海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > リゾート  > グアム/デデド(グアム)特派員ブログ

グアム/デデド(グアム)特派員ブログ りひゃん

グアム・デデド(グアム)特派員が現地からリゾート地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

ハッファデイ~! デデド特派員のりひゃんです。
まだまだ日本は寒い時期ですが、グアムは1年中ポカポカとした陽気が続きます。グアム最大のセレクトショップ「JPスーパーストア」では、2020年もスプリングコレクションが続々と登場しています。これから活躍しそうな春物アイテムを、ブランド別にご紹介したいと思います。


1.jpg

個性的な色柄物が春先にぴったりの、「KENZO(ケンゾー)」&「MOSCHINO(モスキーノ)」。JPにはキッズサイズが豊富に揃っており、ハートやくま、インパクトのあるタイガーフェイスなどのトップスが目を引きます。キッズならではのかわいさと、1枚でも決まるセンスのよさがブランドならではです。


2.jpg

リュックサックやバッグで有名な「Herschel Supply(ハーチェルサプライ)」からも、キッズデザインが展開。恐竜やレーシングカーをイメージした男の子用と、猫やドット柄がかわいい女の子用があり、サイズも2種類あります。長く使えそうな丈夫な素材も、親にとってはうれしいです!


3.jpg

大人用は各ブランドとコラボレーションした限定柄や、オフィスにも持ち歩けそうなシンプルデザインのものや日本人に人気のショルダータイプまで、さまざまなアイテムがありました。右上に写っているカモフラ柄のリュックサックは、柔らかいナイロン素材でできており、コンパクトに折りたたんでサブバッグとしてスタンバイしておくことも可能。フロントポケットもついて、収納力も抜群です。


4.jpg

"ラグジュアリーなストリートウェア"をコンセプトに、若者から支持を受ける「OFF-WHITE(オフホワイト)」。シンプルでありながらインパクトのあるブランドアイコンは、Tシャツ1枚でもサマになりそう! ラフにおしゃれを楽しみたい春先にもおすすめです。


5.jpg

北欧のユニセックスブランド「Acne Studios(アクネスタジオ)」は、定番アイテムに少しだけ春をプラスした装いが魅力。つるんとした表面が上品なミニレザーバッグは、手持ちとショルダーの2way仕様。マチがあるので意外とモノが入ります。これを持って、春先に颯爽と町を歩きたいです。


6.jpg

いわずと知れた「DIESEL(ディーゼル)」には、Tシャツが多数入荷していました。デニム素材のキャップは、女子でも似合いそう! 日本人男性に特に人気があるようで、店内ではいつも買い物を楽しむ日本人観光客の姿を目にします。日本で購入するより安く、未入荷品もあるそうなので、グアム滞在中ぜひチェックしたいブランドのひとつです。


7.jpg

キラキラとしたストーンを散りばめられた「Moliabal(モリアバル)」のポーチ&バッグ。本体は大人っぽいけれど、犬や小ブタ、クマなどのデザインが絶妙なかわいさを引き出しており、"大人女子"にぴったりのアイテムです。ウエットスーツ素材のポーチは軽いので、持ち運びにも便利ですよ!


8.jpg

個人的にも大好き! フィンランドを代表する「Marimekko(マリメッコ)」は、独創的なテキスタイルと色使いが多くの女性を虜にしています。淡いベージュやブルーは、バッグのなかが一気に春仕様になりそうです。がま口ポーチにエコバッグやトートバッグなど、サイズ展開やアイテム数も豊富です。


JP1~3月まで.jpg

現在「JPスーパーストア」には、季節先取りのスプリングコレクションが揃っています。買い物をすればするほどおトクになる、期間限定プロモーションも開催中です! 日本ではまだまだ出番がなさそうなものでも、グアムですぐに使う! なんてことも可能なので、滞在中ぜひのぞいてみてくださいね。


開催期間:2020年3月31日まで


■JP Superstore(タモン店)
・住所: 1328 Pale San Vitores Road Tumon, Guam 96913
・営業時間: 9時~23時
・電話番号: 671-646-7887
・URL: https://www.jpshoppingguam.com/
・日本語公式Instagram: @jpsuperstore_guam
https://www.instagram.com/jpsuperstore_guam/


■JP Superstore(マイクロネシアモール店)
・住所: 1088 W. Marine Drive Dededo, Guam 96912
・営業時間: 10時~21時
・電話番号: 671-633-4888


