海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > グアム/デデド(グアム)特派員ブログ

グアム/デデド(グアム)特派員ブログ りひゃん

グアム・デデド(グアム)特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


ハッファデイ~!デデド特派員のりひゃんです。
今回のブログは日本では中々触れにくい「タトゥー」について。日本ではまだまだ偏見のあるタトゥーですが、一歩世界に飛び出せばタトゥーの概念は全く異なります。グアムでのタトゥーの位置付けは、ファッションはもちろん、グループや仲間、家族愛を示すアイテムとしても活用されているような気がします。同じ集落で共に育った仲間同士で同じマークを入れたり、一族の名字を入れているローカルもよく見かけます。※あくまで私の主観です


1.JPG

今回やってきたのは「LOTS OF ART TATTOO(ロットオブアートタトゥー)」。グアムプレミアアウトレット(GPO)敷地内にあり、旅行者の方でも気軽に足を運べる場所にあります。が、(海外のタトゥーショップなんて恐くて入れない!)という方も多いのではないでしょうか。グアム島内には沢山のタトゥーショップがあるのですが、私自身も(タトゥーを入れる予定はないけどちょっと興味ある...中がどうなっているのか見てみたい...)そんな好奇心がありました。


2.JPG

(見学だけでも入れるの?)という不安を抱きつつ、「もちろん大丈夫!」という旦那の言葉を信じていざ入店!さっそくタトゥーゴリゴリの店員さんがいて、やや緊張しました。この「店員さん」こそ、実際に施術をしてくれるタトゥーアーティスト。この日は3名ほど在籍しており、皆しっかりライセンスを持って施術をしているそうです。


3.JPG

今回特別に店内を撮影させていただきました。意外と広々とした施術スペースはこちらの他にもう一つスペースがありました。


4.JPG

タトゥーに色を入れる際に使用するインクが並んでいます。カラーリングの有無は人それぞれですが、男性より女性のほうが色付けする方が多い傾向にあるようです。


5.JPG

施術に使う道具も特別に見せてもらいました。衛生面を保つため、施術で使う「針」は一回ごとに使い捨て。施術の直前に剃毛処理をし、アルコールでキレイに拭き取ってからスタートします。


6.JPG

かなり貴重な、実際施術をしている様子。こちらの女性、すじ彫りと呼ばれるアウトラインを彫る作業はほぼ完成し、この日はアートに立体感が出るようシェーディング(ぼかし)を入れる施術を受けていました。特に痛がる様子もなく、淡々と受けていたのが印象的でした。※特別に撮影許可をいただきました


隣で太もも全体にダイナミックなタトゥーを入れていた女性は、かなり痛そうで苦悶の表情を浮かべていました。旦那いわく、背中のタトゥーはかなり痛いとのこと。


7.JPG

店内に飾られていた「マスタータトゥーアーティスト」のライセンス証明書(右側)同ライセンスはタトゥー界最高峰の資格で、グアムでは同店のオーナーしか持っていない資格なのだそう。


8.JPG

こちらが同店のオーナーArt(アート)氏。彼の父親がミリタリーをしており、派遣先でその国にちなんだタトゥーを彫り、まだ幼かった彼に思い出話と共に見せてくれたのだそう。幼いながらもタトゥーに興味や憧れを抱いた彼は、14歳の時に初めて自分でタトゥーを彫ったそうです(写真の参照)上手くできた!と誇らしげだったそうですが、祖母に激怒された苦い思い出もあるのだとか。


今回撮影許可はもちろん、私の素人な質問にも丁寧に答えてくれたアートさん。日本人にももっとタトゥーの文化が浸透してほしいと願いつつ、日本ではまだまだタトゥーが一般的でないこともご存知でした。だからこそ、見学だけでも良いからお店を訪ねてほしい、グアム旅行ついでにフラッと遊びにきてほしい!と話していました。何やら今後、世界中のタトゥーアーティスト招いてライブタトゥーイベントを計画中なのだとか。日本からもアーティストを招く予定で、少しでも知ってもらえたら嬉しいな。と語っていました。


今回は中々難しいテーマのブログでしたが、せっかくのグアム(海外)旅行なので、異文化に触れてみてもらえたら...と思い、ご紹介してみました!


