海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > グアム/デデド(グアム)特派員ブログ

グアム/デデド(グアム)特派員ブログ りひゃん

グアム・デデド(グアム)特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

ハッファデイ! グアム・デデド特派員のりひゃんです。
ワクチン接種率が8割を超えているにもかかわらず(12歳以上対象)、感染者が増え続けているグアム。当初は観光業再開を見据えたこの"8割"という目標数字でしたが、今やそんな目標など霞めてしまった感が否めません。


【2021年10月12日】に発表された感染者数は、下記のとおりです。
新規感染者 185名
感染者数 合計16461名
死亡者 217名
回復者 13405名
現在感染中患者 2839名
入院中患者 56名(そのうちICUは10名)
※ワクチン接種者:22名・未接種者:32
Covidエリアリスクスコア 24.7
ワクチン接種(1回目)10万7517名
ワクチン接種(2回目)11万7911名(12歳以上含む)※9月23日報告分
※接種率:84.19%(12歳)
グアム政府公式Instagramより→コチラ
Kuamnews公式Instagramより→コチラ


■増え続ける感染者、ブースター接種開始
毎日3ケタが当たり前となったここ1ヵ月。昨日は東京での新規感染者が77名でしたが(大きな都市でもないグアムがその倍以上ってどういうこと?!)と、驚きを隠せません。


さらに陽性者のなかで、ワクチン接種を完了している方の感染率が45%と非常に高く、(ワクチンを接種したからもう大丈夫)と思っていた人々の期待を裏切る結果となっています。


こうした状況のなか、グアム政府はブースター接種、3回目のワクチン接種を推奨しており、先日ルー・レオン・ゲレーロ州知事もブースター接種を完了したと自身のInstagramにて報告していました。


■旅行者は帰国時のPCR検査に注意
先日韓国からグアムに訪れた友人が、帰りの飛行機搭乗の際に起こった出来事を教えてくれました。


現在グアムには韓国人旅行者が少なからず訪れています。しかし帰国時72時間前にPCR検査を受ける際トラブルがあり、結果的に検査結果を受け取れなかった20~30名ほどの方が、飛行機に搭乗できなかったそうです。


この方たちがどの機関のテストを受けたのかまでは定かではありませんが、こういうことがこれからも起こりうることを注意喚起したいと思いました。


日本人旅行者も年末年始にグアム旅行を計画している方が少なからずいるようなので、その辺は事前にしっかりと調べて下準備しておくことをおすすめします。


2021年10月13日

ハッファデイ! グアム・デデド特派員のりひゃんです。
引き続き新規感染者および、重症患者数が増えているグアム。最近目立つのは、亡くなる方の数の多さです。ほぼ毎日と言っていいほど、コロナ関連死のニュースを目にします。


【2021年9月30日】に発表された感染者数は、下記のとおりです。
新規感染者 144名
感染者数 合計15041名
死亡者 197名
回復者 11213名
現在感染中患者 3631名
入院中患者 58名(そのうちICUは14名)
※ワクチン接種者:22名・未接種者:35
Covidエリアリスクスコア 24
ワクチン接種(1回目)10万7517名
ワクチン接種(2回目)11万7911名(12歳以上含む)
※接種率:84.19%(12歳)
グアム政府公式Instagramより→コチラ
Kuamnews公式Instagramより→コチラ


■死者数と感染患者数
当ブログを最後に更新したのが9月11日だったのですが、わずか20日あまりで38名もの方がコロナで命を落としています。救急車で病院に運ばれてきたときには、すでに亡くなっているケースが多く、グアム政府は手遅れになる前にコロナ専門機関に連絡するよう繰り返し訴えています。


感染中患者数も20日前より1000人近く増え、歯止めがきかない状況となっています。


■DFSが営業再開
たいへんな状況ではありますが明るいニュースもあります。タモン中心部にある「DFS Tギャラリア」が、コロナ騒動以降2回目の営業再開。今回も期間限定で10月末までと発表されていますが、”ツーリストの町”でもあるタモンは、やっぱり活気がある方が似合いますね!


