海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > デリー特派員ブログ > ハイダラーバードでの一日~名物ビルヤーニーとちょっ...

インド/デリー特派員ブログ nok

インド・デリー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年8月30日

ハイダラーバードでの一日~名物ビルヤーニーとちょっとだけ観光~


ハイダラーバードでの一日~名物ビルヤーニーとちょっとだけ観光~

夏休み!1週間、デリー→(飛行機)→ハイダラーバード→(夜行列車)→ハンピ→(夜行バス)→ゴア→(飛行機)→デリー というインド国内旅行に行ってきました。今後、何回かにわけて紹介していきたいと思います。まずは、ハイダラーバード。


ハイダラーバードについての事前知識は、「ビルヤーニー(香辛料の炊き込みご飯)が有名」「街の名前がイスラムの響き」ということくらい。ガイドブックを眺めてもあまりひかれなかったのですが、デリーからのフライトとハンピへの夜行列車があり、移動に便利なので、1日だけ訪ねてみることにしました。

IMG_0792 (412x640).jpg


ハイダラーバードの空港に着いたのは昼前。その日の夜に移動するため、観光は一日だけ。荷物を持ち歩くのも大変なので、タクシーを借り切ってしまうことにしました。声をかけてきた運転手と早速交渉。8時間&80kmまで1900ルピー(約3500円)、それ以上は1時間100ルピー(約180円)&1キロ15ルピー(約30円)でまとまりました。ただ、特に女性ひとりや旅慣れていない場合は、この方法はおすすめできません。というのも、変な運転手に当たったり、後で追加料金を要求してきたりする可能性もあるからです。
時間に余裕があれば街中までのシャトルバスを、予算が許せば旅行会社を通じてあらかじめ予約した車を利用する方が安全だと思います。やむなくタクシーを使う場合には、車のナンバーや運転手のID確認(首からぶらさげている)などお忘れなく。



町のことを調べていて、(唯一)訪ねてみたいなあと思ったのが、Golkonda Fort(ゴールコンダ・フォート)という500~600年前のお城。

IMG_4635 (640x427).jpg


えっちらおっちら汗をかきかき登ります。ときたまインド人観光客の若者が、「写真をいっしょに撮ってくれ」とか「名前は何?どこから来たの?」と話しかけてきます。おそらく農村部から来た彼らにとって外国人はまだまだ珍しい存在なのでしょう。

IMG_4659 (640x427).jpg


頂上からの景色は、確かに、壮観です!が、私には、ポーズをあれこれ変えながら自撮りにいそしむインド人の姿の方が、見ていて興味深かったです。

IMG_4684 (640x427).jpg



昼食は事前にネットで見つけたビルヤーニーの老舗「Paradise(パラダイス)」へ。
街中の食堂みたいなところをイメージしていたら、本店は、ビルまるごと「パラダイス」社のレストランで、少しひいてしまいました。成功してどんどん巨大になっているのでしょう。


肝心の味ですが、名物マトンビルヤーニー(写真を撮り忘れたので公式WEBサイトより↓。お値段254ルピー/約460円)は、今まで食べた中で一番!(とはいえ、インドに来てマトンビルヤーニーを食べたのは4~5回だけですが・・・。)サフランやカルダモン、ターメリックなどのたくさんのスパイスがお米に浸透していて、香り高い!かといってスパイスが強すぎない。そして、何よりご飯がサラサラで全く油っぽくなかったことに感心しました。

im8 (640x426).jpg


ほかにも、マトンやチキンの串焼きも香ばしくておすすめ。

新しいビットマップ イメージ (2) (640x128).jpg



お城を見てビルヤーニーを食べ、この街での目的を早くも達成。列車まで時間がたっぷりあったので、湖畔沿いの「ルンビニパーク」に行ってみることに。市民の集う公園で、インド人の観光客は、噴水やミニ遊園地ではしゃいだり(乗り物は1回20~30ルピー/約40~60円)、

IMG_0772 (640x480).jpg


船に乗って湖に浮かぶ島にある仏像を見に行ったり(往復55ルピー/約100円)していました。

IMG_0778 (480x640).jpg


仏像前ではどこからか電気をひいて撮ったばかりの写真を印刷するビジネスが営まれていました。さすが!

IMG_0779 (640x548).jpg


はりきっていろいろ見てまわる気になれず、街そのものよりも、観光にいそしむインド人の観察を楽しんだ1日でした。次回からはハンピ編、もっと濃密にお伝えしたいと思っています。



*Golkonda Fort*
住所:Ibrahim Bagh, Hyderabad, Telangana
電話:+91-(0)40-2351-2401
入場料:100ルピー(外国人)

*Paradise restaurant*
住所:S D Road, Secunderabad(本店)
電話:+91-(0)40-6666-1199
web:http://www.paradisefoodcourt.com/

(ハイダラーバード市内各地&ベンガルールにも数多く店舗あり)


*Lumbini Park*
住所:Opposite Secretariat New Gate,Khairatabad, Hyderabad
電話:+91-(0)40-2345-5315
入場料:大人1人10ルピー(約20円)

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2015年8月30日
« 前の記事「アーユルヴェーダ体験記inデリー②~Santhigram Kerala Ayurvedic Centre...」へ
»次の記事「ハンピ近郊の隠れ宿~Hampi's Boulders【前編】~」 へ
おすすめ記事
    デリー特派員 新着記事
    【最終回】デリーで食べる各州の味・ご当地食堂めぐり⑦~アッサム州~
    インドのたばこ事情~路上はOK屋内はNG、ばら売りが主流~
    アクセス抜群、ひっそりたたずむサフダルジャング廟
    デリーで正統派ラージャスターン料理を~kathputli~
    ストリートフードフェスティバル!~インド各地の屋台メシが集合~
    チョーレー・バトゥーレー(インドの軽食)の名店~Anand Ji~
    ディワリ当日写真館~夜の花火&ライトアップ編~
    【続報4】旧札は12月末までに処理を&外貨→ルピーへの両替上限に注意!

    インド ツアー最安値


    2018/12/19更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/ジャカルタ2インドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/カンポットカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2タイ/バンコク3タイ/バンコク4ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/タインホアベトナム/ニンビンベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンモンゴル/ウランバートルラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/広州中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄東ティモール/ディリ韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/ソウル3韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    地球の歩き方Web特派員募集