海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > 自分探しのひとり旅④

インド/デリー特派員ブログ 旧特派員 パッハー 眞理

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年11月 6日

自分探しのひとり旅④


メール プリント もっと見る

自分探しのひとり旅④

 昨年オープンしたばかりの、黄金寺院の前にあるホテルでは朝食がつきません。そのため、近所でカフェでもないかと探しましたら大ブレックファーストがありますよーという大きな看板を見つけました。

朝飯1.jpg

 さっそくジャムなしのバター付きトースト&コーヒーを取る事にしました。
時間に束縛されないので、むしろ食事なしのほうが気楽です。
朝飯2.jpg

 ややもすると、寺院のスタッフたちが休憩中らしくてやってきました。中々ハンサムなシークの人がいて、21歳くらいに見えたので話しかけると当たりでした。他にも24歳の年齢をあてて我ながりビックリでした。そりゃそうだ!自分の子どもたちくらいの年齢なんですからね?

 「あなたはリッチですか?」

開口一番に質問されて少々驚いたものの
「経済的にはリッチかもしれません。

朝飯4.jpg
でも最近精神的にプアーですね。お金って何とか頑張って稼ぐ事が可能だけど,精神的に貧しいのはカバーするのが大変な事です。色々あって、自分探しの旅に来た訳です。でもだんだん精神が癒されて行くのがわかりました。アムリトサルへ来た甲斐がありました」

と答えたら、ほーーっとため息をついていました。聖地を訪問して,哲学者になったか、自分?

 最近の多忙さと、体調が悪くて自分自身が壊れかけて行くのがわかった私は「苦しいときの神頼み」ではないにしろ、シーク教徒の友人の多くが、口を揃えて言っていたように,私もこの寺院へ来たら何とかなる!という予感を信じて来てみたのです。(予感が強いので飛行機も何回もキャンセル経験あり)

朝飯3.jpg

 この選択は正解でした。異教徒の私がなぜか心底癒されて、自分自身の中で封じ込められてしまった大切なモノを取り戻せつつあるのですから。多分旅の終わる頃には全快とは言わなくてもとても良くなっていると信じたいものです。

 「毎日この時間に休憩に入るからお話しましょう」
と、笑顔でお別れしました。気持ちのいい人たちばかりに会うので、さすがにシーク教徒の街だけあるなと実感。サイクリキシャにも乗りました。オートリキシャにも乗りましたが、値段交渉で嫌な思いをすることもなく、全てが怖いように順調です。

 気持ちのよい光の下での朝食。すっかりハッピーモード全開で、1日のプランを練りもう1杯、コーヒーのあとチャイをお代わりしました。店の人も注文してから、たんねんに鍋でチャイを作るので美味しくて素晴らしいスタートが切れました。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2012年11月 6日
« 前の記事「東北地方のパワーをもらった夜」へ
»次の記事「光の祭典、ディワリ、ディワリ!」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    間違い探しが出来る町、デリー(その3)
    雑貨屋 kriti CREATIONS @Khan Market
    ANOHKI @Khan Market
    14時台のデリーは・・・
    要練習@Cafe Coffee Day
    最近の楽しみ、夜の市
    11月3日の天気 最低気温が20℃を下回るように

    インド ツアー最安値


    2017/9/22更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • デリー特派員

      デリー特派員
      パッハー 眞理
      ウィーン生まれ東京育ち。 朝日新聞デジタル版をはじめ、婦人公論、いぬのきもち、JALの機内誌などに海外情報を寄稿。著作にアウガルテン宮殿への道、ニッポンの評判、インディ泥んこウィーン生活。 2011年春よりデリーへ。欧州とは180度違う環境下に挫折しそうになりながら逞しく日々の生活に没頭している。南アジア特派員クラブ、海外書き人クラブ所属。地球の歩き方では「モーツァルト生誕250年」を担当。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集