海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > フランス/コートダジュール特派員ブログ

フランス/コートダジュール特派員ブログ ティエリー

フランス・コートダジュール特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

フランス語学習で避けて通れない「動詞の活用」。
単語も動詞の活用も参考書をパラパラっと見ただけで覚えられる人がいたら羨ましい!!と思っている私でも挫折しなかった動詞の活用の覚え方を紹介します。
21-10-101.JPG


■フランス語動詞の全体像を把握する


フランス語を始めるとすぐ出てくる être,avoir,faire,allerなど重要な動詞はなぜか不規則な活用をする動詞で、いきなり暗記することになります。しかも、時制がたくさんあるとわかった時点で挫折しそうになるかもしれません。しかし、フランス語動詞の多くはer動詞(動詞原形の語尾が-er)と呼ばれる規則動詞です。例外もありますが、不規則な活用でひたすら暗記しなければならない動詞はフランス語動詞全体の一部だけ、ということです。このように考えると少し気が楽になりますね。やみくもに覚える前に、フランス語動詞の全体像、今回のブログでも紹介する規則動詞のパターンを見てみましょう。
 

■覚える時制・活用に優先順位をつけて覚える


日常会話で主に使われる時制・活用は、

直接法現在
直接法複合過去
直接法単純未来
直接法半過去
条件法現在
接続法現在
命令法


覚える時制・活用の優先順位は


1. 直接法現在と命令法は同時に覚える

2. 直接法複合過去

3. 直接法半過去

4. 直接法単純未来

5. 条件法現在

6. 接続法現在


日常会話で使用する頻度と、その後の学習をわかりやすくすることを目的とするならば、上記の順に覚えていくのがおすすめです。
全部の時制を完璧に覚えてから会話に挑戦するよりも、優先順位の高い時制から覚えて「覚えた時制から実際に話して使う」ことで定着率をあげます。
入門レベルであれば、1、2、3の活用だけで簡単な会話は可能です。簡単な会話ができたら、次は言いたいことをよりうまく言えるように使える時制を増やしていけばよいわけです。上記以外の時制は徐々に肉付けしていくように覚えましょう。
 


■規則動詞は〈簡単活用表〉で覚える


動詞は3つに分類されます。
第1群 規則動詞→ er動詞(動詞原形の語尾が-erで終わるもの)
第2群 規則動詞→ ir動詞(動詞原形の語尾が-irで終わるもの)
第3群 不規則動詞→ 動詞原形の語尾が -ir、-oir、-re で終わり不規則な活用をするもの


たくさんある時制・活用。例外もありますが、先ずは規則動詞の活用から覚えます。これは私が実際に使っていた簡単活用表です。

〈使い方〉
er動詞の場合 chanterから語尾 er を取り除く→ chant → 主語je → 表の語尾eで活用 → Je chante.
ir動詞の場合 finirから語尾 ir を取り除く→ fin → 主語elle → 表の語尾itで活用 → Elle finit.
21-10-392.JPG

ほかの時制と共通する活用部分に色付けしてあります。ほかの時制と関連付けて覚えます。
活用を忘れてしまっても、この簡単活用表のイメージが頭に残っていると思い出しやすいです。
この簡単活用表はあくまでも私自身が覚えやすいと思う関連付けで作ったものですが、ほかにも違う関連付けがあると思うので、自分だけのオリジナル活用表を作ってみるのもいいですね。

途方もない数の動詞活用をそれぞれ暗記しようとすると挫折してしまうことがあります。
規則動詞の各時制を関連付けて把握すると、不規則動詞も覚えやすくなります。
不規則動詞の活用については、あらためて別の回で紹介したいと思います。
21-10-301.JPG

  


