海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > タンザニアの主食

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月14日

タンザニアの主食


タンザニアの主食

前回の記事(タンザニア料理・定番だけじゃない。あまり語られない食材とメニュー) では、
定番以外のタンザニア料理メニューをご紹介しました。


今回は、タンザニアの主食について語りましょう。


地域によってもバラエティがあるようですが、基本的にタンザニアの主食は「米」、
「トウモロコシ(スイートコーンではなく、甘みのない白いもの)」、「キャッサバ」、
「バナナ(青く硬く甘みがないうちに食べるバナナ/プランテーン)」が知られています。


以下、一つずつ解説しましょう。


【米 Wali/ワリ】
日本の米に比べ見た目は細長いですが、タイやインドなどで食されるパラパラ
したバスマティとは違います。味と食感は日本の米と殆ど変わらないので、お寿司にしても
大丈夫です。「新米」に価値は置かれていませんが、年に二回ほどでしょうか、透明感ある
しっとり艶やかなご飯をうっとり楽しめる時期があります。


ちなみに、タンザニアでは、日本のJICA(国際協力機構)による感慨・稲作に関する技術協力が、
なんと1970年代から続けられています。美味しいお米を安定した供給で楽しめるのは、長年に
渡る日本の貢献のお陰かもしれません。


こちらでは米は少々の油と塩を加えて炊きます。
コクが出ますし、冷めても固くなりにくくなります。日本では何も入れず、水だけで炊くと
いうと驚かれます。


お祝いの席には、幾つものスパイスをたっぷり使ったピラウやビリヤニといった米料理が
出て来ますし、豆や野菜を入れて炊き込みご飯にもなります。米粉を使ったお菓子も人気
があります。



【ウガリ Ugali】
お米には塩や油を入れても、ウガリは日本の白飯のように水だけで作ります。


トウモロコシ(スイートコーンではなく、甘みのない白いもの)やキャッサバなどの粉を
熱湯で練り上げたもので、出来立て熱々のウガリはお餅のようにふっくらしてとっても
美味しいものです。


調理法がシンプルなだけに、作る人の腕の良し悪しが味を大きく左右します。


水分と加熱が適切だと滑らかでキメ細かく、ふっくらして大変美味しいですし、不足して
いるものは見た目も食感もボソボソしています。ウガリ嫌いにならないよう、ぜひ美味しい
ものに当たるといいですね!


ウガリにも種類があります。ダルエスサラームでよく見られるものは、


・センベ

精白したトウモロコシから作ったもの。白米のようにクセのない風味で、最も一般的。

・ドナ 

全粒トウモロコシから作ったもの。うっすら茶色がかっています。
玄米同様、栄養分が除かれていないため健康に良いとして、ドナを好んで食べる人も多いです。

・ミホーゴ 

キャッサバの粉で作ったもの。更にモッチリしています。


【キャッサバ Mihogo/ミホーゴ】
見た目は極太のゴボウとでも言いましょうか。太さは手首サイズから腕くらいの
サイズまであり、「こん棒」のようです。
皮を剥くのは大変そうに見えるかもしれませんが、繊維に沿ってナイフで切り目を1本入れる
だけでペロリときれいに剥がすことができます。


粉にしてウガリやウジ(『タンザニア料理・定番だけじゃない。あまり語られない食材とメニュー』参照)
にもなりますが、塩茹でして朝食にしたり、ココナツミルクで煮込んだりして食べます。
いずれもホックリして美味しいものです。

スライスして揚げたキャッサバチップスは、ポテトチップスと並んで人気のスナックです。
ポテトより少し固めですが、吸油が少ないので油っこいのが苦手な人に向いているでしょう。


キャッサバチップス.jpg

(キャッサバチップス)


歩いていると時折、カゴに入れたキャッサバを頭に載せた売り子さんを見かけます。
皮を剥けば生で食べることも出来るのです。シャキシャキしてほんのり甘みがありますよ。
気分転換にちょっとかじってみるのもよいかも知れませんね?


