海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > サンガラトナ・法天・マナケさん

インド/デリー特派員ブログ 旧特派員 冬野 花

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年8月17日

サンガラトナ・法天・マナケさん


サンガラトナ・法天・マナケさん

先日、偶然に手にした本は「波瀾万丈!インドの大地に仏教復興〜日本の心を持つインド人仏教僧・奮闘記」という本でした。サンガ.jpg

私は仏教にも、宗教的な話にも興味がとてもありますが、それでも「インドの大地に仏教復興」だけでは手にとらなかった気がします。ですが、「日本の心を持つインド人仏教僧」という文字が「ん?」と気になったんです。

でも「日本の心を持つ〜」というフレーズ、それだけではひねくれた私は「よくある日本文化大好きオタクの外国人(主に西洋人)のエッセイ?」と思ってしまったかもしれませんが(笑)、なにしろこの本の場合はインド人らしい。珍しいな・・・、とやはり気になり、パラパラっとめくってみました。

するとどうやらこの方は、9歳で比叡山に留学をしているらしい。「インド人が・9歳で・比叡山に・単身留学」。まがりなりにもインド在住4年目突入の私としては、それがいかに「インド諸カルチャー的に珍しい」事かと、即ピンと来たので、面白そう!と即入手。題名には「波瀾万丈」だとか、「奮闘記」だとか書いてあるけれど、そりゃー、そうだろうな、なんて思ったわけなのです。

家に帰って、あっという間に読み終わってしまいました。

まず、「日本からインドにやって来て、防弾ガラス並みにブ厚いカルチャーギャップに時折悶えている」私としては、サンガラトナさんがインドに帰国してから経験なさった諸々の事柄が共感できて非常に面白かった!

そして、カースト制度の事やインド社会の複雑な仕組みについて改めて深く知る事ができ、インドに関わっている者として、大変に為になった。それから、インドにおける仏教の歴史についても。

そして、サンガラトナさんという方の辿っている運命の稀有さが本当に面白い。面白いといっては失礼だが、いい意味で面白く、そして親近感を勝手にたーんと抱いてしまった。だって、本当に「日本の心を持つインド人」なんですよ!(←興味がある方は本を読んでみてください!)

そして・・・・・、

サンガラトナさんのおっしゃる日本の状況(私達のしている事)と、サンガラトナさんがなさっている活動を知り、反省せざるを得ない心境になりました。

私には、私が非常に信頼を置いているある人がいるのですが、彼女がマザーテレサの示した「痛む愛」について説明していた事を思い出しました。それは、「きれいごとの愛ではなくて、自分自身の身を切られても構わないという、そんな痛みを伴う愛こそ、本当の愛である」という話で、「バザーに余り物を出したり安易に署名をしたりするのは愛ではない。身を切ってでも出そうとする、痛みを伴った愛、それが本物の愛だ」という話です。

サンガラトナさんの行っている活動は、きれいごとの愛だけではできないでしょう。

「偉い人の話を聞いて、”あぁ、エライ人はすごいなー。さすがだ!”で終わって、すやすや寝てしまってはいけないんですっ」、「エライ人はすごい。私は凡人だからマネできない」じゃぁ、ダメなんです。彼らはエライからそれができるのではなく、それをやり続けているからエライんですよっ」

と、私の先生がよく言っているのですが、この本を読んで「あー、すごいサンガラトナさんって」で終わっちゃダメなんだよな、と思った次第です。

ちなみに、サンガラトナさんがある時に打ち明けた「私はインド人なのか、日本人なのか」という悩みに対して師匠が答えた『サンガよ、退いて消極的に考えたらだめなのだよ。進んで積極的に考えなければ。「インド人でもあり、日本人でもある」と。「それが俺の強みなのだ」と』という言葉にも妙に感動しました。

※  ※  ※

カースト問題に興味のある方、インドにおける仏教に興味のある方、「日本の心を持つインド人」サンガラトナさんに興味のある方、インドとの文化ギャップに悶えざるを得ない立場の方(笑)、インドと縁のある方、そして、なぜだか私達に不当に敬遠されてしまっている「ボランティア」という言葉を素直に見直してみたい方、お勧めです!

「波瀾万丈!インドの大地に仏教復興」
春秋社 サンガラトナ・法天・マナケ著 1890円

もっと知りたくなった方は・・→http://www.pmj3.com/index.html

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2007年8月17日
« 前の記事「とにかく「濃い」のだ」へ
»次の記事「インド人と映画」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!

    インド ツアー最安値


    2018/10/20更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集