海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

soil tray.JPG


土を食べる。
ショッキングな表現ですが、調べてみると世界には「土を食べる」という風習が
各地にあるようです。そこにはタンザニアも含まれます。
今回は、ダルエスサラームで入手した7種類の「食べる土」についてレポートします。


【その名は”ウドンゴ”】
私がダルエスサラームの閑静な住宅エリアにある野菜の露店の売り台に太いチョーク
のように成形された土片を見つけたのは数年前。


聞けば、ミネラル源として主に妊婦が食べるものだとのこと。
つまり、タンザニア地元風サプリメント。スワヒリ語では「udongo(ウドンゴ)」、
「土」を意味する言葉です。


珍しい風習を私もいつか体験してみようと思いながら先延ばししていたところ、この度
ふと思い付いて「土サプリ」を口にしてみる行動を起こしてみました。


そうして手に入れたのが上記写真のウドンゴ7種。


ウドンゴは「過去の風習」だったり、「特定の人・地域の話」ではなく、今もタンザ
ニアで広く日常的に摂取されているようで、マーケットにあるウドンゴ専門の露店には
お客が次々と現れては購入していきます。店主女性自身も、長年毎日摂取しているとのこと。


seller table.JPG


妊婦が食べるということで知られていますが、実際には妊婦に限らず年配女性まで広く
食べられているそうです。また、女性だけでなく男性が食べてもよいとのことです。


「土」といっても単に地表の土を集めたものなどではなく、「金を掘るように地中深く
から採取している」そうで、きちんとふるいにかけられ成形されている「加工品」です。


Seller white.JPG


「土を食べる=地面の土を手で取って口に入れている」ようなイメージは正しくありません。


【概要】
手で折れるようなもろいものから、包丁で力をこめて割るような硬いものまで様々。
どれも口に入れるとラムネ菓子のようにホロッと溶けます。
以下、一つずつざっと特徴を記します(実勢レート100タンザニアンシリング=約0.6円)
※ウドンゴに白い斑点が見られるものは、白ウドンゴの粉が付着してしまったためです。


Kigoma rocks.JPG 
キゴマ産。手で欠ける。見た目はゴツゴツしているが、なめらかな口当たり。ほのかな酸味。500シリング。


Kigoma shaped.JPG
キゴマ産。堅い。50シリング。最後に口にキメの粗い粒が残るのは値段なりの品質だからか。酸味はない。


Morogoro standard.JPG 
モロゴロ産。かなり堅いが溶けやすさは他と同じ。50シリング。これも安価なせいか、最後にキメの粗い粒が残る。酸味なし。


Kigoma white.JPG
キゴマ産白いウドンゴ。大人の親指の先ほどの小片4つで200シリングと値段は高め。手で簡単に折れるもろさ。至極なめらかで、クリームのようなコクがある。


Kigoma small.JPG 
キゴマ産。直径1cm弱。手で簡単に折れる。口当たりなめらか。後味にほんのり酸味を感じる。3本で200シリングと値段は高め。


Mwanza long.JPG 
ムワンザ産。直径1.3cm。1本200シリング。手で折れるもろさ。後味にほんのり僅かな酸味を感じる。


Moshi large mass.JPG 
モシ産。堅い。500シリング。酸味はない。


【試食】
<第一日目>

土という「先入観」から、口に含むにはかなりの抵抗があったが恐る恐る試食。
固形ファンデーションを食べているような気分。


ほぼ無臭。これといった味もないが、口に含むと若干の「ひなびた風味」がある。
これらの特徴はどの種類にも共通。


タンザニアの人はそのまま食べるそうだが出来そうもなかったので、紅茶に溶かして飲む。
溶かし入れた紅茶は色や風味が変わるでもなく全くただの紅茶だが、気分的に受け付け難い
ものがある。無理して飲む。


<第二日目>
初日に比べ、やや余裕を持って溶かしたお茶が飲めるようになった。いろいろなタイプを
積極的に選んで味見することが出来た。


<第三日目>
小片をそのまま口に入れる抵抗はだいぶ減った。お茶に溶かす必要性は感じなくなり、
食べるとすればそのまま食べる方が良いと思える。


【現地女性に質問】
ダルエスサラーム在住のタンザニア女性数人に、ウドンゴについて簡単に聞いてみました。


①お手伝いさん(30代、既婚、タンザニア南西部マラウィ国境付近出身)
・1日に3回ほど、親指の先程度の大きさの欠片を食べる。
・ウドンゴは、妊婦はもとより思春期から高齢までの女性が食べる。
・食べる理由は別にない、効能も知らない。
・マラウィでも食べられている。呼び名は(言語が違うので)別。


