海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年9月19日

タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方


メール プリント もっと見る

タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方

photo.JPG


外国に行ったら、最低限覚えておきたいその土地の言葉というものがあります。基本的
な挨拶
や、ある程度までの数の数え方などがその例です。


スワヒリ語の場合、5までの数字を覚えてしまうと曜日も簡単に覚えることが出来てしまいます。


今回は、スワヒリ語による「曜日の名前」と「時間の表し方」にフォーカスします。


数字と関係!?スワヒリ語で表す曜日
一週間を何曜日から始めるかについては、文化や言語などによって違いがありますが、
スワヒリ語では土曜日を週の初日としています。


まずは、スワヒリ語の数字を1から5まで挙げます。
1 Moja(モジャ)
2 Mbili(ンビリ)
3 Tatu(タトゥ)
4 Nne(ンネ)
5 Tano(タノ)


次に、スワヒリ語の一週間を挙げてみましょう。カタカナの後ろのアルファベットは
省略表記です。
土曜日 Jumamoshi(ジュマモシ、J'Msi)
日曜日 Jumapili(ジュマピリ、J'Pili)
月曜日 Jumatatu(ジュマタトゥ、J'Tatu)
火曜日 Jumanne(ジュマンネ、J'Nne)
水曜日 Jumatano(ジュマタノ、J'Tano)
木曜日 Alhamisi(アルハミスィ、Alhm)
金曜日 Ijumaa(イジュマー、Ijum)


「Juma(ジュマ)」が繰り返されているのにお気付きでしょう。「週(week)」にあたる
スワヒリ語です。


さて、土曜日から水曜日までの呼び名の中に、1から5までの数字の音が入っていると
思いませんか? 土曜日が週の初日であることから、土曜日から数字をカウントする形に
なっています。


つまり、「Jumamoshi(月曜)」の「moshi」は「moja(1)」に「Jumapili(火曜)」の
「pili」は「mbili(2)」に通じるし、その後は数字の3、4、5が丸ごと入っています。


そのため、次のような省略表記が可能となります。
土曜日 JM
日曜日 J2
月曜日 J3
火曜日 J4
水曜日 J5
木曜日 AL
金曜日 IJ


曜日の表記に数字が混じっているのは、とても目新しく見えます。
金曜日「Ijumaa」には「集まる」という意味がある通り、イスラム教徒にとって金曜日の
礼拝は特別なものとなっています。


ちなみに、月名は英語の音をスワヒリ語風にした表記になっています(左側)。カッコ内に
記した英語の月名と比べてみてください。


1月 Januari、Mwezi wa kwanza(January)
2月 Februari、Mwezi wa pili(February)
3月 Machi、Mwezi wa tatu(March)
4月 Aprili、Mwezi wa nne(April)
5月 Mei、Mwezi wa tano(May)
6月 Juni、Mwezi wa sita(June)
7月 Julai、Mwezi wa saba(July)
8月 Agosti、Mwezi wa nane(August)
9月 Septemba、Mwezi wa tisa(September)
10月 Oktoba、Mwezi wa kumi(October)
11月 Novemba、Mwezi wa kumi na moja(November)
12月 Desemba、Mwezi wa kumi na mbili(December)


都市部では英語名に準じた左側の言い方で通じますが、地方へ行くと、真ん中に記した
「Mwezi wa」で始まるスワヒリ語式の呼び方でないと通じない場合があります。


「Kwanza」は「一番目(first)」の意味で、以降、スワヒリ語の数字2から12まで
「○番目の月」という呼び方になっています。


「Mwezi」は「月(month)」の意味、空の「月(moon)」も同じ単語です。


スワヒリ時間の数え方
現地の言葉で時間も分かるようになると、さらに便利ですよね。


タンザニアを訪れたら是非体験したいのが、「スワヒリ語で表す時間」です。


というのは、私たちの常識では、新しい一日は夜中0時から始まるところ、スワヒリ語では
夕方6時から一日のカウントが始まるのです。


午後7時から順に1時、2時、3時と数えていきます。
「○時」とスワヒリ語でいうには、「saa(サア)+数字」です。
「saa」は時間を表す単位である他に、「時計」の意味もあります。


タンザニア人がスワヒリ語で「6時(saa sita、サア・スィタ)」というとき、私たちの時計は
12時を指しているはずです。


・Saa moja(1時=私たちにとっての7時)
・Saa kumi(10時=私たちにとっての4時)


かといって、街で目にする時計の文字盤はスワヒリタイムに則った表示になっているわけ
ではありません。私達が見ているのと同じ時計で、針が2時を指していれば換算して「8時だ
(saa nane、サア・ナネ)」というのです。


もし、「スワヒリタイム」に合った文字盤の時計があったら面白いなあと思うなら、
ユニークな雑貨を製作・販売している『AfriCraft』へ行ってみるとよいでしょう。12と6の
位置が逆になったスワヒリ時間式文字盤の時計を手に入れることが出来ます!(タイトル写真参照)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 生活・習慣・マナー
2017年9月19日
« 前の記事「大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方 」へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方
    大公開!ダルエスサラームの公共料金の支払い方 
    種別様々・タンザニアのナンバープレート
    ダルエスサラーム・ラマダンの過ごし方
    今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット
    頑張るスワヒリ語・でも裁判ではおかしな状況発生中!
    音楽は、大きければ大きいほど良いのか・・・?
    かくして続く、ダルエスサラームの道

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      西東 たまき
      2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集