海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/コートダジュール特派員ブログ

フランス/コートダジュール特派員ブログ ティエリー

フランス・コートダジュール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

フランスでぜひ味わってほしいのが、バターです。日本で人気の「ÉCHIRÉ エシレ」のバターもおいしいですが、こちらの「Isigny Ste-Mère イズニー・サント・メール」のバターもおすすめです。
21-4-100.JPG
ノルマンディー地方の乳製品ブランド、Isigny イズニーの上質でおいしいバターは世界で愛されています。
昔、パリからモン・サン=ミッシェルまで車で向かったことがあります。ノルマンディーの広大な牧草地を数時間眺めながら「フランスは農業大国」である事を実感しました。ノルマンディー地方の気候の豊かな牧草地を育て、その良質な草を食べながら広大な土地でのびのびしている牛たち。おいしいミルクがうまれる理由です。
朝食のパンに「Isigny ste-mèreイズニー・サント・メール」のバターを塗っていただきます。
21-4-101.JPG
フランスではパンに塗って食べるバターは一般的に「無塩バター」です。有塩バターは料理に使われることが多いです。わが家ではパンも料理もお菓子作りも「無塩バター」を使っています。塩加減は自分で調整できますよね。
日本で有塩バターに慣れていると物足りなく感じるかもしれませんが、フランスのバターは基本的に「発酵バター」です。フランスのバター、その香りのよさと上質さを純粋に味わうには塩味抜きでもおいしい「無塩」を選んでみてください。
21-4-102.JPG
フランスというと高級ブランド、高級フランス料理のイメージがあるかもしれませんが、農業が上質なフランスの食文化を支えてきたのです。本当の意味で上質な生活とは何か、考えさせられますね。
フランスへの旅行が可能になったら、おいしいフランスのバター、ぜひ味わってみてください。

■Isigny ste-mèreイズニー・サント・メール
・URL: https://www.isigny-ste-mere.com/en/

21-4-104.JPG



2021年4月24日

この春からフランス語学習を始めた方も多いと思います。
フランスで、フランス語をフランス語で習った経験がある私ですが、日本人にとってフランス語習得自体、簡単ではありません。同じ学校の日本人生徒で、「先生が書く筆記体が読めない!」という人がいました。ホワイトボードに先生がさらさっと文章を書いて、それについてフランス語で答えるとか授業ではよくありました。その日本人生徒はブロック体で書かれていれば問題ないのですが、筆記体解読?のために時間がかかってしまったり……。確かに日本で英語などを専攻していなければ、英語の筆記体になじむ機会もあまりないかもしれません。しかも、フランス語の筆記体は英語の筆記体と少し違うのです。これはフランス語筆記体を練習するために書店で売られている子供用テキストに倣い、忠実に書かれたものです。
21-4-0000.JPG
英語の筆記体より丸っぽい感じです。これはあくまでもフランス語の伝統的筆記体の一例で、日本人が崩して書く漢字と同じく、フランス人も人や年代によって微妙に違います。子供や若年層は手紙などを手書きする場合、ほぼブロック体に近い形の筆記体で書いたりすることが多いです。年配の方は伝統的な筆記体でクリスマスカードを書いたりしているのを見ます。フランスのある高級レストランではメニューが筆記体でエレガントに書かれていて「まったく読めなかった」という日本人観光客に出会ったことも。
将来フランスに留学したいとか、渡航するならばフランス語の筆記体に慣れておいた方がいいでしょう。
フランス語大文字筆記体「X」はこんな感じ。
21-4-0002.JPG
こちらは大文字の「H」
21-4-0003.JPG
気に入っているノートなどでフランス語筆記体の練習をするのもいいですね。楽しみながらフランス語学習を続けていきましょう。フランスへの旅行が可能になったら書店の子供書籍コーナーで筆記体練習テキストを探してみてください。書き順などもわかりやすく書かれているのでおすすめです。
21-4-0001.JPG


2021年4月17日

LALIQUE ラリックはフランスを代表するガラス工芸ブランドのひとつです。1860年フランスのシャンパーニュ地方で生まれたRené Lalique ルネ・ラリック、アール・ヌーヴォー様式の宝飾デザイナーとして活躍し、宝飾品の素材の一部にガラスを用いていました。その後、香水瓶のデザインを始め、新たに工場を建設して本格的なガラス工芸に乗り出しました。現在もその優雅でロマンティックな作品は世界中で愛されています。今回はLALIQUE ラリックのフレグランスを紹介します。
21-4-000.JPG
春夏にぴったりなLALIQUE WHITE ラリック ホワイト プール オム オードトワレ。男性用ですが、性別関係なく使える香りでおすすめです。シトラス系で柔らかく広がり、清潔感ある香りが特徴です。LALIQUE ラリックのアンティーク、ガラス工芸品は私にとって憧れの存在でした。あるとき、フランスの高級ホテルでLALIQUE ラリックのアメニティが置かれていて、その石鹸の香りにうっとり。それがLALIQUE ラリックのフレグランスを愛用するきっかけです。スプレー式のボトルでふんわりまとうように使います。
21-4-002.JPG
爽やかなで上品な香りは仕事用にも気にならない軽さです。テレワークの気分転換にもいいですね。自分の好きな香り、心地よい香りに包まれて精神的にもリラックスできそうです。LALIQUE ラリックのフレグランス、ぜひ試してみてください。
■LALIQUE ラリック
・URL: https://www.lalique.com/en/catalog/perfumes
21-4-001.JPG


2021年4月10日
2021年4月 3日
2021年3月27日
2021年3月20日
2021年3月13日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コートダジュール特派員

    コートダジュール特派員
    ティエリー
    南フランス コートダジュールでフランス人の夫と暮らす。海外旅行好きだった私、2泊4日の弾丸ヨーロッパ 旅から5ツ星ホテルゆったりステイまでフランス、イタリア中心にその渡航回数もはや思い出せず?!現在は のんびりゆったりの南フランスライフ満喫中。自宅から徒歩5分で海、その透明度、その美しさに毎回感動。 南フランス、プロヴァンスの暮らすように過ごす旅を応援。人間観察?と料理が得意。 DISQUS ID @disqus_e4rOOyIQJI

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集