海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > 蚊のシーズンの到来

インド/デリー特派員ブログ 旧特派員 冬野 花

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年10月13日

蚊のシーズンの到来


メール プリント もっと見る

蚊のシーズンの到来

北インドは長〜くつらかった夏から、だんだん冬へ向かおうとしています。

といっても、日本の秋のような感じではありません。まだまだ日中は35度は普通にあり、日差しも強い。いまだに日傘に日焼け止めです。

それでも夜になると、薄いショールが必要になってくる季節まであと2週間くらいでしょうか。やっと、うだる暑さと天井で全速力で回るパンカー(扇風機)の風でよく眠れない季節から、スヤスヤ眠れる季節の足音が聞こえてきました。

北インドの冬は、本当に短いのですが、けっこう寒いんですよ。

ところで、この季節になると急激に増すのか蚊です。

北インドでは、なんと蚊は夏の風物ではなく、冬のもの。

3月くらいから9月までの間は、「暑すぎて」蚊がいないのです。特に、酷暑猛暑の5月や6月にはまったく見かけません。その間、絶滅しているわけではないだろうに、いったいどこに潜んでいるのか不思議ですが、とにかく、あのドライヤーのような熱風、放射能級の太陽光線の中では、蚊は活動できないらしいです。

それが10月に入ったころから、あれよあれよという間に出てくる出てくる。蚊が。

インドの家は造りが非常に雑で、そこら中にスキマがあります。窓もサッシではないため、ぴったりしまる事は稀。

その結果、家の中にもどうしても蚊が侵入。しかも不思議なことに、一匹殺すと、また一匹出てきて、その一匹を殺すとまた、次の一匹が出没。最近は毎晩、15〜20匹殺しているような有様です。

蚊に非常に刺されやすい体質の私は、この蚊のシーズンが本当に苦痛。

常に蚊におびえ、蚊を殺しまくり、手足や首の数箇所が痒く、掻いた痕でお肌が汚いんですから!!

また、デング熱などの、蚊を媒体とした感染症の心配もあります。

10月から2月までは、北インドを観光するにはベストシーズンですが、特に安宿では蚊に悩まされますので、旅行を計画している方は、キャンプ用の蚊取りマット(電池で動くタイプ)を持っていくことをお勧めします。

それを寝る時にベッドの端におけばかなり違いますよ。

もしもそれを持っていない場合は、宿の人に「モスキート・コイル」と言えば、くれる宿もけっこうあります。あの渦巻きの元祖蚊取り線香です。部屋が煙で満ちますが、蚊で眠れないよりはマシ。

「モスキート・コイル」で通じない場合は、「マッチャル ケリエ アガルバッティ ディジエ」と言えばいいと思います。マッチャルはヒンディー語で蚊、アガルバッティはヒンディー語で線香です。


観光の季節は蚊の季節の、北インドです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル
2007年10月13日
« 前の記事「「家事は”異カーストによる共同運営?”」インドのサーバント事情 後編」へ
»次の記事「長澤まさみちゃんが泳いだガンジス河」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!

    インド ツアー最安値


    2017/9/24更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • デリー特派員

      デリー特派員
      冬野 花
      2004年夏より単身ニューデリー在住。ヒンディー語をしゃべって暮らしながらライターとして活動する日々。簡単なアテンド業務を引き受ける事も。立ちはだかる強化ガラス並の文化ギャップにもめげそうになりながらも、なぜか離れがたきインドを満喫中。
      ブログ→「心の暴風警報」

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集