②中流家庭の女性(40代、既婚、タンザニア北部沿岸のタンガ出身)
・妊娠すると自然に食べたいと思うようになるのだ。自分もかつて妊婦だったときは食べた。
・原料や製造環境が分からず安全が確認出来ないため、食べるべきではないと思う。
自分もその後食べていない。
・ごく稀な話だが、感染症の原因になったケースを知っている。
・効能は知らない。


③中流家庭の女性(30代、未婚、タンザニア北部のアルーシャ出身)
・栄養やミネラル補給に妊婦や女性が食べたりすると聞いてはいる。自分や身内は食べる習慣はない。


以上、タンザニアで広く食べられている「ウドンゴ」という土製品についてのレポートでした。
ローカルマーケットで簡単に手に入ります。
値段が高めのものはもろく、後味にマイルドな酸味が感じられる点が共通しています。


中には「中毒」といえるほど大量に食べる人もおり、効果や理由を知らずに習慣的に食べている
人もいることから、「嗜好品」といった性質があるのかという気もしたのだがどうだろう?



2018年1月13日

wakala.JPG


タンザニアに来たら、国内隅々どこでも目にするのがきっと「Wakala(ワカラ)」の看板です。


日本では、現金以外の支払い方法というと断然クレジットカードですが、タンザニアでは断然、
Mpesaに始まる携帯電話の電子マネーサービスです。


wakala box.JPG


街中にある「Wakala(ワカラ)」とは
至るところで見られる「Wakala(ワカラ)」の看板が出ているところが当サービスの取扱代理店です。
広いスペースは不要、ある程度の元手があれば身一つでできるビジネスとあって、1本の道路に
何件もの取扱店が見つかるほど林立しています。


ローカルマーケットの片隅や道路脇で、小さな机と椅子一つで業務をしている代理店も見られます。


Wakalaの看板を掲げていないとしても、サービス会社のロゴと共に代理店登録番号を記した紙が
店先に貼り出されていれば、「取り扱いアリ」ということ。商店やブティックなどの店先に見ら
れます。


Vodacomが提供している「Mpesa(エムペサ)」は国際的に知られていますが、他の国内通信各社
はどこも同様のサービスを提供しており、現金化の際にかかる手数料に若干の差をつけたりして
差別化を試みています。


Vodacom社:「Mpesa(エムペサ)」
Tigo社:「Tigopesa(ティゴペサ)」
Airtel社:「Airtel Money(エアテルマネー)」
Halotel社:「Halopesa(ハロペサ)」
Zantel社:「Ezy Pesa(イージーペサ)」


pesa(ペサ)とは、タンザニアの国語・スワヒリ語で「money(お金)」のことです。


現金を携帯電話にチャージすると、様々な支払い・送金・現金のやりとりができるという仕組みで、
利用する携帯電話はスマートフォンでなくてもOKです。


screenshot.PNG
(Mpesaトップメニュー画面)


例えば、Mpesaの支払いのメニューには、TV視聴料、BRT(高速バスシステム)の乗車賃チャージ、
税金、保険、年金、学費、寄付などが並び、「Renewable Energy(再生可能エネルギー)」という
項目では太陽エネルギー関連と思われる8つのサービスが提供されていました。


独自の貯金・ローン機能もあり、銀行口座とのやり取りさえ可能です。


街なかには銀行やATMもたくさんありますが、郊外では数も少なく不便です。そもそも、銀行別に
多少の差はあれど、概してタンザニアでは銀行口座を開くにはいくつもの書類が求められ、手続き
が煩雑といった事情もあります。


その点モバイルマネーなら、携帯電話さえあれば送る方はその場で一瞬の内に送金できますし、
受け取る方は近所のWakalaへ出向くだけで現金が手に入るとあって、その便利さは比べ物になり
ません。


そういうこともあって、携帯電話は誰にとっても生活必需品なのです。


筆者が最も便利に使っているサービスは公共料金の支払いです。電気代や水道料金、電話代などを
好きなときに好きなだけ、自宅にいながら払うことができます。


当地では公共料金の支払いは全額一括である必要もなく、最終的に期日までに支払いが済めば
問題ありません。


また、逆に前もって多めに入れておくこともできます。収入が不安定な人でも、コツコツと支払い
やすいというわけです。


※「タンザニアの公共料金ってどうなっているの?」と思ったら、こちらの記事も!
『大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方』 


