海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > 食べて!使って!ダルエスサラームで楽しむバオバブ

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年1月 2日

食べて!使って!ダルエスサラームで楽しむバオバブ


食べて!使って!ダルエスサラームで楽しむバオバブ

「アフリカのアイコン」と呼ぶにふさわしい樹木の一つがバオバブではないでしょうか。
マダガスカルに見られるような天に向かってそびえ立つバオバブと違い、タンザニアの
バオバブはどっしりと小山のような巨木に育ちます。巨大な幹の中は空洞で、中には大
量の水が蓄えられています。


baobab.jpg


その異様な存在感からか、タンザニアでは「バオバブの幹の中には精霊が住んでいる」
とされ、バオバブの木は畏敬を持って大切にされています。


「アフリカの樹木」というと豊かな常緑のイメージがありそうですが、バオバブは落葉樹
です。新葉が芽吹き、大きな緑を茂らせたのち、枯れ葉を散らせ、やがて枝だけになります。


小型のラグビーボールのような形をしたたくさんのバオバブの実が、大樹にぎっしりぶら
下がっている様子は遠目でも確認できるユニークな光景です。


●●●食べるバオバブ
実の中には大人の爪の先ほどの大きさの種がギッシリ詰まっており、それらに色と砂糖を
まぶしたお菓子は、どこのスーパーでも売られているポピュラーなスイーツです。
ラムネのように溶ける果肉を口内でしゃぶるようにして食べます。爽やかな後味は意外と
後を引き、手が止まりません。
最後に口の中に残る茶色い種は小指の先ほどの大きさで、コロンとしたハート型をして
いるんですよ!


下の写真は、着色も味付けもしていないバオバブの種そのままのバージョンです。
ラムネのようにとろける食感はそのままに、まろやかな酸味があります。


なお、これを土に埋めたら日本でも芽が出たそうですよ!


baobab seeds pieces.jpg

(オーガニックのバオバブの種。このまま食べられます。)


バオバブの種は、ビタミンとミネラルが豊富に含まれた「スーパーフード」。
そのまま食べても良いですが、ヨーグルトに入れて食べるのが筆者のおすすめです。
タンザニアの特産品の一つである生ハチミツを加え、甘味と酸味ととろける食感
を楽しみます。


粉末のバオバブ(バオバブパウダー)もまたスーパーにも売っているような身近
な品です。白っぽい色の粉ですが、水に溶かすと茶色い液体:バオバブジュース
になります。酸味が強いので、これにもタンザニアのハチミツを加えれば、アフ
リカならではのユニークな飲み物の出来上がりです!


タンザニアに来たら是非これらを試してみては。珍しいので、お土産にしても
楽しいと思いますよ! 他にバオバブオイルから作った石けんも、タンザニア
土産として手に入れたいものの一つです。


baobab seeds.jpg


●●●使うバオバブ
さらには、バオバブの実そのものを使った下の写真のようなユニークなクラフト
もありますよ。バオバブの実の中身をくりぬいて、外側をそのまま使った餌台
(バードフィーダー/bird feeder)です! 自宅の庭木につるしてみるのも
面白いと思いませんか?!


bird feeder.jpg

(バオバブの実を利用して作った餌台。)


bird feeder label.jpg

(タグには、『恵まれない人たちの収入源となるべく、タンザニアで手作りされ
ています。材料は100%リサイクル素材を使っています』と書かれている。)


バオバブの実の外皮は殻状で硬く、細かな毛が生えているためモールスキン(起毛
がある布素材)のような手触りになっています。餌台のほか、止まり木を付けた
「鳥の巣」バージョンやココナツの殻で作ったスタイルもありますよ。


Africraft.jpg

(店員さんが手にしているのがココナツの殻で作った餌台。その両端に並んで
ぶら下がっているのは、止まり木が付いたバオバブ製「鳥の巣」。)


●●●天然素材+リサイクル素材からクリエイティブ雑貨を作り出すショップ
こういったユニークな雑貨をたくさん制作・販売しているのは、ダルエスサラーム
の雑貨店「AfriCraft(アフリクラフト)」。自然の素材やリサイクル素材を利用
して作った商品は、どれも発想の面白さに感心することでしょう。


Africraft shop.jpg


Palm seed.jpg


リサイクルをモットーとしているだけに、買物をすると新聞紙で作った袋に入れて
くれます。


市内のショッピングモール「Slipway(スリップウェイ)」に直営店があるほか、
ダルエスサラームで年2回開かれる「Artisan Market(アーティザン・マーケット)」
出店の常連でもありますので、気軽に商品をチェックできますよ!
●Artisan Marketのレポートはこちらをチェック! ↓
『今回も変わらず大盛況!ダルエスサラーム最大クラフトマーケット』
『ダルエスサラーム最大のクラフトマーケット「Artisan Market」』

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2019年1月 2日
« 前の記事「くつろぎのベジタリアンレストラン、タンザニア・ダルエスサラームにて」へ
»次の記事「女性たちが愛するダルの人気ブランドMabintiは女性を救う」 へ
ダルエスサラーム特派員 新着記事
アイディアに万歳! タンザニア式修理例
タンザニア、フルーツ天国!
隠れた名品・タンザニアワインをお試しあれ!
タンザニア土産のイチ押し! 濃厚カシューナッツ
ダルエスサラーム家庭の電気と水
動物たちが勢揃い! タンザニアの新パスポート
恐るることなかれ! ダルエルサラームの歯科体験
タンザニアの自由なポップアート・Tingatingaを楽しむ!
1年前の同じ月に投稿された記事
土を食べる?! タンザニアの「土製サプリ」ウドンゴを食す

タンザニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ダルエスサラーム特派員

    ダルエスサラーム特派員
    西東 たまき
    2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集