海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > ジャルワーユー

インド/デリー特派員ブログ 旧特派員 冬野 花

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2007年12月13日

ジャルワーユー


ジャルワーユー

日本語の「風土」という言葉があります。

これをヒンディー語に訳す場合、「ジャルワーユー(Jalvaayu)」という言葉に当てはまります。

ジャル(Jal)というのは「水」の事。

普通に会話で「水ちょうだい」とか、「きれいな水だね」なんて言う時には「ジャル」とは言わず、「パーニー(Paani)」と言いますが、

例えば水を運ぶトラックなどにはたいてい「JAL」と書かれていたり、ガンジス河の水などは「ガンガージャル(Ganga Jal)」と言ったりします。

余談ですが、「ジャル(Jal)」と言うと「燃えろ」とか、「燃えちまえ」という意味にもとれるので、日本航空の「JAL」は不吉だ、なんて言われたりもするそうです。

ですが、燃えてもJal(水)で消せるからいいんだ、という話に逆戻りしたりもします(笑)」。

話がそれましたが、では「ジャルワーユー」の、「ワーユー(ヴァーユー)」は何かというと・・・

ワーユー(ヴァーユー)とは、風のことです。

「ワーユー(ヴァーユー)」も「ジャル」と同様に、会話で使う言葉ではなく、会話で「強い風だ」などという時は「ハワ(Hawa)」といいます。

ヴァーユーはインド神話の風神の名前でもあります。この神さまは、仏教では「風天」です。


話がまたそれましたが、

つまり、「ジャルワーユー」は、直訳すると「水風」。

日本の「風土」という言葉の「土」の部分の変わりに「水」がきていますが、

風土が変わると体調も変わる
あそこの風土は体に合わない
風土が人間を作る

などの、ちょうど日本の「風土」という言葉と同じように使われます。


いずれにしても、風水火土空 の5大要素がこの世界を作っているという考え方から来ているのだろうと考えられておもしろいですね。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2007年12月13日
« 前の記事「インドの年末年始」へ
»次の記事「インドのサンタ」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!

    インド ツアー最安値


    2018/7/20更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集