極小額から送金可能で気軽
最低取り扱い金額わずか7円弱程度(キャンディ1個分)。いかに気軽にモバイルマネー取引が
行われているかお分かりいただけるのではないでしょうか。


日本では友人・知人・家族間での現金貸し借りは稀ですが、タンザニアでは小額の貸し借りは
日常茶飯事。そんなときにも機動性の高いこれらのサービスは欠かせません。もちろん24/7
(24時間年中無休)利用でき、取引一回につき最大日本円で約20万相当までの扱いが可能です
(Tigopesa、Airtel money)。


『レストラン・ホテル・スーパー・ショッピングセンターでの支払いをモバイルマネーで行うと
10%キャッシュバック』といったキャンペーンの案内も定期的にメッセージで届き、プロモー
ションにも余念がありません。


しっかり登録で利用も安心
タンザニアでSIMカードを購入したら、一定期間内に本人確認証を持って利用者登録をしなけれ
ばなりません(未登録電話はまもなく利用不能になります)。


携帯電話で現金のやり取りをするにあたり、各電話番号はきちんと身元確認ができている必要
があるのです。


マネーチャージの方法
サービスを使うには、まず携帯電話にお金をチャージ(入金)する必要があります。


最寄りのWakalaへ行き、自分の携帯電話番号と入金額を告げます。スタッフが手持ちの携帯
電話を操作し情報を打ち込むと、持ち主として登録されている自分の名前が表示されるので
安心です。


操作が完了すると自分の携帯電話に即座に入金完了のメッセージが届き、残高が表示されます。
引き出して現金化するか、モバイルマネーとして使います。


また、いつの頃からか不定期で「利息(faida)」が入金されるようになりました。


筆者は通常の入金と電気料金および携帯電話通話料の支払いだけの利用ですが、Tsh 250~
1000前後(16円~63円相当)が年に数回サービス会社から入ります。
数ヶ月おきの場合もあれば、ひと月に2回入ったときもあるといった具合で、タイミングと
レートは不明です。


モバイルマネーとしての使用方法
各社のサービス番号に電話をかけ(無料)、メニューに沿って操作するのみ。
最後に、登録済みの暗証番号を入力すると取引完了です。


送金方法
携帯電話に入っている残高の範囲であれば、携帯電話の操作だけでいつでも送金が行えます。
相手の携帯電話番号さえあれば即送金完了という手軽さです。


携帯電話会社は同じである必要はなく、会社をまたいだ送金も可能となっています。


現金受け取り方法
受け取りはWakalaへ行き、各Wakalaに固有の代理店番号と金額を自分の携帯電話に入力します。
取引が完了すると、Wakalaから現金を受け取ることができます。


受け取った金額をそのままモバイルマネーとして使う分には受け取りに出向く必要もなく
手数料もかかりませんが、現金化するときだけは、引出し額に応じた手数料が取られます。


そのため、場合によっては送金人は、受取人が現金化するときにかかる手数料分を上乗せして
送るというのが「マナー」となっています。


以上、タンザニアのモバイルマネー環境のイメージは掴んでいただけたでしょうか。


もはや誰にとっても無くてはならないほど暮らしに深く入り込んでいるこれらのサービスは、
アフリカが世界の最先端を行っているといわれています。


メニュー内容もしばしば更新されており、人々のニーズに沿うよう進化し続けているのです。


旅行でタンザニアを訪れた場合でも、当地のSIMを差し込めばすぐに携帯電話でインターネットを
楽しむことが出来ます。接続料の支払いでタンザニアのモバイルマネーサービスを体験できますよ!


2017年12月 1日

photo.JPG


外国に行ったら、最低限覚えておきたいその土地の言葉というものがあります。基本的
な挨拶
や、ある程度までの数の数え方などがその例です。


スワヒリ語の場合、5までの数字を覚えてしまうと曜日も簡単に覚えることが出来てしまいます。


今回は、スワヒリ語による「曜日の名前」と「時間の表し方」にフォーカスします。


数字と関係!?スワヒリ語で表す曜日
一週間を何曜日から始めるかについては、文化や言語などによって違いがありますが、
スワヒリ語では土曜日を週の初日としています。


まずは、スワヒリ語の数字を1から5まで挙げます。
1 Moja(モジャ)
2 Mbili(ンビリ)
3 Tatu(タトゥ)
4 Nne(ンネ)
5 Tano(タノ)


