海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > 食物の陰陽

インド/デリー特派員ブログ 旧特派員 冬野 花

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2008年1月14日

食物の陰陽


メール プリント もっと見る

食物の陰陽

デリーでは、非常に寒い日が続いています。

インド人は、男女共に、けっこう食べ物の陰陽についての知識があります。

体を温める効果のある食物=陽
体を冷やす効果のある食物=陰

気候が極端だからか、私たち日本人よりも食物の陰陽に関しては、気にかけている傾向があります。(例えば、気温45度にもなる夏場に体を温める効果のある食物を食べたら、調子がおかしくなります)

体を温めるものといっても、「温かいスープを飲む」とか、「鍋はあたたまる」とかそういうことではありません。

食べ物それぞれには、熱を発する成分のあるものと、冷却作用のある成分をもつものがあるのです。

例えば、大豆は体を温める陽性の食物です。

以前、暑い時期に「何か日本食を作ってくれ」とインド人に言われたので、味噌汁を作って「ミソは大豆からできている」と説明したところ、「今の季節向きじゃないね」と言われました。

豚肉も体を温めるそうで、ある日、妙に体が熱くて冷房の部屋にいてもほてりが消えない時があったのですが、「きみ、さっきポーク食べてたからじゃないの?」と言われました。

インドではポークはなかなか手に入らないので、中華料理屋で大喜びで注文したのですが・・、度を超した暑さのインドだと、ポークが実際に体を温める作用があることを実感できましたよ。

冬の寒い時期はやはり、ジンジャーが大活躍です。

カレーには、大量のジンジャーが入っているものですが、冬はより多く入れます。

また、乾燥ジンジャーのことを「ソーント」というのですが、このソーントの粉を、スパイスとしてドサっと入れます。

こうして、短いけれども寒い冬を乗り切りるのです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2008年1月14日
« 前の記事「いろいろなチャイ」へ
»次の記事「TATA NANO」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!

    インド ツアー最安値


    2017/9/21更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • デリー特派員

      デリー特派員
      冬野 花
      2004年夏より単身ニューデリー在住。ヒンディー語をしゃべって暮らしながらライターとして活動する日々。簡単なアテンド業務を引き受ける事も。立ちはだかる強化ガラス並の文化ギャップにもめげそうになりながらも、なぜか離れがたきインドを満喫中。
      ブログ→「心の暴風警報」

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集