■LOTS OF ART TATTOO(ロットオブアートタトゥー)
住所:341 Chalan San Antonio Tamuning, Guam
営業時間:12時~22時
定休日:なし
電話番号:671-649-8287
URL:http://www.lotsofarttattoo.com/


2019年5月15日

ハッファデイ~!デデド特派員のりひゃんです。
グアムには様々なオプショナルツアーがあり、仕事柄今まで様々なアクティビティやツアーを体験してきた私。グアムにはマリンスポーツやディナーショー、観光ツアーなど楽しいオプショナルツアーが沢山あるのですが、その中でも今回は、個人的にとても好みでおすすめのツアーをご紹介したいと思います。


1.JPG

やってきたのはアガット地区にあるアガットマリーナ。この日参加する「BIGサンセットディナークルーズ」の出港場所です。ホテルまでの送迎やBBQビュッフェディナー、そして何より美しいサンセットが付いた豪華なツアーです。


2.JPG

さっそく船に乗り込み、いざ出港~!同ツアーで使用する船「Margarita(マルガリータ)」号は、1階と2階デッキ席に分かれており、VIPプランの方は1日2組限定(1組4名様まで)の2階デッキ席に案内されます。ボートキャプテンが見守る中で、クルーズを操縦させてもらえたり、食事を運んできてもらえたり、至れり尽くせりの待遇をしてもらえます。同プランは特にカップルやグループに人気で、記念日や誕生日をお祝いするのにピッタリです。


3.JPG

この景色が見られれば、もう何もいらない!水平線にゆっくりと沈む夕日を眺めながら、乾杯します。また、運が良ければイルカと遭遇することもあるそう。ここは自身のラッキーパワーと、ボートキャプテンの観察力に任せましょう。


4.JPG

種類豊富なお料理がそろう、ビュッフェスタイルのディナー。グアムにきたら一度は食べたいBBQやチャモロ料理も、お腹いっぱい食べられます。ちなみにビールやワイン、各種ソーダが飲み放題なので、お酒が好きな方にもおすすめです。


5.JPG

お腹もいっぱいになり大満足だったクルーズツアー。最後のお楽しみはダンスタイムです。港に着くまでの時間、とにかく踊って踊って踊りまくります!フレンドリーなスタッフさんがレクチャーしてくれるので、ダンス未経験の方でも大丈夫。恥ずかしがらずに、思い切り楽しんじゃいましょう!(この時間を楽しむために、少しアルコールを摂取しておくとより楽しめます!←私からのおすすめポイント)


優雅で貴重な体験ができる「BIGサンセットディナークルーズ」。個人的にもおすすめなので、グアム旅行が決まったら、ぜひプランの候補に入れてみてくださいね!


■BIGサンセットディナークルーズ
開催時間:16時~20時30分 ※送迎時間を含め
定休日:水曜日
料金:大人99ドル、子供(2~11歳)55ドル ※幼児無料
   大人145ドル、子供75ドル ※1日2席限定のVIPプラン
   カップルプラン→160ドル(大人2名様1組)
電話番号(グアム):+ 1(671)646-8000
電話番号(日本):06-6372-9210
スケジュール:
ホテル送迎16時頃 ※ホテルの場所により異なる

クルーズ開始17時30分~19時30分

ホテル帰着20時30分頃 ※ホテルの場所により異なる
ホームページ:https://bestguamtours.jp/cruises/big-sunset/
Facebook :https://www.facebook.com/cruiseguamjp/
Instagram :https://www.instagram.com/cruiseguamjp/
Twitter:https://twitter.com/cruiseguamjp
ブログ: https://ameblo.jp/bgtours
LINE ID→BGTours ※日本語で対応可能です


2019年5月 8日

ハッファデイ~!デデド特派員のりひゃんです。
G.Wも中盤に差し掛かりました。夏休み、お正月と同じくらい日本人旅行者が増えるこの時期は、島内あちこちで日本語が飛び交うのでなんだか嬉しくなります。G.Wは特に家族連れが多く来島する時期でもあります。今回は「JPスーパーストア」で、家族連れにおすすめのアイテムをご紹介したいと思います。


1.JPG

とその前に現在JPスーパーストアでは、G.W限定スペシャルイベントを開催中。G.W期間中グアム公式キャラクターの「グマモン」が、JPスーパーストアに遊びにきちゃいます!ちょうど写真を撮っている最中にタイミングよく現れたので、ちゃっかりカメラ目線いただきました!愛くるしい姿に、思わず癒されてしまった私です。
開催期間:4月29日~5月5日
時間:15時~17時、19時~21時


wall campaing.jpg

さらに同店では、4月27日~9月30日の期間限定でキャンペーンを開催中。グマモンも立っている「JPインスタウォール前」で写真を撮り、JP日本語公式Instagramをフォローしハッシュタグ#shopjpguを付けて投稿すると、抽選で3名様にJPスーパーストアギフト券(100ドル ※5年間有効)が当たります。5年間有効ってところが良いですね~!私も応募してみようかな☆


2.jpg

一生懸命グアムを盛り上げているゆるキャラ・グマモン。店内には沢山のグマモングッズが勢揃いしています。一番人気のマグカップにふわふわのぬいぐるみやキーチェーン、ボールペンやトートバッグなど普段使いできそうなアイテムも揃っています。しかも全ての収益が、自然環境の保全や教育に役立てられるそうです。可愛いグマモングッズを手に入れて、グアムに社会貢献ができるなんて素晴らしい取り組みですね!


