海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > クスコ特派員ブログ > マチュピチュ近辺の自然を楽しむならマンドルの滝へ

ペルー/クスコ特派員ブログ 藤本 Jorge 亮治

ペルー・クスコ特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年6月13日

マチュピチュ近辺の自然を楽しむならマンドルの滝へ


マチュピチュ近辺の自然を楽しむならマンドルの滝へ

マチュピチュはアンデス山脈上にありますが、ジャングルにもほど近い場所にあります。ですから、マチュピチュの近くには熱帯の動植物が数多く生息しています。しかし、マチュピチュの遺跡自体は山の上にあり、その標高のためそれほど熱帯の動植物を見ることはできません。もし、マチュピチュ村(アグアスカリエンテス)にもう一泊予定を割くことができるなら、お勧めしたいハイキングスポットがあります。それはマンドルの滝です。
0301.JPG

マチュピチュ村から線路沿いに西の方向に徒歩で1時間ほどの距離にマンドルの滝はあります。線路はウルバンバ川と並走しているため、道中はずっと水音がしています。上り下りはほとんどないので、1時間の徒歩もさして苦にはなりません。

マンドルの滝は私有地の公園で入場は有料です。外国籍の旅行者は10 Solesを支払い、ゲートの鍵を開けてもらって入場します。
0302.JPG
0303.JPG

入り口付近は熱帯植物が植えてある、簡素な植物園となっています。バナナの木もありました。

0304.JPG

植物園を過ぎると、3つある滝に向かう自然の公園となります。小川が公園内を流れています。湿気があり、ジャングルらしいうっそうと植物が茂る森を抜けていきます。

0305.JPG

途中、小さい蝶が群生していました。

0306.JPG


最初の細く長い滝です。奥の方の木々には色鮮やかな鳥が数羽飛び交っていましたが、写真に収めることができませんでした。

0307.JPG

公園の一番奥にある3番目の滝は流れが激しく、離れていても水しぶきが飛んでくるほどでした。
一緒に行ったペルー人の少年たちはビニール合羽をかぶりながら、滝で水遊びをそれはもう楽しんでしました。
0308.JPG

帰り道に見た20cmほどもある巨大なヤスデです。これ以外にも昆虫類と鳥類は色々な種類を目にすることができました。

マチュピチュ村から徒歩で往復合計4時間ほどで、気軽にジャングルの雰囲気を感じるハイキングができます。
木陰と小川で爽やかにリフレッシュされること間違いなしです。

もし、アグアスカリエンテス村で時間があるなら、足を運んでみてはいかがでしょうか。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2016年6月13日
« 前の記事「マチュピチュってどうしてそんなに人気なの?」へ
»次の記事「有名シェフがプロデュースするグルメ・バーガー店Papacho's」 へ
クスコ特派員 新着記事
チョカフェス2016でクスコ産のチョコとコーヒーを味わった
ペルー国内旅行者向けのレストラン:エミリアーナ
アルマス広場から歩いて行けるクスコの見どころ
ペルーはスーパーフードの宝庫!
旅行前に知っておきたいクスコのトイレ事情
ケチュア民族の成人式「ワラチクイ」に行ってきました
クスコは早めに雨季に突入しそうな予感(9月、10月の天気)
メルヘンチックなカフェ:ラ・バレリアーナ

ペルー ツアー最安値


2020/3/31更新

中南米 航空券情報


ペルー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ペルーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

地球の歩き方Web特派員募集