海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > コロンボ特派員ブログ > スリランカのペラへラ祭りを見に行ってみる!その2

スリランカ/コロンボ特派員ブログ 旧特派員 つぼや まき

スリランカ・コロンボ特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年8月17日

スリランカのペラへラ祭りを見に行ってみる!その2


スリランカのペラへラ祭りを見に行ってみる!その2

スリランカのペラハラを見に行くという事でコロンボを出発し、ニゴンボに1泊した私であります。
前回迄の旅のあらましはこちら→スリランカのペラハラを見に行ってみるその1  
ペラヘラ2-01.jpg
 素晴らしい朝を迎えせっかくなので、ニゴンボの街をみましょう!というガイドさん達と一緒に街を見学に・・・いきました♪♪
 写真)ニゴンボのフィッシュ・マーケット


 
ペラヘラ2-02.jpg
 行くには行ったのですが・・・まさか屋外とは思わなかったです・・・^^;
鮮魚を扱うので、屋根などがあったり、まあ冷凍施設などがあるのかな?と考えていましたが、野外の広場でありました。スリランカは電気代が非常に高い事と、表向きは無いのですが、文化の奥深くにカーストが残っていて、漁師の人達はある意味カーストが一番低いのだそうで・・・収入的にも冷凍保存の設備などは賄うのが大変なのかもしれません・・・。
 
ペラヘラ2-03.jpg
 こちら大きい魚を豪快に輪切りにしていたおばさん。
 
ペラヘラ2-04.jpg
 こんな魚も置かれていましたww
これ・・・じんべい鮫の小さいのかなーと一緒に行った人達と盛り上がりました。
 
ペラヘラ2-05.jpg
 こちらはエビなどを扱っている小さめの魚介の露天さん。
しかし貝好きとしては貝などの取り扱いを期待したのですが、スリランカでは貝は敬遠されやすい食材なのだそうで・・・市場には出ていませんでした。
表向きは残っていないカーストも、やはり長年の文化の中で日常化しているものが多く、実は貝などは漁師の人達(=カーストの低い人達)の食べ物として敬遠されやすいのだそうです・・・。
大変勿体無い話だと思いました・・・。貝・・・美味しいのに・・・。
 
ペラヘラ2-06.jpg
 こうした幾つかの出店が野外に並んでいます・・・。一応屋根はありますが・・・朝早いとれたてに買いに来て早めに冷蔵庫に入れるのが得策なようです。こちらの人達はスパイス盛りだくさんで煮込むので、滅菌作用があるからあまり関係無いのかもしれませんが・・・。
 
ペラヘラ2-07.jpg
 さて、マーケットを出るとここは漁師たちが魚を荷揚げする漁港・・・ならぬ・・・砂浜でした。
このニゴンボですが、漁港のようなものはなく、漁師達は砂浜から漁に出ているようでした。漁港などをつくるともって効率が上がるのでは無いかと思いましたが、なんとなく長く続く砂浜を見る限りでは、あまり漁港などを作るのには適した地形では無いのかもしれません。
 
ペラヘラ2-08.jpg
 そしてこちら!
御座のような敷物の上に取って来た魚をバーと広げて干していましたw
結構大きな魚なのですが、かなり無頓着に干されています。

猫とかカラスとかがさらって行かないのかと思う程無防備かつ、適当に並べてありましたw
 
ペラヘラ2-09.jpg
 こちらがその魚。
まさしく干物状態です。イワシに似た魚でした。スリランカでは「鰹」=モルジブフィッシュを干したものをブロックで使います。まさしく荒削り"すぎる"「鰹節」でありますが、日本のような薄くってヒラヒラとした感じのものではなく、四角くて硬いものをそのまま出汁を取るように使います。(煮込み料理なので、それで問題ないのですねw)

この魚は何となく煮干しに似ていたのですが・・・どうやって使うのかな?
 
ペラヘラ2-10.jpg
 という訳で色々見学した後に街を車で流していると・・・・何かお祭りをしていました!
これは聞いたところによるとヒンドゥー教のお祭りだそうで、頭に色々載せてビンドゥ(額の中央に印を付けている)をつけた信者さん達が行列でヒンドゥ寺院へ入っていきました。
 
ペラヘラ2-11.jpg
 写真)魚が沢山あるので、マーケットには猫も来ていました
(ちなみにスリランカの猫はカレーを食べます・・・猫舌なので辛いものは無理なのかと思いましたが、カレー食べるようです^^)
 
 というわけで駆け足でニゴンボの街を視察して、そのままキャンディに向かいます。
ニゴンボの街は正直、空港から近く、食材も豊富な事もあり、大変垢抜けた印象でした。
街は小さめでメインストリートも長くはありませんが、夜でも安全にふらりとBarなどに足をはこべそうな雰囲気です。

また大型のホテルも多く、ホテルが近くに集まっているので、宿泊していないホテルなどのレストランに足を運ぶのも簡単そうです。

ビーチリゾートを楽しみつつ、ホテルの中だけで完結するのではなく少しスリランカの文化や雰囲気に触れたいと考えている人には、ニゴンボは最適な街かもしれないと思いました。
 
 さて、旅はまだまだ続いていきます。
これから一路キャンディを目指して移動です!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2012年8月17日
« 前の記事「スリランカのペラへラ祭りを見に行ってみる!その1」へ
»次の記事「スリランカのペラへラ祭りを見に行ってみるその3」 へ
おすすめ記事
コロンボ特派員 新着記事
巨大ショッピングモール「One Galle Face」が新オープン!
11月16日は大統領選挙です(一部注意喚起)
コロンボにあるスーパー土産物屋「LAKARCADE」
コロンボでスパイスに疲れたら2! 天ぷら「四季泉」
祝、直行便復活! スリランカ航空成田線、10月29日よりコロンボ直行に変更
コロンボでスパイスに疲れたら! ベトナム「Pho Vietnam」
コロンボに新たなランドマーク「ロータスタワー」オープン!
【ご注意】VISAは無料にはなりましたが、VISAの取得は必要です!
1年前の同じ月に投稿された記事
CNN.co.jp:6年ぶりに非常事態を解除 スリランカ
アマンリゾーツの"コンシェルジュ"がスリランカのコロンボにありました!
地球の歩き方が注目する世界遺産にスリランカが掲載されました!
最終回【Bawaをめぐる冒険】スリランカの天才建築家が創り上げた楽園の庭Lunuganga(ルヌガンガ)その5
【Bawaをめぐる冒険】スリランカの天才建築家が創り上げた楽園の庭Lunuganga(ルヌガンガ)その4

スリランカ ツアー最安値


2019/11/19更新

アジア 航空券情報


スリランカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■スリランカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アジア特派員ブログ一覧

インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/ジャカルタ3インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

アジアにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コロンボ特派員

    コロンボ特派員
    つぼや まき
    2010年よりスリランカ・コロンボ在住。卒業後外航客船のCAを経験後、国内ISPの経営企画室で広報⇒外資系IT企業の日本法人社長室で広報・PR⇒道路インフラ系企業の経営企画室でIRを担当。現在はスリランカで日本企業と現地のマッチング及びコンサルタントを経験しつつ、欧州文化色濃いディープスリランカを探索中。趣味はTwitterと写真♪ご連絡はこちら。スリランカのショップ情報等はこちら

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集