海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/コートダジュール特派員ブログ

フランス/コートダジュール特派員ブログ ティエリー

フランス・コートダジュール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

フランスの伝統的なクリスマスで欠かせないSantons サントン。
00-00-01-00.JPG
サントンとはフランス、プロヴァンスで作られる焼き物の人形でキリストの降誕場面を表現してクリスマス時期に飾られます。プロヴァンスで作られる工芸品でもあるサントン人形、昔のプロヴァンスの人々の姿をしたものもあり、伝統的な服装と当時の一般的な生活場面がサントン人形から見えてきます。
00-00-01-01.JPG
フランスでは毎年少しずつ買い足していく家庭も多いです。わが家では新たに橋と小川の空間を造りました。拾って来た木の枝なども利用してよりリアルに造り込んでみました。
00-00-01-02.JPG
夜は暖かな雰囲気に。
00-00-01-05.JPG
サントン人形の中でキリスト降誕を表現している人形はCrèche de Noël クレシュ・ドゥ・ノエルと呼ばれます。1789年にフランス革命の勃発で、教会も富の象徴のひとつとされ、焼かれたり破壊されてしまいます。そのため人々は教会へ行くかわりに家でクレシュ・ドゥ・ノエルを飾り、お祈りをしたのがサントン人形の始まりと言われています。12月に入るころ飾り始めますが、赤ちゃんのイエス様はまだ飾りません。
00-00-01-03.JPG
クリスマス当日まで待ってこのように飾られます。
00-00-01-04.JPG
家族で毎年サントンを飾る時間もクリスマスの楽しみのひとつです。少しずつ集めたり、粘土などで手作りするのもいいかもしれませんね。


2020年11月28日

フランスの良い物を紹介するシリーズ、⑧です。
今回は1954年に南フランス/マルセイユで創業、手帳・文具用品ブランドのQUO VADIS クオバディスです。
00-00-00001.JPG
日本でも人気のQUO VADISクオバディス、愛用している方も多いのではないでしょうか。以前は最もスリムなタイプを使用していましたが、フランスはただいま2度目のロックダウン中、持ち歩きより家で書き込むのを前提として少しだけ横幅が広いタイプを選びました。QUO VADIS クオバディス、2021年の手帳。
00-00-00002.JPG
カバーはブルー、開くと1週間の予定が書き込めるようになっています。スマートフォンなどでスケジュール管理していていまはあまり紙の手帳は使わないという方もいらっしゃいますよね。私はフランスで暮らす前からQUO VADISクオバディスを使用しています。日本でフランス語を始めたばかりの頃は曜日、月の言い方に慣れるのにいいし、単純にフランスの手帳を使うことで自分のモチベーションをあげよう!と思い使い始めました。その頃は毎日、気になった単語や言い回しを書き込んでみたり、苦手な動詞の活用を書き込んだり……。語学学習用のノートは別にあるので、あくまでもフランス語やフランス文化に関して、ふと気になったことを自由に書き込む手帳という用途でした。
地図やメトロのページもあります。アドレスを書き込むページはアルファベット順にページが分かれているのでちょっとした単語帳代わりに利用できます。
00-00-00003.JPG
フランスで暮らすいまはニュースで聞いた新しい単語をメモしたり、フランス料理の新しいレシピを書き込んだり、いつか行きたいところの情報も。自宅で過ごす時間が長くなる状況下、こんな手帳を利用してフランス語など語学学習を始めるのもいいかもしれませんね。本格的にノートをお探しの場合は以前紹介したClairefontaineクレールフォンテーヌのノートがおすすめです。Clairefontaineクレールフォンテーヌについてはこちらから(
https://tokuhain.arukikata.co.jp/cotedazur/2020/01/_clairefontaine.html)いろいろな種類・カラーがあるQUO VADISクオバディス、手帳の紙も白とクリーム色があるのでぜひ自分の一冊を見つけてください。
■QUO VADIS クオバディス
・URL: https://www.quovadis.co.jp/
00-00-00004.JPG


2020年11月21日

フランスの良い物を紹介するシリーズ、⑦です。
今回はフランスのレザーケア用品ブランド、SAPHIR サフィールです。1920年誕生のSAPHIR サフィールはシューズ、レザーのケア用品ブランドとして世界中で販売されている信頼のフランスブランドです。
00-00-0011.JPG
天然原料から作られていて、皮革の保護だけではなく少し擦れて色が剥げてしまったシューズなどの補色ができます。その補色で気になるのが色。私がSAPHIRサフィールのこのクリームをおすすめする理由のひとつは豊富なカラーです。例えば写真のような微妙な色合いのベージュ。このようなニュアンスあるカラーはさすがフランスのブランドです。
00-00-0012.JPG
皮革バッグの底の擦れた部分などにもこまめに塗っています。大切なシューズやバッグなどはいつもいい状態で永く使いたいですね。日本でも売られているので、冬のブーツなど自分でお手入れしてみてはいかがでしょうか。

■SAPHIR サフィール
・URL: http://saphir-jp.com/about/


2020年11月14日
2020年11月 7日
2020年10月31日
2020年10月24日
2020年10月17日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コートダジュール特派員

    コートダジュール特派員
    ティエリー
    南フランス コートダジュールでフランス人の夫と暮らす。海外旅行好きだった私、2泊4日の弾丸ヨーロッパ 旅から5ツ星ホテルゆったりステイまでフランス、イタリア中心にその渡航回数もはや思い出せず?!現在は のんびりゆったりの南フランスライフ満喫中。自宅から徒歩5分で海、その透明度、その美しさに毎回感動。 南フランス、プロヴァンスの暮らすように過ごす旅を応援。人間観察?と料理が得意。 DISQUS ID @disqus_e4rOOyIQJI

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集