海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > タンザニアの郵便事情を覗いてみよう!ダルエスサラー...

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年10月 6日

タンザニアの郵便事情を覗いてみよう!ダルエスサラーム中央郵便局


タンザニアの郵便事情を覗いてみよう!ダルエスサラーム中央郵便局

ダルエスサラームのランドマークの一つ? 新中央郵便局"Posta(ポスタ)"。
大通りに面した正面はバスの発着所になっているので、乗客の他、物売りも多い大変
賑やかなエリアです。


1 corridor.JPG


手頃な価格で国際荷物が送れるEMS専用カウンターはじめ一般的な郵便業務はじめ、
各種支払い、送金、両替、インターネットカフェ等のサービスが一堂に揃っています。


2 inside.JPG


近頃はめっきり使う機会が減ってしまった切手も、ユニークなデザインや美しいものが
手に入るので、是非チェックしてみて頂きたいと思います。
stamp.JPG


stamp piece.jpg


印象的なのは、建物の裏手に向かう長い廊下沿いに、迷路のようにズラリ並ぶ無機質な
私書箱の壁、壁、壁。
3 letterbox.JPG


当地では、郵便物は自宅に届けられるものではなく、任意の郵便局に私書箱を開設して
受け取る仕組みになっています。一般に"Address(住所)"といえば、この私書箱番号
を書きます。


但し、この「住所」では、実際の場所には辿りつけないので、訪問する際はエリア名、
ストリート名、区画番号、△△の近く、◯◯の向かい、などと説明する"Physical Address
(実際の住所)"を説明する必要があります。


ところで、送る・受け取ると言えば、面白いのは国中を巡る長距離バスによる配送サービス
ではないでしょうか。旅客を乗せる普通の長距離バスですが、バススタンドの専用カウンター
で手続きをすると目的のバス停まで、たった一枚の書類から大荷物までをも運んでくれる全国
配送システム。


数百キロ離れた宛先へも同日中に着いてしまいます。
日本で考えられるような郵便配達も宅配サービスもないと思いきや、それを上回る程のスピー
ドでモノを運ぶサービスが、長距離バスという思わぬ手段を利用してちゃんと在るというのは
面白いと思いませんか?
 

さて、話は戻ってポスタ。
建物の裏手には誰でも利用出来る食堂もあり、タンザニア定番料理の軽食・定食が格安で食べ
られます!

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 生活・習慣・マナー 見所・観光・定番スポット 通信・携帯・インターネット
2016年10月 6日
« 前の記事「タンザニア発・新進オーガニックブランド『Matila Organics』」へ
»次の記事「ダルエスサラーム最大のクラフトマーケット「Artisan Market」」 へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    ダルエスの自宅でレストランの味を楽しめる!信頼のデリバリーサービス
    新鮮さ輝くタンザニアの「レア野菜」レポート
    車を持ったら行いたい・タンザニアならではの推奨プロセスとは?
    タンザニアの珍しい農産物がいっぱい!ファーマーズマーケット
    SNSで使える!スワヒリ語で楽しむ省略語
    通の顔して使いたい!スワヒリ語挨拶【上級者編】
    土を食べる?! タンザニアの「土製サプリ」ウドンゴを食す
    アフリカ暮らしに密着・タンザニアのモバイルマネー事情

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      西東 たまき
      2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集