日本でも緊急事態宣言が解除されたり、入国後の隔離規制が条件付きで緩和されるなど、少しずつではありますが、変化を感じる今日この頃。


いつまでも経済を止めておくわけにはいかない葛藤と、命や健康が第一、そんな気持ちを持ち合わせながら日々生活しています。


2021年10月 3日

ハッファデイ~!デデド特派員のりひゃんです。
グアムには多くのおすすめ観光スポットがありますが、今回はその中でも個人的にお気に入りの場所をご紹介します。神秘的な雰囲気漂う素敵な場所ですよ!


IMG_1035 (1).JPG

グアムの古代遺跡「ラッテストーン」はご存知でしょうか。旅行者に人気”ラッテストーンクッキー”の、モデルにもなっている遺跡です。遺跡がモデルのクッキー?と感じる方もいるかと思いますが、ラッテストーンはグアムの文化や歴史を象徴する、大切なものなのです。


1.JPG

今回ご紹介するのは、その古代遺跡ラッテストーンを間近で見られる公園「Sen. Angel Santos Memorial Park」。通称ラッテストーン公園です。ガイドブックにも多数掲載されている、グアムの有名観光地「スペイン広場」のすぐ隣にひっそりとある公園です。私が同スポットをおすすめする理由は、”本物”の遺跡を間近で見て触って肌で感じられるからです。緑いっぱいの公園を散策しながらまわれるので、大好きな場所なのです。スペイン広場を観光するなら、ぜひ同公園にも足を運んでほしいです!


2.JPG

公園に入るとすぐに見えるのが、チャモロ文化の復興を目指した若き指導者、エンジェル・L・G・サントス議員の銅像。ラッテストーン公園の英語名「Sen. Angel Santos Memorial Park」の名前は、彼の名前から付けたものです。


3.JPG

そしてそのすぐ隣には、1.5メートルはあるだろう石柱、そうこれがラッテストーンです。800~1600年頃に造られたこの遺跡。等間隔に2列ずつ計8本が、あまりにも堂々と、そして無防備に建っているのが良いんです!グアム・チャモロ民族は、文字を持たない民族であったため、この遺跡が何のために作られどのように使われていたのかは、未だ謎に包まれているそうです。様々な諸説があるようですが、高床式住居の土台として使われていたのではないか?という説が一番有力なのだそう。


4.JPG

遠目から見たラッテストーン。”ハリギ”と呼ばれる石柱に、”タサ”と呼ばれるお椀型の石が乗っています。この形は冒頭のラッテストーンクッキーの他、グアムの街の様々な場所で使用されています。例えば民家やビルの柱がラッテストーンデザインであったり、グアム国際空港は建物自体がこの遺跡の形をしていたりします。バスや車での移動の際は、”ラッテストーンモチーフ探し”をしてみるのも楽しいですよ!


5.JPG

最後にもう一つ、こちらはなんと旧日本軍の防空壕の跡地。アガニア近辺には、第二次世界大戦の名残である洞窟要塞が多数残されています。よ~く見ると壕 空 防と、さかさまに書いてあるのが確認できます。古代チャモロ民族の歴史と、グアムで実際に起きた戦争の面影を両方垣間見ることができる「ラッテストーン公園」。

コロナで中々グアム旅行が叶いませんが、次回グアムを訪れる際はぜひ足を運んでみてくださいね!



■ラッテストーン公園(Latte Stone Park)
料金:無料
ロケーション:ハガニア地区 スペイン広場の裏手


2021年9月30日
2021年9月11日
2021年9月 4日
2021年8月25日
2021年8月14日
⇒すべての記事を見る

グアム旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■グアムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • デデド(グアム)特派員

    デデド(グアム)特派員
    りひゃん
    グアム島内を忙しく駆け回る「人見知りの破天荒フリーライター」。日本で生まれ育った、日本人と韓国人のハーフ。韓国語も話せるバイリンガル。チャモロ人の夫と2016年に結婚しグアムに移住。グアムに一番詳しいライターになって本を出版するのが、近い将来の野望。観光情報、ローカル情報、裏情報など色々な情報を発信していきたいです!
    ■Instagramアカウント
    @rihyan_guam
    ■グアム在住ブログ
    りひゃん×Guam=Happy
    DISQUS ID @Rihyan

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集