海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > ドバイ特派員ブログ > ドバイでの家探し

アラブ首長国連邦/ドバイ特派員ブログ 旧特派員 口井 京

アラブ首長国連邦・ドバイ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年2月 7日

ドバイでの家探し


メール プリント もっと見る

ドバイでの家探し

世界的な不景気でドバイでは良いことが二つ。
ひとつは殺人的だった交通渋滞の緩和。
もうひとつは殺人的だった土地の高騰に歯止めがかかったこと。


私が勤める会社ではクルー全員に無料で家具つき、光熱費ただ、ジム、プール完備の住宅が貸与されます。
この社宅以外に住む場合には現金で住宅手当が支給されます。しかし、不景気以前はとてもこの住宅費では借りられる住宅が見つかりませんでした。
しかし、家賃が下がった今、むしろ上手く探せば住宅手当よりも安くで見つかる住宅もあるため、お金を貯めたいしっかりさんや、長くドバイに住む予定のあるクルーは社宅外に引っ越しています。


先週一緒に乗務したイラン人のパーサーが私の住む近所で家探しをしたいというのでくっついて行って見ました。
彼女、イラン人ですが、革命以来、政情不安のイランにはもう20年近く帰ったことがないのだそう。家族はみんなフランスに移住しているそうです。
猫好き同士ということと日本食をこよなく愛する人ということで、仲良くなりました。


ギャグセンスといい、その他もろもろといい、関西のおばちゃんみたいな人です。


早速、うちの近所にある3件のアパートメントに直接乗り込み、レセプションの警備員に空き部屋の有無を訊きます。空き部屋があればその場で警備員が鍵を渡してくれ、部屋の中を見ることが出来ます。値段もその場で教えてくれます。


ただ、ここでひとつ!
当初、彼女が「1ベッドルームか2ベッドルームで探しているの」というと、ひとりは両方あると言っていたのにもうひとりの鍵番は「2ベッドしか空いてない」と言ってきました。
ほかのビルでは「1ベッドルームだけ探しているの」というと、「残り1室。ここだけ」と言ってきました。
私は鵜呑みにしていたのですが、ドバイ歴の長い彼女が言うには最初のビルは1ベッドルームではなく、2ベッドルームを貸したいから本当はあるのに1ベッドはない、と嘘をついてきて、ほかの二つのビルでは「残り1室」というと慌てて決めるから、そういうのを見込んで言ってきているんだとか。
なるほど。そんな心理戦が。交渉慣れしていない日本人なら、気づかないな。。
たぶん、本当に住みたい部屋が見つかったら多少の値切り交渉もある模様。
ここが日本の部屋探しとは違う。
もちろん、会社が契約するアパートメントに住む駐在の日本人が直接こんな場面に出くわすことはないでしょうが、個人での家探しの一番オーソドックスな形はこれです。

結局、彼女のおめがねにかなう部屋はなく、ほかのエリアも当たってみるとの事。


でも日本人なら、というか私なら気に入らなくても「またの機会に」とか言葉を濁して帰るところ、関西のおばちゃん、もとい、イランのおばちゃんは「あの部屋はひどい!」とか「お金もらってもここには住まないわ!」なんて捨て台詞をいちいち警備員のおじちゃんに残して去っていきました。
警備員のおじちゃんも無言で苦笑い。


ケンカにならないのが不思議だわ。。。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2012年2月 7日
« 前の記事「アバヤ娘に話しかけられた!」へ
»次の記事「ドバイから日本へ~千羽鶴に込めた想い」 へ
おすすめ記事
    ドバイ特派員 新着記事
    デーツ
    ドバイみやげに、オリジナルゴールドネックレス☆
    RAMADAN2015はじまりました!
    *暑い夏にはあま~い ラマダン前のアイスクリーム*
    <保存版>日本人医師&スタッフがいる病院
    <Part2>旅行者も必見!Entertainer2015を使って半額生活を☆
    <Part1>旅行者も必見!Entertainer2015を使って半額生活を☆
    クウェート発!アラブ人を行列させる赤いハンバーガーとは!?
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ヘルシーアラビックランチ

    アラブ首長国連邦旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アラブ首長国連邦の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ドバイ特派員

      ドバイ特派員
      口井 京
      緑いっぱいの中で育ったはずなのになぜか砂漠のど真ん中に住みついて早8年目!砂漠に癒しを感じてしまう今日この頃。でも実はちょっと足を伸ばせば野生の イルカにも会えちゃうんです。相棒のペルシャ猫と変わりゆくドバイの姿に目を丸くしながら暮らしています。現地ベースエアラインクルーとして世界中を飛び 回りながら鍛えられた嗅覚と旺盛な食欲でいろんな角度からドバイを発掘していきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集