海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > グアム/デデド(グアム)特派員ブログ

グアム/デデド(グアム)特派員ブログ りひゃん

グアム・デデド(グアム)特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


ハッファデイ~!デデド特派員のりひゃんです。
日本から3時間半で行ける常夏リゾート「グアム」。気軽に行ける海外として常に人気の旅行先で、子連れからご年配の方まで幅広い年代の方に選ばれています。グアム滞在中に重要な部分を占める、ホテル選び。今回はタモン中心部に位置する、あるリゾートホテルをご紹介したいと思います。


1.JPG

やってきたのは「グアムプラザリゾート&スパ」。同ホテルの魅力は、なんといっても立地条件。タモン中心部にあり、ビーチまでは徒歩5分の好立地!ホテルロビーから直結しているグアム最大のセレクトショップ「JPスーパーストア」をはじめ、免税店DFS TギャラリアやThe Plaza(ザ・プラザ)ショッピングセンター、各種人気のレストランなど全て徒歩圏内で行けるのです。


Standard Twin.jpg

お部屋はレギュラーツインルーム、デラックスルーム、キングルームの3タイプあり、全室リノベーションが終了したばかり。カジュアルかつ落ち着いた雰囲気溢れる、素敵な空間に生まれ変わっています。グランドフロアの中庭にはプールがあり、お部屋のバルコニーからは、南国らしい雰囲気の中庭を見下ろすことができます。


3.jpg

ホテル内には様々な施設があります。バリの本格スパを体験できる「SPA BALI(スパバリ)」、プールサイドにある「クムクムバー」など、ホテル滞在を有意義にする施設が備わっています。また昨年ホテル全体をリノベーションし、宿泊中に何度でも利用可能なビジネスセンターやフィットネスセンター、24時間営業のコンビニエンスストア「JPミニショップ」など、快適に過ごせる施設も完備されています。


4.JPG

隠れ家的なロケーションが魅力。ホテルロビー内にあるレストラン「Rootz Hill's Grillhouse(ルーツヒルズグリルハウス)」は、オープンスタイルのグリル&ステーキ専門店です。


5.JPG

朝食はビュッフェとアラカルトメニュー「ココナッツパンケーキ」や「エッグスべネディクト」が人気。ランチはテーマビュッフェ、ディナーはアラカルトメニュー&コースディナーがあります。看板メニューのトマホーク(2人前32オンス)は、28日間熟成ウエットエイジドを使用しており、ディナータイムの人気メニューです。肉好きの方は必食です!


5.JPG

3コースディナーはアペタイザーにメインメニュー(肉・魚から選択)、そしてデザートが付いた同レストランのおすすめメニュー。木曜から土曜日の夜はライブバンドがあり、落ち着いた雰囲気でディナーを楽しめます。


また、レストランに併設されている「Cafe at Rootz(カフェアットルーツ)」は、朝6時半から夜22時までオープンしており、いつでもできたてのカフェメニューが食べられる点が魅力。テイクアウトにも対応しているので、ビーチでのピクニックランチにもおすすめです。


6.JPG

世界中からセレクトされた、グッズやおみやげまで何でも揃う「JPスーパーストア」。グアムプラザロビー直結の好立地の同店は、夜11時まで営業しているので、ディナーの後でも十分お買い物が楽しめます。グアム滞在中、一度は足を運んでほしい大型セレクトショップです。


JPスーパーストアは、昨年店内を大幅リニューアルし更に見やすく、更に快適にショッピングが楽しめるようになりました。フードコーナーには試食ブースもあり、気になる商品を試食しながら選ぶことができます。お得なプロモーションも随時開催しているのでチェックしてみてはいかがでしょう。


8.jpg

ホテルの裏側に位置する「Tarza Waterpark(ターザウォーターパーク)」。10本ものスライダーに、ジャングルの中を流れているような流れるプール「ガゴビーチ&リバー」、そして島内唯一の人工波を再現した「フローライダー」など、多彩なアクティビティが揃います。


9.jpg

Tarzaはグアムプラザ宿泊者の方は無料で入場することが可能で、特にお子様連れのお客様に大好評だそう。グアムでビーチやプールを重視したホテル選びをしたい方には、とってもおすすめですよ。


11.jpg

ホテルから徒歩5分のビーチ沿いにあるレストラン「セイルズBBQ」と「ナナズカフェ」。ローカルにも旅行者にも人気の、ビーチBBQとシーフード&ステーキのレストランです。サンセットを眺めながら、新鮮なシーフードやお肉を豪快にBBQ!手づかみで食べる人気メニュークラッキンクラブなど、グアムに来たら必ず食べたい人気メニューが沢山あります。今回は「グアムプラザリゾート&スパ」の魅力をご紹介しました。良かったら、ぜひ参考にしてくださいね!


