海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > アジア  > ダラムシャーラー特派員ブログ > 上ダラムサラにある教会散策。日本との意外な関係にび...

インド/ダラムシャーラー特派員ブログ 薄田 泰代 Yasuyo Susukida

インド・ダラムシャーラー特派員が現地からアジア地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年11月18日

上ダラムサラにある教会散策。日本との意外な関係にびっくり!


メール プリント もっと見る

上ダラムサラにある教会散策。日本との意外な関係にびっくり!

 1_8404.jpg

タシデレ!インド北部ダラムサラ特派員の薄田泰代です。ダラムサラといえばチベット仏教を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。しかし実はダラムサラにはとても古くから建っている教会もあるのです。今回は、ダラムサラに160年以上前からある「聖ヨハネ教会」と日本との意外な関係についてご紹介します。


ダラムサラに教会がある!
2_8411.jpg

 インド北部のダラムサラといえば、チベット仏教の寺院が数多くあるのが有名ですね。でもそんなダラムサラには、築160年以上にもなるネオゴシック様式の「聖ヨハネ教会」があります。聖ヨハネ教会はマクロードガンジから歩いて15分ほどです。観光名所のダル湖へと向かう森の中にあり、地元では観光地としても有名で他宗教の人々も数多く訪れる教会です。

大地震にも耐えた歴史ある教会
3_8425.jpg

 聖ヨハネ教会ができたのは1852年のことです。それは1849年にイギリスが、ダラムサラを軍の駐屯地と定めた3年後のことでした。そのためイギリスによるインド統治の歴史を物語る教会でもあります。その頃、上ダラムサラは駐屯するイギリス人たちの避暑地として栄えていました。しかし1905年、カングラ峡谷一帯が大地震に見舞われ、多くの人が亡くなりました。聖ヨハネ教会も、鐘楼などが損壊しましたが、なんとか全壊は免れます。そして1915年に新しい鐘を再建し、再び歴史を紡ぎはじめたのです。

おっちょこちょいな鐘どろぼう
4_8409.jpg

 1915年に再建された鐘ですが、地元で伝わっている面白い話があります。ある日、金属をお金に換えようとやってきた泥棒たちがこの教会の鐘に目をつけました。しかし、運ぶ途中でこの鐘が重たすぎて運ぶことができなくなり、あえなく御用になったという話があります。実は、この話には幾つかのバリエーションが存在します。手で運ぼうとして捕まったという話と、トラックで運ぼうとしたところトラックが故障してそのまま逃げたという話があります。どちらにせよ鐘が盗まれそうになったのは、どうやら本当のようです。なぜなら、今は教会の鐘が盗みだされないようにと柵に囲われているからです。

インド総督と日本の深い関係
5_8430.jpg

 聖ヨハネ教会内部には、エルギン伯爵ジェイムズ・ブルース氏へ捧げるモニュメントが置かれています。彼はインド総督としてこの地へ着任した1863年に、心筋梗塞により亡くなりました。実は、そのエルギン伯爵ジェイムズ・ブルース氏ですが、インドへ着任する前の1858年に、日本で江戸幕府と不平等条約である「日英修好通商条約」を調印した際のイギリス代表でもあったのです!日本から遠く離れたこの地で、日本の歴史へ想いを馳せることになるなんてまったく思いもしませんでした。日本との条約を成功(イギリス側から見て)させた後、インドへ着任...当時のイギリスがどれだけ勢いを持っていたかがわかるエピソードですね。

6_8387.jpg

 みなさんもダラムサラにいらっしゃった際には、森の中にひっそりと佇むこの教会へお越しになってはいかがでしょうか。歴史のロマンを感じる静かな空間です。

7_8400.jpg

8_8403.jpg

<聖ヨハネ教会>
St. John's Church
マクロードガンジのメインスクエアからバススタンドを越えてダル湖に向かって歩くこと約15分。
閑静な森に囲まれた美しい教会なので、徒歩で行くのがオススメです。
ただし、夜はとても暗くて危ないのでお昼に行きましょう。

※写真撮影NOMAD ART JOURNEY
2016年10月6日提出 ダラムサラ特派員薄田泰代

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年11月18日
« 前の記事「みんなで「いただきます!」ダライ・ラマ法王の法話とバター茶」へ
»次の記事「初めての乗馬親子体験 in インドダラムサラ!雪山が見える丘まで出発だ!」 へ
おすすめ記事
    ダラムシャーラー特派員 新着記事
    ダラムサラで日本のクレジットカードが使えるお店
    初めての乗馬親子体験 in インドダラムサラ!雪山が見える丘まで出発だ!
    上ダラムサラにある教会散策。日本との意外な関係にびっくり!
    みんなで「いただきます!」ダライ・ラマ法王の法話とバター茶
    インド新紙幣2000ルピーと新デザインの500ルピーを発表!(最新情報追記していきます)
    多様なダラムサラ!異文化がひしめき合うインド北部の山岳地帯

    インド ツアー最安値


    2017/12/13更新

    アジア 航空券情報


    インド旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■インドの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    アジア特派員ブログ一覧

    インドネシア/ジャカルタインドネシア/バリ島インドネシア/バリ島2インドネシア/バンドゥンインド/デリーインド/トリヴァンドラムインド/ベンガルールインド/ムンバイウズベキスタン/タシケントカザフスタン/アスタナカンボジア/シェムリアップカンボジア/プノンペンシンガポール/シンガポールシンガポール/シンガポール2スリランカ/コロンボスリランカ/バッカスタイ/チェンマイタイ/バンコクタイ/バンコク2ネパール/カトマンドゥバングラデシュ/チッタゴンパキスタン/カラチフィリピン/セブフィリピン/セブ2フィリピン/パナイ島フィリピン/パナイ島2フィリピン/マニラベトナム/ハノイベトナム/ハノイ2ベトナム/ホーチミンマレーシア/クアラルンプールマレーシア/クアラルンプール2マレーシア/ペナンミャンマー/バガンミャンマー/ヤンゴンラオス/パークセーラオス/ビエンチャン中国/フフホト中国/マカオ中国/上海中国/上海2中国/上海3中国/北京中国/南京中国/深セン中国/蘇州中国/香港中国/香港2台湾/北投台湾/台北台湾/台北2台湾/高雄韓国/ソウル韓国/ソウル2韓国/済州韓国/釜山

    アジアにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ダラムシャーラー特派員

      ダラムシャーラー特派員
      薄田 泰代 Yasuyo Susukida
      NOMAD ART JOURNEY主宰。芸術家。インドと日本の二拠点生活。ダラムサラに写真家・映画製作の夫と家族で住んでいる。これまで滞在したインド内の都市は20か所以上。短期滞在ではなく、暮らすように旅をするスタイルが好み。情報誌編集者を務めたのち、イベント主催等、幅広い活動を行っている。面白く、変化が激しいこの街から最新情報をお届けする。ご連絡はコチラDISQUS ID @Dharamshala

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集