2020年2月19日

ハッファデイ~! デデド特派員のりひゃんです。
グアムに住んでいて、なくてはならないのが”ビーチサンダル”。ローカルは仕事やパーティーなどのかしこまった席でない限り、基本どこに行くにもビーチサンダルです。楽です! 使用頻度が高いため、ビーチサンダル選びはとても重要。というわけで、今回は自分好みにカスタマイズできる、ビーチサンダル専門店をご紹介したいと思います。


1.JPG

やってきたのは「Lea Lea Sandals(レアレアサンダル)」。カラフルなロゴが目印の同ショップは大手旅行会社H.I.Sが運営しており、タモン中心部にあるThe Plazaショッピングセンター(サウスエリア)2階にあります。同店のコンセプトは、ソールに鼻緒、チャームに至るまで、全て自分好みのビーチサンダルが作れます。今回はずっと気になっていた同店で、娘ちゃんとお揃いのサンダルを作りにやってきました!(全サイズ20ドル、チャーム2ドル~)


2.JPG

店内にはベースとなるソールが壁一面に並んでおり、それだけでインスタ映えしそう! サイズは13~30センチ(子供用13~17センチ・ベルト付き)まで展開しており、しっかりした丈夫な素材がうれしいポイントです。


3.JPG

どの色にしようか迷ったら、”ターンテーブル”をくるくる回し仕上がりをイメージできます。上段に鼻緒、下段にはソールが設置されており、気になる色を交互に見比べられます。スタッフさんが丁寧にアドバイスや色の提案をしてくれるので、迷いすぎたら相談してみるのもおすすめですよ!


4.JPG

ソールと鼻緒の色が決まったらチャーム選び。アルファベット、数字、フルーツ、マリンテイスト、GUAMと書いているものもありましたよ! 私は、この”チャーム選び”にかなりの時間がかかりました。娘ちゃんとさりげなくお揃いにしたかったので、迷いに迷ってこんな感じにしてみました!↓↓↓


5.JPG

左側のイニシャルは娘ちゃんと全く同じデザインにし、右側は海をイメージしてセレクト。汚れが目立たないようソールは黒を選び、鼻緒はポイントになるよう明るいピンクにしました!


6.JPG

仕上がりのイメージをしっかり伝え、後は完成を待つのみです! 専用工具を使用し「私のサンダル」ができ上がるのを今か今かと待ちます。


7.JPG

完成まで15分くらいかかるので、その間店内をぐるっと一周。お揃いにもさまざまなアイディアがあり、写真にようにソールと鼻緒の色を逆にした、色違いもセンスがあって良いですね! 今回は黒を選びましたが個人的にはグレーが気になっているので、今度また作りに行きたいな。


8.JPG

完成しました! 想像以上のかわいさにビックリ。冒頭でも話した通り、グアムでは日常的にビーチサンダルを履くので、デザインや色を変えて何個でも作りたくなります。サンダルは現地調達におすすめのアイテムでもあるので、旅行者の方は家族や友人同士、カップルでお揃いにしたら楽しそう☆


9.JPG

さっそく娘ちゃんと一緒に履いてお出かけしました! うん、かわいい! 休日はこのサンダルを履いて出かけることが多くなりましたが、全くへたれることもなく快適に履けています。思い出とともに素敵なグアム土産にもなる「レアレアサンダル」。アクセスも便利なので、滞在中ぜひ足を運んでみてはいかがでしょう。


■Lea Lea Sandals(レアレアサンダル)
住所:The Plaza South 2nd Floor 1275 San Vitores Rd., Tumon Guam
営業時間:10時~19時 ※14時~15時クローズ
定休日:なし
電話番号:671-646-2326
URL:http://www.his-j.com/tyo/tour/guam/branch.html
Instagram:https://www.instagram.com/like_guam/
@like_guam



2020年2月14日

ハッファデイ~! デデド特派員のりひゃんです。
グアムには数多くのおいしいレストランがありますが、今回ご紹介するのはとってもコアな情報です。とあるレストランで提供しているグアムNo.1の”あるもの”について詳しくレポートしたいと思います。


1.JPG

訪れたのは、いわずと知れた「LONE STAR STEAK HOUSE&SALOON(ローンスターステーキハウス&サルーン)」。グアム滞在中にステーキを食べるなら絶対ここ! 自信を持っていえるくらい、私のお気に入りのステーキレストランです。詳しいレストラン情報は→コチラ