3.JPG

グアム土産の定番「m&m」は、おもちゃ付きのパッケージが◎。食べておいしい遊んで楽しいので、お子様連れの方におすすめです。カラフルなパッケージが目を引く板チョコは、なんとチョコレートの中にm&mがざくざくと入っています。お値段も手ごろなので、日本では手に入らないチョコレートをグアム土産に選んでみてはいかがでしょう。


4.jpg

グアム(アメリカ)らしいお菓子といえば、世界中の子供たちから愛されている「Chupa Chups(チュッパチャップス)」に「Jelly Belly(ジェリーベリー)」、そしてグアムロコキッズの間でおなじみの、ハンバーガーの形をしたグミキャンディー「Trolli(トローリ)」です。カラフルな見た目に、日本にはないフレーバーはバラマキ土産にもぴったり!Jelly Bellyからはオーガニックジェリービーンズが新登場。こちらは大人の女性へおみやげにしても良さそうですね!


5.jpg

島内一の品揃えを誇る「DIESEL(ディーゼル)」は、シーズンごとの新作に加え、シューズやバッグ、アンダーウェアなど幅広いアイテムが日本国内より安く手に入ります。イタリアの高級ファッションブランド「ARMANI EXCHANGE(アルマーニエクスチェンジ)」からも、これから使えそうなTシャツやキャップなどおしゃれなアイテムが多数入荷していました。


6.JPG

まだ夏本番には程遠い日本、ビーチアイテムは現地購入が◎。「havaianas(ハワイアナス)」や「Ipanema(イパネマ)」など、種類豊富なビーチサンダルは何にしようか迷ってしまうほどです。サイズ展開も豊富なので、家族お揃いで合わせることもできちゃいます!


7.jpg

お子様連れの旅行者が増えるこの時期に、ぜひおすすめしたいのがおもちゃ。同店には世界中から集められた外国製のおもちゃが、種類豊富に揃っています。馬をモチーフにした色鮮やかなバランスボールが可愛い「Rody(ロディ)」は、日本でもおなじみの乗用玩具。ボヨンボヨンと飛び跳ねながら、バランス感覚や正しい姿勢などを養うことができるそう。


サンフランシスコで誕生したパズルゲームの知育玩具「mudpuppy(マッドパピー)」は、ありそうでないマグネット付きのパズルや床に並べて使用する巨大なパズルなど、子供の想像力を刺激するパズルが満載。マグネット付きのパズルはバラバラになりにくいので、帰りの機内でも遊ぶことができそうですね!口に入れてしまっても安全な、大豆ベースの塗料を使用しているそうなので、小さなお子様にもおすすめですよ。


JPSS_Q2PROMOTION.jpg

つい手に取ってしまう魅力的なアイテムが多数揃う「JPスーパーストア」。大好評開催中のキャンペーンは、お買い上げ金額ごとに次回JPで利用できるクーポンや、グループレストランでのお食事代が10%オフになるクーポンがもらえます。G.Wも残り半分!グアム滞在中の方は、思う存分楽しんでくださいね☆


■JP Superstore(タモン店)
住所:1328 Pale San Vitores Road Tumon, Guam 96913
営業時間:9時~23時
電話番号:671-646-7887
ホームページ:www.jpsuperstore.com
日本語公式Instagram:jpsuperstore_guam


■JP Superstore(マイクロネシアモール店)
住所:1088 W. Marine Drive Dededo, Guam 96912
営業時間:9時~21時
電話番号:671-633-4888


2019年5月 1日
2019年4月24日
2019年4月17日
2019年4月10日
2019年4月 3日
⇒すべての記事を見る

グアム旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■グアムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • デデド(グアム)特派員

    デデド(グアム)特派員
    りひゃん
    グアム島内を忙しく駆け回る「人見知りの破天荒フリーライター」。日本で生まれ育った、日本人と韓国人のハーフ。韓国語も話せるバイリンガル。チャモロ人の夫と2016年に結婚しグアムに移住。グアムに一番詳しいライターになって本を出版するのが、近い将来の野望。観光情報、ローカル情報、裏情報など色々な情報を発信していきたいです!
    【主なグアム情報の配信先】
    キタコレ!
    グアム政府観光局・ウィークリーグアム
    個人ブログ「グアム×りひゃん=Happy DISQUS ID @Rihyan

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集