海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > 寒いデリーからの逃避の旅

インド/デリー特派員ブログ 旧特派員 パッハー 眞理

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年2月 5日

寒いデリーからの逃避の旅


メール プリント もっと見る

寒いデリーからの逃避の旅

インド2.jpg

 インドっていうとどうしても「ホット、ホッター、ホッテスト」のイメージがあるらしいですね。ところが、北インドであるニューデリーの冬は寒く,特に今年は40年ぶりの寒さだけあって、170人以上の路上生活者が凍死してしまいました。

 家の中でオーバーを着ていないと寒いし、電気のオイルヒーターは部屋が即暖まりません。厚着をすると家事も出来ないし、パソコンのキーもピアノのキーも寒くて困ります。

インド1.jpg

「よし!シンガポールしかない!」
とばかりに年中30度を超すシンガポールへと約5時間のフライトで向かいました。

 インドの特派としては見逃せないのが「リトル•インディア」。
メトロの路線を熱心に研究してたどり着いたのが、まさにインド色100%のリトル•インディア! 5時間のフライトで、またインド国内の違う州に入ったのか?と錯覚するくらいにインドです。私もインド服を着ていったのでロケーションに馴染んでしまいます。どうせシッキムやアッサムの出身としか見られないので、道行く人もニコッとして無理矢理インド服を見に来ませんか??とは呼び込みしません。

インド3.jpg

 さすがにお金持ちのシンガポールだけに,身なりもきちんとしたインド人が多くて、列でも割り込みもなく気持ちのいいマナーです。

インド5.jpg

 歴史も古く,1820年代からイギリスの植民地政策として、南インドからシンガポールに移住を強いられた人々が代々住んでいたというので納得。
この一体から漂うマサラスパイスの匂い。矢張りまぎれもないインドの世界。
インド6.jpg

 最大のマーケットであるテイッカセンターでは所狭しと屋台食堂が並んでいます。画像のように皆さんインド料理を一心に食べています。
朝食が目一杯あり、かなり時間をかけて食べる私には,残念ながらお腹に入りません。

 マーケットの上はこれまた、インド人の経営するサリーをはじめ、パンジャビドレスがたくさん。ミシンを踏む人が店の前にいて仕事をする姿はまるでデリーのひとコマのようです。

 ここは全インドの州から集められたデザインがあるために、品揃えが豊富で、デリーで見るプリント地とは違う種類が多くあったのが印象的でした。遠く故郷を離れていても、リトル•インディアに来ると仲間もいる、おしゃべりに花が咲いています。ライバルというよりは仲間同士のように見えました。

インド4.jpg

 特に日曜日は、インドからも飛んで来て,遠く故郷を離れた友人やら親戚を訪問するため、もっと人があふれて活気づくのだとか。仲間意識が強いのでなるほど。そういえばこの地でMBAを取るために留学した知り合いもいたなー

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2013年2月 5日
« 前の記事「日本女性によるこだわりのオーガニックティーサロンがオープン!」へ
»次の記事「寒いデリーからの逃避の旅2」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!

    インド ツアー最安値


    2017/9/23更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • デリー特派員

      デリー特派員
      パッハー 眞理
      ウィーン生まれ東京育ち。 朝日新聞デジタル版をはじめ、婦人公論、いぬのきもち、JALの機内誌などに海外情報を寄稿。著作にアウガルテン宮殿への道、ニッポンの評判、インディ泥んこウィーン生活。 2011年春よりデリーへ。欧州とは180度違う環境下に挫折しそうになりながら逞しく日々の生活に没頭している。南アジア特派員クラブ、海外書き人クラブ所属。地球の歩き方では「モーツァルト生誕250年」を担当。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集