海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アフリカ  > ダルエスサラーム特派員ブログ > 恐るることなかれ! ダルエルサラームの歯科体験

タンザニア/ダルエスサラーム特派員ブログ 西東 たまき

タンザニア・ダルエスサラーム特派員が現地からアフリカ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2019年7月 8日

恐るることなかれ! ダルエルサラームの歯科体験


恐るることなかれ! ダルエルサラームの歯科体験

タンザニア人は歯がきれいな人が多く、日本人ほど虫歯に悩んでいるように
見えないかもしれません。しかし、ダルエスサラームに歯医者はいくつもあ
るので、いざという時は駆け込むことができます。


虫歯治療だけでなく、歯列矯正、インプラント、ホワイトニングなど一通り
の処置を受けることができます。


ローカルエリアにある歯科、外国人御用達の歯科など様々なので、予算に合
わせて選びましょう。


歯科選びは、ダルのスーパーやレストランなどに置かれている"Advertising
Dar(アドバタイジング・ダル)
"、"Zoom Tanzania(ズーム・タンザニア) "
といったフリーペーパーを参考にすると良いでしょう。
飲食店や各種サービスに加え、病院やクリニックの情報も載っているので、
行き先の見当をつけるのに役立ちます。


また、"WhatClinic "といった病院検索サイトを利用する手もありますよ。


料金は治療内容により100~1000米ドル単位でかかることは心に留めておく
必要がありましょう。


例えば、虫歯を削って詰める治療で1ヶ所100ドルほどになるので、緊急時
以外は利用せずに済ませたいところです。友人は根管治療で約2000ドルで
した。


他方、診療設備の面では日本の歯科に劣りません。
行く前は不安でも、実際に行ってみれば「案ずるより産むがやすし」と感じ
ると思いますよ! 


さて、高額ゆえできるだけ避けたいタンザニアでの歯科治療ですが、筆者
は詰め物が取れてしまったために訪問することになりました。


事前に予約を取ってから出掛けます。
初診料(Consultation fee)として一律4万シリング(約2000円)ほどの料金
がかかりましたが、無料のところもあるようです。


まずは軽く問診ののち、レントゲンを撮って歯の状態を確認しつつ、口の中
全体を丁寧に診察してくれます。


担当してくれた女性歯科医の説明は親切で丁寧で、ひとまず安心。
中でも歯並びに関し気になっていた部分について下された、今まで日本で
かかっていたどの歯科医からも得られなかった明快で合理的な診断には目が
開かれる思いでした。


いよいよ治療です。
麻酔をかけて歯を削ります。


不安と怖さで体がこわばる瞬間のはずですが、まもなく心からリラックスでき
る夢心地の時間に変わりました。


麻酔がしっかり効いており、激しい機械音に反して全くの無感覚が痛快なほど
だったのと、医師の腕の良さが感じられたからです。


治療中はライトがまぶしくないよう、患者は黄色い透明なゴーグルを装着させ
られるのは日本とは違う点ですね。


うがいの水がミント味でシュワシュワしていたのも印象的でした。


タンザニアでの初めての歯科体験が安心と信頼に包まれたものとなり、満ち足
りた一日になりました! 


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報 生活・習慣・マナー 美容・健康・病院
2019年7月 8日
« 前の記事「タンザニアの自由なポップアート・Tingatingaを楽しむ!」へ
»次の記事「動物たちが勢揃い! タンザニアの新パスポート」 へ
おすすめ記事
ダルエスサラーム特派員 新着記事
動物たちが勢揃い! タンザニアの新パスポート
恐るることなかれ! ダルエルサラームの歯科体験
タンザニアの自由なポップアート・Tingatingaを楽しむ!
女性たちが愛するダルの人気ブランドMabintiは女性を救う
食べて!使って!ダルエスサラームで楽しむバオバブ
くつろぎのベジタリアンレストラン、タンザニア・ダルエスサラームにて
アフリカでもおいしいチーズを!本格タンザニア産チーズは種類も豊富
ダルエスの自宅でレストランの味を楽しめる!信頼のデリバリーサービス
1年前の同じ月に投稿された記事
車を持ったら行いたい・タンザニアならではの推奨プロセスとは?

タンザニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■タンザニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

アフリカにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ダルエスサラーム特派員

    ダルエスサラーム特派員
    西東 たまき
    2012年より東アフリカ・タンザニアのダルエスサラーム在住です。インド洋に面した港を備え、アフリカ内陸へ向かう経済の玄関口。発展に向かってパワフルに変わりながら新旧の入り混じる街・ダルエスサラーム。外国人として、会社員として、住民として…様々な側面から垣間見るダルエスサラームをレポートします。 DISQUS ID @disqus_LXBQSe0CAe

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集