海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > 〜インド 電車の旅〜 どのクラスに乗る??

インド/デリー特派員ブログ 旧特派員 冬野 花

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年8月31日

〜インド 電車の旅〜 どのクラスに乗る??


〜インド 電車の旅〜 どのクラスに乗る??

インドはでかい!なにしろ、国土が日本の10倍ありますから。
しかしそのデカさ、実際には「日本の数十倍ある」という事もできるでしょう。

なぜって、優れた移動手段がない為(飛行機を除く)、どこに行くにも非常に時間と労力を必要とするからです。

バスといっても日本の高速バスのような快適なバスを想像してはいけません。時には半分傾いた信じがたいボロバスで、揺れる度に舌を噛まないように気をつけつつ、トランポリンで飛んでいるかのように飛びながら座席になんとかしがみついて・・・という思いをする事すら多々あります。そしてバスでの移動は、特定のツアー専用バスなどではない限りは、目的地へ着くまでに苦痛なほど時間がかかります。

じゃぁ、電車は?

インドで電車の旅。これはインド旅行、特にバックパック旅行となるともはや、定番中の定番。1か月も放浪すれば、皆、電車の乗り方の達人になる程です。

インド全土を網羅する電車路線の総距離はなんと世界一。インドは電車大国なのです。まぁ、国土が広いし人口だってダントツ多いですからね・・。

ですが、いくら「電車大国」だからといって、快適だとか、スムーズというわけではありません。スピードもせいぜい日本の中央線くらいですから、どこへ行くにも15時間、20時間、30時間がザラ。時には、3泊4日かかる事すらあります。

そのため、インド全土を相手に旅行するにあたっては、電車泊に慣れる事が必然です。

ちなみに、在住前に2度、延べ100日に及ぶインド一人旅を経験済みの私ですが、今までの電車泊数はなんと56泊!(在住後もけっこうあちらこちら行っていますので)。もう飽きました(笑)。

ところで、インドの長距離電車ってどんな感じでしょう?

インドの長距離電車にはたくさんのクラス分けがあります。全部で5〜9種類あると言われていますが、陸路で個人旅行をする上でよく関わるのは、そのうち3種類程度かと思われます。

・セカンドクラス
・スリーパークラス
・AC3クラス

●まず「セカンドクラス」

これは、筋金入りバックパッカーが好むクラスで、「何が何でも安く行きたい」、「庶民中の庶民に混じってギュウギュウ詰めになるような体験こそがしたい」という人が乗ります。

セカンドクラスは一番安い席で、どんなに長い距離を走ろうが、車中で何泊もしなければならなかろうが、寝台などはありません。それどころか、木の堅いイスと、定員を遥かに超える汗臭い下層のインド人達、うず高く詰まれる野菜、時にはヤギなどに、モミクチャにされる事も楽しめるようでなければツライでしょう。もちろん、窓にガラスなどありません。床はゴミだらけです。夏場の暑さと、車内の「メチャクチャ」さ加減は筆舌に尽くしがたいです。

●次は「スリーパークラス」

これは、寝台付きですが、寝台付き車両の中では最も低いクラスです。やはり庶民がごった返し、なぜだか必ず、チケットを持っていない人がまぎれ込み、常に混乱しています。寝台は縦に3段。ですが、窓にガラスはなく、埃がそのまま入ってきます。冬は寒く、夏はそうとう暑いでしょう。また、単に寝台があるだけので、自分でシーツなどを持ってこなければ、汚いシートに寝っころがるだけとなります。盗難が多いのが難点ですが、これよりいいクラスのシートが満席の場合にはしょうがなく、この「スリーパークラス」で妥協する事になりがちです。

●そして「AC3クラス」

これは”エアコン&窓ガラス付き”の車両上位3クラスの中で、一番安い車両です。「ボロボロになってまで旅行するのはちょっと・・・」という人や、「今日は30時間乗るからちょっと休憩をかねてよく眠ろう」という個人旅行者が最もよく利用します。寝台は縦に3段で、その点はスリーパークラスと同じ。そのかわり窓もちゃんとあり、エアコン付きです。客層もそれなりに落ち着いたインド人で閉められ、「ゴッタ返した感じ」はあまりなく、盗難率も低くなります。また、清潔なシーツ2枚、毛布、枕のサービスがあるので、夜はなかなか安眠する事が可能です。


安い順にざっと、あげるとこんな感じです。ちなみに「AC3」より値段の高い車両は「AC2」と「ファーストクラス」ですが、「ファーストクラス」は飛行機の国内線とほぼ同じ値段ですから、旅行者でわざわざ乗る人はあまりいません。それなら飛行機に乗るでしょう。「AC2]は寝台が縦2段でスペースに余裕があり、個別カーテンつきでプライベート確保もできるのですが、やはり旅行者としては「まぁそこまではいらないや。そんなにお金ないからAC3でいい、オレ」というパターンであまり使われません。


これからインド個人旅行を企画中の方、自分の状況に合わせてどのクラスに乗るかを選ぶといいですね。(本当は、全種類体験するのも面白いですよ)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2007年8月31日
« 前の記事「インド人と映画」へ
»次の記事「クリシュナの誕生日 ジャナマーシュトミー」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!

    インド ツアー最安値


    2018/9/21更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集