別の群同士をあわせると喧嘩になってしまうのだとか・・・。
 ※写真は「ピンナワラゾウの孤児院 」のゾウ達が道路を渡って川で水浴びをしているようす。


Elephant01.jpg
 今回の旅行はコロンボ発ではなく「ニゴンボ発」でありました。(※この旅のようすは次回から連載でお伝えします^^)
ニゴンボを早朝8時頃に出発して、昼前くらに到着したのが・・・・ここ!
ピンナワラのゾウの孤児院・・・・。
 
Elephant02.jpg
 ぼうっとする頭を無理やり起こして言われるままに川べりへ出ると・・・・・!
ゾウの群が水浴びをしているようすに出会えます。
 
Elephant04.jpg
 白人の人達もゾウが大好きのようで、みなさん"われさき"にと近づいて写真を取ったりしています。子供たちも興奮したようすで、ゾウを眺めます。
 
Elephant03-02.jpg
 しかし、この時私が一番気になったのが・・・このゾウ使いさん!
ゾウの上でのんびりしていましたwww
うらやましい・・・やってみたいwww
 
Elephant05.jpg
 水浴びが終了すると今度は、ゾウが孤児院の方へ戻っていきます。
この風景も壮観です! ゾウは大人のゾウの間に子供を入れて守るように歩いていました。

そしてその風景を周囲で見守る人だかりの凄いこと!
スリランカの人はとってもゾウが好きなようで大変楽しそうでありました。
 
Elephant06.jpg
 さて、孤児院へと移動すると・・・・ゾウが放し飼いになっていました・・・・。
それぞれ森の中で生活するのと同様に各々草をはんでいました。
なんだかのんびりしています。

この他にゾウにミルクをあげたり、目を打たれて見えなくなってしまったゾウが保護されている一角などもありました。
とにかくゾウだらけwww

※ここでは子象(4歳以下)に、1日5回のミルクが与えられますが、その様子を見学したりミルクをあげる事ができました。
 
Elephant07.jpg
 今回一緒に旅行をまわってくれた「リヒニ」さん。
スリランカ人美人さんで、行く先々で若い男子が振り向きましたwww

※リヒ二さんは東京の青山でお仕事をしている、素敵女子ですw
 
Elephant08.jpg
 リヒニさんもゾウが全然こわくないようで・・・・ゾウに餌をあげていましたw
大人しいのですが、口の中に手を入れたりはやっぱり怖いなーと遠くから眺めていましたが、彼女は始終ゾウにふれたり、鼻をなでたりして、ゾウを可愛がっていましたw
 
Elephant12.jpg
 私はゾウも良いけどこっちも!
とランチタイムに突入です・・・。
 
Elephant10.jpg
 写真はカレーのブッフェ♪
真ん中に御飯を入れて、その周囲にカレーやら野菜やらを盛るって食べるのがスリランカ風であります。個人的にはカレーの辛さをライムで味付けた野菜を混ぜ、御飯も混ぜとにかく良く混ぜていただくのが好きです。

てっぺんに乗っている「パパダン」(スリランカ風揚げせんべい?)を細かく砕いて御飯に混ぜると香ばしさがより深くなり美味しくいただけます^^

※しかし・・・ほとんどのレストランが「ブッフェ」形式で出ている料理もほぼ一緒という状態の旅行でありました・・・。
 
Elephant09.jpg
 こちらのレストランは湖畔にあって、先程ゾウが水浴びをしていた場所まで見渡せました。

スリランカカレーをいただきながら、暑さと強い日差しから少しだけ逃れて冷たい炭酸をいただくと、ふっと自分が今遠いアジアの島国にいることを実感します。

この国の人達にとってゾウは神聖な生き物のようで皆さんほんとうに楽しそうでした。
現在このピンナワラゾウの孤児院のすぐ隣には、政府が新しい動物園の建築に着工していました。
 (8月のお題"動物園・水族館")

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2012年8月14日
« 前の記事「スリランカにあるコロンボ近郊の水族館と動物園 その2」へ
»次の記事「スリランカのペラへラ祭りを見に行ってみる!その1」 へ
コロンボ特派員 新着記事
2021年1月21日、スリランカ観光入国再開!
キャンディーのペラへラ祭り、2020年はウェブライブで観ることができます!
スリランカ入国再開時期は?続報
8月1日観光入国再開に向けた「ガイドライン」を基に、徹底解説します!(2020年6月12日現在)
2020年8月1日よりスリランカの観光入国再開予定
スリランカ渡航情報「8月から観光客向けに空港を再開する提案」(2020年5月27日現在)
5月17日(日)TBSテレビ「世界遺産」にシーギリヤロックが登場。旅に行けない今TVやネットで楽しもう!
アフターコロナ時代。新しい取り組みスリランカから「アーユルヴェーダのオンライン講座」
1年前の同じ月に投稿された記事
CNN.co.jp:6年ぶりに非常事態を解除 スリランカ
アマンリゾーツの"コンシェルジュ"がスリランカのコロンボにありました!
地球の歩き方が注目する世界遺産にスリランカが掲載されました!
最終回【Bawaをめぐる冒険】スリランカの天才建築家が創り上げた楽園の庭Lunuganga(ルヌガンガ)その5
【Bawaをめぐる冒険】スリランカの天才建築家が創り上げた楽園の庭Lunuganga(ルヌガンガ)その4

スリランカ ツアー最安値


2021/3/31更新

アジア 航空券情報


スリランカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スリランカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントウズベキスタン/ナマンガンカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2中国/香港3台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コロンボ特派員

    コロンボ特派員
    つぼや まき
    2010年よりスリランカ・コロンボ在住。卒業後外航客船のCAを経験後、国内ISPの経営企画室で広報⇒外資系IT企業の日本法人社長室で広報・PR⇒道路インフラ系企業の経営企画室でIRを担当。現在はスリランカで日本企業と現地のマッチング及びコンサルタントを経験しつつ、欧州文化色濃いディープスリランカを探索中。趣味はTwitterと写真♪ご連絡はこちら。スリランカのショップ情報等はこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集