2.JPG

ウェスタン調の店内は、写真に写っている3倍ほどの広さがありテキサスに迷い込んだような雰囲気が素敵! 店内は程よくライトダウンしており、かっこいいムードが漂っています。


3.JPG

今回のメインテーマはこちらの「LONE STAR ブレッド」。このレストランでメインメニューを注文すると無料でサーブされる”ウェルカムブレッド”です。このパンはローカルはもちろん旅行者の方にも熱い支持を受けており、ほっかほかの状態でサーブされてとにかくおいしいんです!


旅行者の方にはまだまだ知られていませんが”お持ち帰りシステム”があります! 実はこちらのお店、このパンだけを「箱買い」することが可能で毎日多くのローカルがこのパンを求めレストランを訪ねてきます。英語では1ケースのことを「1ダズン(12個入り)」と表現し、1ケース8ドルで販売されています。


4.JPG

このパンすごいですよ! なんと1日平均2000個が製造し、そのうちの100ダズン(1200個)が持ち帰りで売れるそうです。しかもサンクスギビングやクリスマスなどのホリデーシーズンには、1日1000ダズン売れる日もあるそう! その数を見ても、”ダズン買い”するローカルの多さがわかりますね。パンのレシピはトップシークレットだそうですが、おいしさの秘訣はそのフレッシュさにあるのだとか。毎日店内で粉から作り、でき立てのおいしさを味わうことができます。ステーキはもちろんパンにもこだわっているレストランだということがわかります。


5.JPG

そしておいしくいただくのに欠かせないのが、つけ合わせのハニーバター。写真に写っているのは、店内でサーブされる用(右)と、お持ち帰り用(1ドル)です。お持ち帰りする場合はバターは別購入になっていて、1ダズン+1ハニーバターで合計9ドルになります。


6.jpg

ほのかに甘みのあるこのバターはほっかほかのブレッドと相性抜群。シンプルにパンだけで味わってもいいですが、個人的にはバターをつけるのをおすすめします。ここでは私がいつも実践している、おすすめの食べ方を伝授します。まずナイフでパンに切り込みを入れます。間にバターをたっぷりと塗りサンドするかたちで少し時間を置きます。するとパンの余熱でバターが染み込み、とってもおいしくなるんです!


7.JPG

バターの風味が足りないときは、さらにディップして食べても◎です。私はバターをしっかりつけて食べるタイプなので、このダブルテクニックで楽しんでいます。


8.JPG

レストランに来店した方は、オーダー時にお持ち帰りを一緒に注文しておくとスムーズです。お持ち帰りのみの注文ももちろん受けているので、ぜひお持ち帰りしてみてくだね! 電子レンジで温めれば翌日でもおいしくいただけるので、ホテルでの夜食や次の日の朝食用に購入してもよさそうです。ローカルから絶大なる支持を受ける、グアムNo.1のLONE STARブレッド。滞在中、ぜひ食べてみてくださいね!


■LONE STAR STEAK HOUSE&SALOON(ローンスターステーキハウス&サルーン)
住所: 615 Marine Corps Drive Tamuning, Guam 96913
営業時間: 11時~22時
定休日: クリスマス(12月25日)
電話番号: 671-646-6061
URL:https://www.facebook.com/LoneStarGuam/
Instagram(日本語):https://www.instagram.com/lonestar_jp_guam/
@lonestar_jp_guam


2020年2月 7日
2020年1月22日
2020年1月17日
2020年1月15日
2020年1月 8日
⇒すべての記事を見る

グアム旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■グアムの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

リゾートにもどる

  • 特派員プロフィール
  • デデド(グアム)特派員

    デデド(グアム)特派員
    りひゃん
    グアム島内を忙しく駆け回る「人見知りの破天荒フリーライター」。日本で生まれ育った、日本人と韓国人のハーフ。韓国語も話せるバイリンガル。チャモロ人の夫と2016年に結婚しグアムに移住。グアムに一番詳しいライターになって本を出版するのが、近い将来の野望。観光情報、ローカル情報、裏情報など色々な情報を発信していきたいです!
    ■Instagramアカウント
    @rihyan_guam
    ■グアム在住ブログ
    りひゃん×Guam=Happy
    DISQUS ID @Rihyan

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集