海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > ダルエスの自宅でレストランの味を楽しめる!信頼のデ...

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年9月24日

ダルエスの自宅でレストランの味を楽しめる!信頼のデリバリーサービス


ダルエスの自宅でレストランの味を楽しめる!信頼のデリバリーサービス

暑くて外出したくないとき、雨で外出が難しいとき、友達と家で楽しみたいとき...ダルに
「Jumia Food」がある限り、自宅を出なくても美味しいもの・食べたいものを我慢する必
要はありません!


筆者がこの信頼のフードデリバリーサービスを体験することになったのは、外出予定のな
かったある日の午後、家にいながら美味しいものが食べたいなあと思ったとき、ふとJumia
Foodの評判を思い出したのがキッカケでした。


Jumia Foodとは、ダルエスサラーム市内の様々なレストランのメニューから選んだ食事を
指定の場所にデリバリーしてくれるサービスです。今まで何度か良いレビューを聞いてい
たものの、自分が利用する予定はありませんでした。どうせ食べるなら注文のやり取りを
楽しんだり、お店の雰囲気を味わったりしながら楽しみたいと思うからです。


しかしこの日は、タンザニアのデリバリーサービス体験への興味が勝ち、試してみること
にしました。


【注文手順はこんなに簡単!】
まずは、Jumia Foodのサイト から名前と連絡先を入れてアカウントを作成します。
Facebookアカウントからの登録も可(Q&Aによると、アカウント登録なしでの注文も可能
とのこと)。後は、お好みのレストランのメニューから食べたいものを選び「買い物カゴ」
に入れるだけ。


市内の著名なカフェ&レストランが一通り並んでおり、選択肢も十分。スターター、メイン、
デザート、飲み物...とデリバリーメニューの種類もお店とほぼ変わりません。
また例えば、ピザなら追加したいトッピングやピザ生地の種類など、お店で注文するのと
同じオプションも利用できます。


ピザであれば、今までは『ピザハット』などデリバリー可能なお店から注文するしか
なかったわけですが、Jumia Foodを利用すれば本格派イタリアンレストランのピザも配達
してもらうことが出来るのです。


配達の到着予定時間もすべて表示があり、実際その通りに到着しました。


あまりの便利さにヘビーユーザーになりそうなら、専用アプリを使えばもっと簡単!

Jumia Food app.JPG


Burrito.jpg

(メキシカン料理店『Taste of Mexico』から届いたブリトー)


KFC.jpg

(KFCからハンバーガーセット)


【注文もこんなに安心!】
気になる手数料は、1店舗当たりわずか2,000または3,000シリング(約100/150円)と格安。
ダルエスサラームの渋滞を知っているなら、そして市内各所で無作為に車を止めて取り
締まり活動をしている交通警察に捕まり、面倒な質問を受けたりするリスクなどを考慮
するなら、あり得ないほどのコストパフォーマンスです!


注文画面にはすべてのコストが分かりやすく表示されるので会計も安心。
注文を確定するとまもなくオーダー確認の電話が入ります。


料金は代金引換か、エムペサ(Mpesa)などのモバイルマネーで支払います。
※タンザニアではモバイルマネーがとても進化しています。タンザニアのモバイルマネーに
ついて詳しくレポートした記事『アフリカ暮らしに密着・タンザニアのモバイルマネー事情』 も!


デリバリーの日は当日または翌日+時間指定ができますので、事前手配にも便利ですね。


今まで、「タンザニアでは時間もサービスも適当」といった先入観と実績がありましたが、
Jumia Foodのスムーズで明快・明朗なサービスはまさしく新レベルと言えるでしょう。
スタッフは明るくて感じが良く、英語も流ちょう。大変気持ちの良い体験となりました。


皆さんもダルエスサラームに来た時は、タンザニアの新世紀的サービスを体験してみては
いかが?? なお、Jumia Foodはタンザニアだけでなく、アフリカ11か国(2018年9月時点)
でも展開しているようです。
countries.JPG


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 イベント・行事・お祭り エンターテイメント・音楽・ショー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル 生活・習慣・マナー
2018年9月24日
« 前の記事「新鮮さ輝くタンザニアの「レア野菜」レポート」へ
おすすめ記事
    ダルエスサラーム特派員 新着記事
    ダルエスの自宅でレストランの味を楽しめる!信頼のデリバリーサービス
    新鮮さ輝くタンザニアの「レア野菜」レポート
    車を持ったら行いたい・タンザニアならではの推奨プロセスとは?
    タンザニアの珍しい農産物がいっぱい!ファーマーズマーケット
    SNSで使える!スワヒリ語で楽しむ省略語
    通の顔して使いたい!スワヒリ語挨拶【上級者編】
    土を食べる?! タンザニアの「土製サプリ」ウドンゴを食す
    アフリカ暮らしに密着・タンザニアのモバイルマネー事情
    1年前の同じ月に投稿された記事
    タンザニア時間・スワヒリ時間の数え方

    タンザニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アフリカにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダルエスサラーム特派員

      ダルエスサラーム特派員
      西東 たまき
      2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集