【マギンビ Magimbi】
皮を剥くとサトイモのようにねっとりしていますが、加熱するとホクホクして、
大変キメ細かく滑らかな舌触りが美味しい芋です。
見た目は無骨ですが、中身は白地に可愛らしいピンク色の斑点があります。キャッサバ同様、
塩茹でにしたり、ココナツミルクで煮込んだりします。私の好物です!
マギンビ.jpg
(マギンビ外観)

皮をむいたマギンビ.jpg
(皮をむいたマギンビ)


【バナナ Ndizi/ンディズィ】
日本でお馴染みの甘いバナナもありますが、料理に使うバナナは青く未熟でカチカチに硬い状態
で使います。この段階ではもちろん甘味は一切ないばかりか、顔をしかめるほどの強烈な渋みが
ありますが、加熱すると一転、ホクホクした食感と味はまるでジャガイモのようになります。


バナナは種類も多く、Ndizi ya mkono wa tembo(ンディズィ・ヤ・ムコノ・ワ・テンボ/象の
手のようなバナナという意味。短縮して「テンボ」とも)という面白い名前のバナナは「象」と
いう名の通り大きく、先端が象牙のように細くすぼんでいます。値段も他のバナナに比べ数倍します。


テンボは黄色くなったところを食べますが、身は柔らかくなりません。ちょうど日本のスーパー
で売っている未熟なバナナのようなサッパリした甘味がありますが、渋みが強いのでやはり
そのまま食べるには向かず、加熱調理が必要です。
テンボ.jpg

(テンボ。写真のバナナはどれも長さ40㎝を超えている。太さは大人の手首くらい。倍ほどの
サイズのものもあるという。)


バナナはどの種類でも基本的には、肉と一緒にトマトかココナツベースで煮込んだシチュー仕立てに
なります。
ムシカキ(炭火焼きBBQの肉)を食べるときは、フライドポテトか揚げた又は焼いたバナナが定番の
付け合わせです。バナナチップスも売られています。塩味でサクサク美味しいですよ!

ンディズィ定食.JPG


【チャパティ Chapati】
お茶とともに朝食の定番であり、おかずとともに食事としても食べられます。


タンザニアのチャパティは、以前の記事「ダルエスサラームの朝ごはん」 でもお伝えしたように、
インドのチャパチィとは異なり、油で揚げ焼きされています。独特の成形プロセスを取っている
ため、パイのように層になっているのも特徴です。


主な種類は2つ。


・Chapati ya maji/チャパティ・ヤ・マジ
水で溶いた小麦粉をクレープのように薄く焼いたもので、しっとりしている。


・Chapatti ya sukuma/チャパティ・ヤ・スクマ
よく見かけるのはこちらのタイプ。パイのような層になっており、焼き立ては表面がサクサクして
美味しい。

チャパティセット.JPG

(写真はチャパティ・ヤ・スクマ。円盤型のKitumbwa/キトゥンブワ(米粉のパン)とチャイ(お茶)。
添えられているお茶は、紅茶にさわやかなレモングラスがブレンドされていました。)


これらはどこの食堂でも食べられます。タンザニアに来たらぜひ味を見てくださいね!


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 生活・習慣・マナー
2016年12月14日
« 前の記事「タンザニア料理・定番だけじゃない。あまり語られない食材とメニュー」へ
»次の記事「共通点あり、驚きあり・タンザニアの習慣」 へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    車を持ったら行いたい・タンザニアならではの推奨プロセスとは?
    タンザニアの珍しい農産物がいっぱい!ファーマーズマーケット
    SNSで使える!スワヒリ語で楽しむ省略語
    通の顔して使いたい!スワヒリ語挨拶【上級者編】
    土を食べる?! タンザニアの「土製サプリ」ウドンゴを食す
    アフリカ暮らしに密着・タンザニアのモバイルマネー事情
    タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方
    大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方 
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ねばねばBAMIA料理!

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      西東 たまき
      2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集