2021年10月16日

フランス語で「 fille 」は女の子、少女、娘(息子に対して)などの意味です。男の子、少年、息子は 「 garçon 」ですね。
21-10-00.JPG

フランスに来て間もない頃、図書館に入るとボランティア活動グループらしき団体が、玄関ホールで男性グループと女性グループに分かれて活動の準備をしていました。しばらくすると男性グループのひとりが女性グループに向かって、「 Les filles ! 」と言いました。その女性グループは明らかに全員年配者だったので 「 Les filles ?! 」と少し驚いたことがあります。後日、カフェにいるとき、4人の年配女性が隣のテーブルでおしゃべりしていました。そこへひとりの女性が「 Les filles ! Ça fait longtemps !!(みんな ! 久しぶり!! )」と言いながら4人の女性と話し始めたのです。どうやら5人で待ち合わせをして、ひとり遅れて来たようです。そこでようやく「 Les filles!(みんな!)」の使い方がわかりました。


フランスでは、呼びかけの 「 Les filles ! 」は小さい女の子たち(複数)や少女たち(複数)に向かって使うだけではなく、親しい間柄、身内で使う呼びかけで年齢は関係ありません! 同じように親しい間柄の男性たち(複数)に向かっての呼びかけは年齢に関係なく「 Les garçons!」と言ったりします。フォーマルな場面や、上下関係を意識しなければならない集まりなどでは 「 Mesdames(Madame の複数形)」「Messieurs (Monsieur の複数形)」と言いましょう。


「 Madame 」と「 Mademoiselle 」はどのように使い分けるのでしょうか?「 Madame 」は既婚女性、結婚はしていなくても既婚相当の年齢の女性、年齢に関わらず男性に伴われた女性に対する敬称です。「Mademoiselle 」は未婚女性の敬称と言われていましたが、今日のフランスでは未婚でも成人女性には「 Madame 」が好まれます。カップルとして暮らす、子供を育てる、既婚・未婚にこだわらず社会制度が整っているフランスです。
21-10-01.JPG


2021年10月 9日

フランス語で「分ける」という意味の動詞として séparer / diviser / partager がよく使われます。
この3つの動詞、どのように使い分けるのでしょうか?
2021-9-400.JPG

séparer → 「複数あるものを、それぞれに分ける」 →分離する、 切り離す
diviser →「ひとつのものを、分ける」→ 割る
partager →「ひとつのものを、分ける」→ 分け合う、シェアする
 

■「séparer」は男性と女性に分ける、卵の黄身と白身を分ける、親と子供を分ける、のように複数あるものを要素・部分などでそれぞれに「分離する、切り離す」意味。
例 Le professeur sépare les filles et les garçons.その教師は女子と男子を分ける。

■「diviser」は誕生日ケーキを5等分する、政党内は意見が割れている、のようにひとつのものを「割る」意味。
例 Ma mère divise le gâteau d’anniversaire en 5 personnes.私の母は誕生日ケーキを5人に分ける。
 
■「partager」はひとつのリンゴを分け合って食べる、写真を仲間で共有する、のように「分け合う、シェアする」の意味。
例 Elle partage une pomme avec son frère.彼女は弟とひとつのリンゴを分け合う。


「分ける」という3つの動詞、まったく意味合いが違います。和仏辞典から調べて最初に出てきた単語をそのまま使ったらまったく意味が違った、ということはよくあります。その単語を使った例文を仏和辞典も使ってよく確認しましょう。
2021-9-401.JPG


2021年10月 2日
2021年9月25日
2021年9月23日
2021年9月18日
2021年9月11日
⇒すべての記事を見る

フランス旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■フランスの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • コートダジュール特派員

    コートダジュール特派員
    ティエリー
    南フランス コートダジュールでフランス人の夫と暮らす。海外旅行好きだった私、2泊4日の弾丸ヨーロッパ 旅から5ツ星ホテルゆったりステイまでフランス、イタリア中心にその渡航回数もはや思い出せず?!現在は のんびりゆったりの南フランスライフ満喫中。自宅から徒歩5分で海、その透明度、その美しさに毎回感動。 南フランス、プロヴァンスの暮らすように過ごす旅を応援。人間観察?と料理が得意。 DISQUS ID @disqus_e4rOOyIQJI

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集