海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > デリーの住宅事情

インド/デリー特派員ブログ 旧特派員 Kyoko

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月26日

デリーの住宅事情


メール プリント もっと見る

デリーの住宅事情

デリーでは、住宅用の建造物は「3階建て」あるいは
「4階建て」というのが一般的です。それ以上の高層住宅は、
規則により建てることができないそうです。


日本と異なるのは、まず階の呼び方。
日本で言う1階は Ground Floor 、日本で言う2階は First Floor 、
日本で言う3階は Second Floor 、日本で言う4階は最上階に
当たることが多いため Top Floor と呼ばれます。


もう一つ、日本と異なるのがフロアによってのお値段。
日本では見晴らしの良い最上階が低層階よりも
高いお値段がつくのが一般的だと思います。
しかし、デリーでは日本と反対で、低層階より
高層階の方がお値段がリーズナブルになるケースが多いのです。


その理由の一つは、「暑いから」。


夏の期間が長いデリーでは、建物の屋根の熱気が影響する
最上階は、あまり好まれないのです。


そのため、デリーでは1階あるいは1〜2階に大家さんが住み、
その上の階を貸し出す形態が一般的です。


デリーのベッドタウンであるハリヤナ州の Gurgaon は、
デリーと違い高層マンションが多く立ち並ぶ地区ですが、
分譲マンションの価格帯が、高層階よりも低層階の方が
10%ほどお値段が上がるケースもあると聞きます。


さて、写真は物件探し中に撮影した1枚。

delhi-kyoko-044.jpg

リフォームしたばかりのお部屋で、家具も新品。
いいなぁ、と思って、大家さんとの交渉を開始したところ、
交渉の最終段階になってボツになりました。


その理由は、大家さんの突然のこの言葉。
「あなた達、2人で暮らすんだから、1部屋少なくてもいいでしょ。
2つあるうちの片方のベッドルームを閉め切ったままで使わない、
という条件でいい?」


もちろん私達は驚き「否!」と返事をしたのですが、
強気の大家さんは「じゃあ値段を上げる」とおっしゃり、
交渉は決裂したのでした。


日本では考えられないような大家さんの発言に、
最初は驚き、次に怒りましたが、今となっては笑いあるのみ。
住まい選びに際しても、想像を超えるハプニングがある国なのです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年3月26日
« 前の記事「やっと見ました! TATA nano」へ
»次の記事「4月5日の天気」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!

    インド ツアー最安値


    2017/9/24更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • デリー特派員

      デリー特派員
      Kyoko
      2009年3月よりニューデリー在住。20代の口癖は「インドに行きたい!」。そんな口癖があったことすら忘れた30代になってインドに住むことに。多面的な魅力にあふれるインド生活を、汗をかきかき満喫中。趣味は、街中を徘徊するお牛サマを観察すること。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集