海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > デリーからの小旅行②素朴な町でマハラジャ気分、ニム...

インド/デリー特派員ブログ nok

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年2月27日

デリーからの小旅行②素朴な町でマハラジャ気分、ニムラナへ【後編】


メール プリント もっと見る

デリーからの小旅行②素朴な町でマハラジャ気分、ニムラナへ【後編】

翌朝は、にわか雨が降り、しっとりとした表情に。

27-1.jpg

朝食のビュッフェ(無料)は、種類も多くて、ドーサの実演があったり、珍しい味のジャムを試すことができたり、満足度の高いものでした。


併設されているおみやげ店もおすすめです。手工芸品や布製品が有名なラ-ジャスタ-ン州だけあって、派手すぎずセンスのいいものもたくさん。

27-5.jpg

値札付で売られているので、安心して買い物できます。私は予想外に長居して、ワンピース(750ルピー/約1400円)を買いました。

27-8.jpg


時間があれば、ホテルの敷地外に出て街を歩いてみませんか。地方都市ならではの温かさを感じられると思います。徒歩15分ほどのところには、16世紀に作られた巨大な階段式の井戸が残っていて、無料で見学できます。
27-6.jpg

手の込んだ造りに感動しながらも、下を覗きこむと、底の見えないほどの深さにクラクラ。手すりや柵はなく、正直、怖かったです。お子さま連れの方など、特に気をつけてくださいね。近くの日系工業団地内で働くネパール人の若者たちに出会ったのですが、「階段井戸の周辺の風景がふるさとに似ているから、休みの日によく来る」とのこと。なんだかうるっときました。

27-7.jpg

ちなみに、ニムラナ・フォートでは、ラクダに乗ってこの階段井戸まで往復するツアー(所要1時間200ルピー~/約390円~)も行っているようです。


マハラジャ気分を味わえて、インドの素朴さに気づける町、ニムラナ。デリーの喧騒を抜けたくなったときに足をのばしてみませんか?



*「ニムラナ・フォート・パレス」を日帰りで訪れる場合、「2時間見学プラン・ビュッフェランチ付」(ひとり1600ルピー~/約3100円~)というプランがあります。事前予約必須のようなので、お忘れなく。

*「ニムラナ・フォート・パレス」公式ウェブサイト
http://fort-palace.neemranahotels.com/


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2015年2月27日
« 前の記事「デリーからの小旅行②素朴な町でマハラジャ気分、ニムラナへ【中編】」へ
»次の記事「インドから小包を送る際は白い布で包んで」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!
    1年前の同じ月に投稿された記事
    生と死が同居する場所 ヴァラナシ
    旅のハイライト、レイクパレス (ウダイプル3)
    旅のハイライト、レイクパレス (ウダイプル2)
    旅のハイライト、レイクパレス (ウダイプル1)
    青の街、タール砂漠の入り口 (ジョードプル2)
    デリーの誇るモダンなメトロ
    ボリウッドダンスに燃えた丸の内!
    青の街、タール砂漠の入り口 (ジョードプル1)

    インド ツアー最安値


    2017/9/22更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • デリー特派員

      デリー特派員
      nok
      日本で記者として働いていましたが、2014年、夫のインド赴任を機に退職。デリーでの暮らしを始めました。
      荒い運転、極端な味付け、押しの強い接客・・・「強気」が大好きなインドの人たちに圧倒される一方、著しい発展を続けることにも納得できる気がしています。
      疑問と驚きの尽きることのない生活の中での発見を記していきたいと思います。
      ご連絡はこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集