海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > 新型インフルエンザ

インド/デリー特派員ブログ 旧特派員 Kyoko

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月10日

新型インフルエンザ


メール プリント もっと見る

新型インフルエンザ

新型インフルエンザについて、在インド日本大使館からのお知らせが入りました。

最近は、デリーを含む北インドでの患者数が増加しているようです。
患者を受け入れているデリー市内の3つの病院の情報も記載されていますので、
ご参考になさってください。

********** お知らせ (長文のため、一部省略) **********

インドにおける新型インフルエンザ発生状況

1.11月29日付インド保健省のプレスリリースによれば、11月29日までの
インフルエンザA(H1N1)(いわゆる新型インフルエンザ)の確定患者数は
インド全体では18,007名、死者は573名となっています。
確定患者数の多い州は次の通りです。

           累積確定患者数  死亡者数
デリー          4,514    22
マハラシュートラ州    3,973   223
タミル・ナドゥ州     1,849     7
カルナタカ州       1,632   120
ケララ州         1,307    26
ハリヤナ州        1,290     8
ラジャスタン州        994    42
アンドラ・プラデシュ州    773    50

確定患者数は確定検査が行われて陽性となった患者の数ですが、確定検査が
行われていない患者数もかなりいると思われ、実際の患者数は保健省の発表した
数よりもかなり多いと推測されます。


2.このところの傾向としては、デリーなど北インドでの患者数の増加です。
1ヶ月ほど前まではデリーよりマハラシュートラ州の方が累積確定患者数が
多かったのですが、今はデリーが最も多くなっています。また、ラジャスタン州の
患者数も増えてきています。

インドにおけるインフルエンザの流行シーズンは、北インドでは冬とモンスーン期、
その他の地方ではモンスーン期です。デリーなどの北インドでは今後さらに患者数が
増える可能性がありますので、十分注意してください。


3.インドでは、抗インフルエンザウイルス薬であるOseltamivir(タミフルなど)は
現在も政府により管理されており、指定病院以外の病院には薬がありません。
指定病院は主に国立病院ですが、州によっては私立病院が指定されているところも
あります。


4.デリーの指定病院はほとんどが国立病院ですが、10月に4つの私立病院が
指定病院となりました。しかし実際に患者の受け入れが始まっているのは次の
三つの病院です。

IndraprasthaApolloHospital:SaritaVihar,Delhi-MathuraRoad
MoolchandMedcity    :LajpatNagar
SirGangaRamHospital  :RajinderNagar

診療時間はいずれも午前9時〜午後5時30分(日曜、NationalHolidayを除く)で、
指針型インフルエンザ患者専用のH1N1(Screening)Centerでの診察となります。
診療時間外で診察を希望する場合は救急外来(RE)に行き、その旨申し出て
ください。診察料は通常の外来診察料よりも高くなっています。これらの病院では
必要と判断されれば抗インフルエンザウイルス薬を処方してくれます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 美容・健康・病院
2009年12月10日
« 前の記事「インドの朝〜犬〜」へ
»次の記事「渋滞は日常」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!

    インド ツアー最安値


    2017/9/21更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • デリー特派員

      デリー特派員
      Kyoko
      2009年3月よりニューデリー在住。20代の口癖は「インドに行きたい!」。そんな口癖があったことすら忘れた30代になってインドに住むことに。多面的な魅力にあふれるインド生活を、汗をかきかき満喫中。趣味は、街中を徘徊するお牛サマを観察すること。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集