■Guam Plaza Resort & Spa(グアムプラザリゾート&スパ)
住所:1328 Pale San Vitores Rd Tumon,Guam 96913
電話番号:671-646-7803~8
URL:https://www.guamplaza.com/jp/


■グアムプラザリゾート&スパ全室対象特典
*ウェルカムドリンクとしてボトルウォーターをご用意 (補充あり)
*滞在期間中ウォーターパーク入場無料
*全室無料Wi-Fiインターネット接続完備
*ビジネスセンター(パソコン利用無料6:30-21:30フロントにて受付/18歳以下入室不可)
*フィットネセンター(利用無料6:30-21:30フロントにて受付/18歳以下入室不可)
*コインランドリー (24時間/有料)


2019年9月18日

ハッファデイ~!デデド特派員のりひゃんです。
私、無類のイタリアン好きで、たまにパスタやピザ、ラザニアなんかを満足するまで食べたくなる時があるんです。そんな時に私の欲求を叶えてくれるのが、今回ご紹介するレストランです。


1.jpg

やってきたのは「Capricciosa(カプリチョーザ )」ロイヤルオーキッド ホテル店。日本発のカジュアルイタリアンレストランなので、ご存知の方も多いのではないでしょうか。グアム島内には3店舗展開しており、ロイヤルオーキッド店の他にパシフィックプレイス店、アガニアショッピングセンター店など、いずれもアクセスの良い立地にあります。


2.JPG

私がよく利用するのはホテルロード沿いにあるロイヤルオーキッド店。パシフィックプレイス店は最近リニューアルしたばかりでとてもキレイですが、同店の魅力は何といってもオーシャンビュー!窓際に座れば、タモンの雰囲気と海を両方眺めながら食事をとることができます。


3.JPG

と、ここで私がいつも利用する、お得クーポンについてご紹介したいと思います。グアムの定番観光地「恋人岬」の展望台チケットを購入すると、裏面に各種レストランのクーポンが付いてきます。同レストランでこのクーポンを利用すると一体何がもらえるのでしょう・・・


4.JPG

正解はこちら!トロッととろけるチーズとご飯をまるめて揚げた「ライスコロッケ」(8.50ドル)が、無料でもらえるのです。タダより恐いものはないとよく耳にしますが、メインメニューを1品注文すれば本当にタダでもらえちゃうんです!ガーリックの香ばしさとトマトソースの酸味がうまい具合に調和して味も◎。続いてご紹介するパスタがボリューム満点なので、食べ過ぎ注意ですよ☆


5.JPG

同レストランのパスタはどれもハズレがないので、いつもその日の気分でメニューを選んでいます。この日はシーフードが食べたかったので、「シーフードスパゲッティ」(19.99ドル)を注文しました。大人4人前はありそうな大きな丼ぶりで運ばれてきます。同店を訪れる時はだいたいパスタを食べたい欲求がMAXの状態なので、食べる前から気合が入ります。とはいえ、この量なので完食するのは絶対に無理。いつもTO GOしてその日のディナーもパスタになる、というのがいつものパターンです。今回はイタリアンレストラン「カプリチョーザ」と、ちょっとお得に利用できるクーポン情報をご紹介しました。ぜひ食べにいってみてくださいね!


■Capricciosa(カプリチョーザ )ロイヤルオーキッド ホテル店
住所:Royal Orchid Hotel 626 Pale San Vitores Rd. Tumon, Guam 96911
営業時間:月~土曜日11時30分~22時30分
定休日:クリスマス
電話番号:671-646-9653
URL:http://www.capricciosa.com/


■Capricciosa(カプリチョーザ)パシフィックプレイス店
住所:Pacific Place 2F, San Vitores Road, Tumon, Guam 96913
営業時間:月~土曜日11時30分~22時30分、日曜日11時30分~22時
定休日:クリスマス
電話番号:671-647-3746


■Capricciosa(カプリチョーザ)アガニアショッピングセンター店
住所:
営業時間:11時~22時
定休日:クリスマス
電話番号:671-472-1009