次に、スワヒリ語の一週間を挙げてみましょう。カタカナの後ろのアルファベットは
省略表記です。
土曜日 Jumamoshi(ジュマモシ、J’Msi)
日曜日 Jumapili(ジュマピリ、J’Pili)
月曜日 Jumatatu(ジュマタトゥ、J’Tatu)
火曜日 Jumanne(ジュマンネ、J’Nne)
水曜日 Jumatano(ジュマタノ、J’Tano)
木曜日 Alhamisi(アルハミスィ、Alhm)
金曜日 Ijumaa(イジュマー、Ijum)


「Juma(ジュマ)」が繰り返されているのにお気付きでしょう。「週(week)」にあたる
スワヒリ語です。


さて、土曜日から水曜日までの呼び名の中に、1から5までの数字の音が入っていると
思いませんか? 土曜日が週の初日であることから、土曜日から数字をカウントする形に
なっています。


つまり、「Jumamoshi(月曜)」の「moshi」は「moja(1)」に「Jumapili(火曜)」の
「pili」は「mbili(2)」に通じるし、その後は数字の3、4、5が丸ごと入っています。


そのため、次のような省略表記が可能となります。
土曜日 JM
日曜日 J2
月曜日 J3
火曜日 J4
水曜日 J5
木曜日 AL
金曜日 IJ


曜日の表記に数字が混じっているのは、とても目新しく見えます。
金曜日「Ijumaa」には「集まる」という意味がある通り、イスラム教徒にとって金曜日の
礼拝は特別なものとなっています。


ちなみに、月名は英語の音をスワヒリ語風にした表記になっています(左側)。カッコ内に
記した英語の月名と比べてみてください。


1月 Januari、Mwezi wa kwanza(January)
2月 Februari、Mwezi wa pili(February)
3月 Machi、Mwezi wa tatu(March)
4月 Aprili、Mwezi wa nne(April)
5月 Mei、Mwezi wa tano(May)
6月 Juni、Mwezi wa sita(June)
7月 Julai、Mwezi wa saba(July)
8月 Agosti、Mwezi wa nane(August)
9月 Septemba、Mwezi wa tisa(September)
10月 Oktoba、Mwezi wa kumi(October)
11月 Novemba、Mwezi wa kumi na moja(November)
12月 Desemba、Mwezi wa kumi na mbili(December)


都市部では英語名に準じた左側の言い方で通じますが、地方へ行くと、真ん中に記した
「Mwezi wa」で始まるスワヒリ語式の呼び方でないと通じない場合があります。


「Kwanza」は「一番目(first)」の意味で、以降、スワヒリ語の数字2から12まで
「○番目の月」という呼び方になっています。


「Mwezi」は「月(month)」の意味、空の「月(moon)」も同じ単語です。


スワヒリ時間の数え方
現地の言葉で時間も分かるようになると、さらに便利ですよね。


タンザニアを訪れたら是非体験したいのが、「スワヒリ語で表す時間」です。


というのは、私たちの常識では、新しい一日は夜中0時から始まるところ、スワヒリ語では
夕方6時から一日のカウントが始まるのです。


午後7時から順に1時、2時、3時と数えていきます。
「○時」とスワヒリ語でいうには、「saa(サア)+数字」です。
「saa」は時間を表す単位である他に、「時計」の意味もあります。


タンザニア人がスワヒリ語で「6時(saa sita、サア・スィタ)」というとき、私たちの時計は
12時を指しているはずです。


・Saa moja(1時=私たちにとっての7時)
・Saa kumi(10時=私たちにとっての4時)


かといって、街で目にする時計の文字盤はスワヒリタイムに則った表示になっているわけ
ではありません。私達が見ているのと同じ時計で、針が2時を指していれば換算して「8時だ
(saa nane、サア・ナネ)」というのです。


もし、「スワヒリタイム」に合った文字盤の時計があったら面白いなあと思うなら、
ユニークな雑貨を製作・販売している『AfriCraft』へ行ってみるとよいでしょう。12と6の
位置が逆になったスワヒリ時間式文字盤の時計を手に入れることが出来ます!(タイトル写真参照)


2017年9月19日
2017年8月 8日
2017年7月17日
2017年6月13日
2017年5月22日
⇒すべての記事を見る

タンザニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ダルエスサラーム特派員

    ダルエスサラーム特派員
    西東 たまき
    2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集