2019年9月13日

ハッファデイ~!デデド特派員のりひゃんです。
グアムは小さな島で、しかも車社会。毎日毎日仕事と家の往復で、同じ場所を行ったりきたりドライブするだけの生活です。グアムで生活していると、ついついのんびりしすぎて刺激のない毎日になりやすいので、そんな時に少し遠出するとすごく気分転換になります。


1.JPG


この日は家族で外食!やってきたのは、レオパレスリゾートグアム内にあるレストラン「eataliano(イタリアーノ)」です。同ホテルはタモンから離れているので、宿泊者ではない方は中々足を運ばないかもしれませんが、実は美味しいレストランが沢山あり、ローカルの間では穴場スポットとなっています。しかも20~30分ほどのドライブが必要なので、ちょっとしたプチ旅行気分も味わえます。旅行者の方は、グアムプラザホテルを往復している無料シャトルバスを利用できるので、意外と簡単にアクセスできるんですよ!


2.JPG

店内は凝った壁画やインテリアが素敵!子連れでも利用できるカジュアルなレストランですが、少しだけおしゃれしてのディナーにも向いていると思います。ゆったり座れるソファ席や団体向けのグループ席、個室もあるので、社員旅行や家族3世代での利用も◎です。


3.JPG

イタリアらしいドリンクを聞いたところおすすめされたのが、こちらの「イタリアンスパークリングフルーツドリンク(レッドオレンジ)」(5.50ドル)シュワッと炭酸が効いた、オレンジフレーバーの爽やかなドリンクです。


4.JPG

お料理を待っている間、スタッフさんが娘ちゃんにぬりえセットをプレゼントしてくれました。ぬりえだけでなく迷路のページもある!こういう細かい気配りは、子連れにはとっても有難いです。


5.JPG

人気No.1だという「ボンゴレビアンコ」(19.50ドル)は、食べて納得。すっごく美味しい!しつこすぎないガーリックの風味と、ダイストマトの酸味が絶妙で、夫婦で取り合いになりました。セットで付いてくるガーリックブレッドも、香ばしくて美味しかった!


6.JPG

もう1つは「バルサミコとハチミツソースで焼き上げたセントルイススタイル・リブ」(55ドル/フルサイズ)見てください、このボリューム!!イタリアンレストランではありますが、この辺はやっぱりグアムですね!骨からスルッと落ちる柔らかなリブに、甘ダレソースが絡みます。サイドメニューのマッシュルームリゾットとオリジナルスティックパンもとにかく美味しくて、どんどん口に運んでしまいました。


7.JPG

最後にちょとした小ネタ。ナプキンを頼んだら、袋に入ったおしぼりが運ばれてきた!グアムは紙ナプキンを置いているところがほとんどですが、おしぼりを提供されたのは初めてかもしれない。ウェットティッシュでも感動ものですが、おしぼりとは!それほど感激したおもてなしでした☆家族みんなで楽しいディナータイムを過ごせた「イタリアーノ」。グアムを訪れた際は、ぜひ足を運んでみてくださいね。


■eataliano(イタリアーノ)
住所:LeoPalace Resort Guam 221 Lake View Drive Yona, Guam 96915
ロケーション:レオパレスリゾートホテル1F
営業時間:18時~21時30分(L.O.21時)
定休日:火、水曜日(繁忙期はオープン)
電話番号:(日本)→0120-729-021(平日10:00〜16:00、土・日・祝日は定休)
    (グアム)ホテル2階 リゾートサービスデスク(または内線 7680)
URL:https://www.leopalaceresort.com/


2019年9月11日
2019年9月 6日
2019年9月 2日
2019年8月21日
2019年8月14日
⇒すべての記事を見る

グアム旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■グアムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • デデド(グアム)特派員

    デデド(グアム)特派員
    りひゃん
    グアム島内を忙しく駆け回る「人見知りの破天荒フリーライター」。日本で生まれ育った、日本人と韓国人のハーフ。韓国語も話せるバイリンガル。チャモロ人の夫と2016年に結婚しグアムに移住。グアムに一番詳しいライターになって本を出版するのが、近い将来の野望。観光情報、ローカル情報、裏情報など色々な情報を発信していきたいです!
    ■Instagramアカウント
    @rihyan_guam
    ■グアム在住ブログ
    りひゃん×Guam=Happy
    DISQUS ID @Rihyan

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集