海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中東  > ドバイ特派員ブログ > <アラブの結婚式Part2>あるようでない?ないよ...

アラブ首長国連邦/ドバイ特派員ブログ Dobami

アラブ首長国連邦・ドバイ特派員が現地から中東地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年3月11日

<アラブの結婚式Part2>あるようでない?ないようである?結婚式のプログラムをご紹介!


メール プリント もっと見る

<アラブの結婚式Part2>あるようでない?ないようである?結婚式のプログラムをご紹介!

前回の記事(こちら) に続き、今回はプログラムに沿ってご紹介します!



ちなみに、集団結婚式と聞いててっきり、「何十組ものカップルが舞踏会のようなダンスをして、それをホールの脇からゲストが観る」のだとイメージしていたのですが全然違いました。よく考えれば、ここはイスラムの国。花婿であれど、他の花嫁やゲスト女性の前に現れることはしないのです。




では、さっそく・・・

※写真厳禁のため文字ばかりです。



19:30 開場
会場(ワールドトレードセンターのアリーナ)入り口にはセキュリティーゲートがあり、ここから先は完全女性オンリーです。


ゲストはドレスの上に民族衣装のアバヤを着て入場します。


エントランスからホールまでの沿道には、親族と思われる方々が「マルハバ(ようこそ)なんちゃらかんちゃら〜」と全ゲストに言って迎えてくれます。握手やハグで気持ちを伝えます。私が知っているアラビア語は、これはペンです、次の駅は○○です、インシャラー(神のお心のままに)、ハラス(終わった)、ヤッラ(カモーン!)とサラムレイコム(こんにちは)だけなので、とにかく「サラムレイコム!!」を40回くらい繰り返しホールに向かいました。おもてなしを大切にするアラブ人の気持ちがとても伝わるお出迎えでした。




20:00 着席
巨大なホールの中央、正面、左右にランウェイが伸び、まるでファッションショーのような会場設営。その周りには1000人分の円卓があります。

テーブルのお花装飾はもちろん生花で、自分の結婚式のウン十倍のボリュームです(笑)

そして天井・壁は、宝石と花が敷き詰められています。あの装飾の仕方、日本にはないです...


「豪華なシャンデリアがある!」という高級ホテルの雰囲気ではないんです。


花!ダイヤの滝!花!ダイヤの滝!花ー!!!ダイヤー!!!ダイヤー!!!!


天井はピンクや白のフジの花と、わけのわからない数の宝石が滝のようにしきつめられているのです。すみません、表現が下手です!笑




お食事 スタート
テーブルでは前菜からデザートまでアラブ料理のオンパレードです。ドリンクだけでも15種類あるかな〜?もっと?不思議なドリンクを一口ずつ試しました。カボチャスープのような色をしたタピオカ食感の甘過ぎない飲み物、すごく馴染みの無い表現のドリンクですが、美味しかったです。個人の結婚式にあるような、花輪や香水のサービスはなかったです。お土産に、チョコとクッキーをいただきました。


IMG_0040_2.jpg



20:30 新郎&新婦登場! 
「新郎○○さんと新婦○○さんの登場です」という司会者のアナウンスが流れれると、全員アバヤをささっと羽織ります。新郎、つまり男性が出てくるからです。さっきまで色鮮やかだった会場内はいっきに真っ黒です。


新郎新婦が舞台の両袖から出て来ます。そろりそろりと歩み寄り新郎が新婦のおでこにキスをします。その後は手をつないでランウェイを歩きます。


新郎新婦の親族は、おめでとうキャ〜!!!ヒュ〜!!!と大盛り上がり。笑

ランウェイを歩き終えるとケーキカットをするフリをして退場します。

ここまでの流れが、一組15分くらい



これが15組続くわけです。。。

おそるべし、集団結婚式!!!!




23:00 花嫁、全員集合

全花嫁が一列になって開場中をねり歩きます。間近で花嫁さんをみれてこども達大喜び!

新郎は、自分の出番(15分間)が終わるともう出てきません。

なぜなら、アバヤを着ていないドレス姿の他の花嫁が男性に会ってはいけないからです。




23:30 ダンスタイム
新婦全員が壇上に並び、その前でゲストみんなのダンスタイムがじまります。この時はみなアバヤを脱ぎ、ド派手ドレスで腰をふりふりダンシング!


きょうイチの衝撃シーン笑


いつも黒いアバヤに身を包まれ、小走りする姿すら見たことのないアラブ女子が腰をふりふり。踊るんだ・・・踊れるなら普段からもっと動こうよ!運動しようよ!とも思ったのであります。笑




24:00 知らぬ間に解散
気づけば新婦はおりません。いつのまに...
そしてゲストも順に解散。


外ではロールスロイスなどがお迎えにきていました。もちろん私たち日本人はしばし歩いてタクシー相乗りです。てか歩いてる人は私たちだけだった気がします。みんなドアtoドアの送迎つきでした。笑




個人の結婚式に比べると、やんわりとプログラムがあったし、新婦が出てくるタイミングも早かったし、やっぱり合同には合同のやり方があるようです。5月頃、個人の結婚式に参列予定なので、またそちらもお知らせできたらと思います。





*サリー*








記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2015年3月11日
« 前の記事「<アラブの結婚式Part1>アラブの合同結婚式に初潜入!」へ
»次の記事「<3月のお題>お隣の首長国"豪華絢爛なアブダビ"へ」 へ
おすすめ記事
    ドバイ特派員 新着記事
    デーツ
    ドバイみやげに、オリジナルゴールドネックレス☆
    *暑い夏にはあま~い ラマダン前のアイスクリーム*
    <保存版>日本人医師&スタッフがいる病院
    クウェート発!アラブ人を行列させる赤いハンバーガーとは!?
    <ドバイ生活>避難訓練?たまには真面目な事もするドバイ。でもどこか惜しい。
    <ドバイ生活>32℃は暑くない?モルディブで気づく自分の適応力。
    <ドバイ生活>エマラティが混乱する地名。隣町のモルディブか国のモルディブか・・・
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ドバイでの食後のリラックス法
    UAEの香り文化

    アラブ首長国連邦旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アラブ首長国連邦の旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中東にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ドバイ特派員

      ドバイ特派員
      Dobami
      アラブ首長国連邦(UAE)のドバイに暮らしています。つい十数年前までは電車も高層ビルも無い砂が舞っていた町が、今では世界一が溢れる都市に。世界中から集めたヒト、モノ、アイデアを実践していく国のパワーに驚かされ楽しまされる毎日です。煌びやかなドバイ、そして、メディアでは紹介されることのないドバイの別の一面も紹介していきます!ドバイ生活、ドバイ旅行のご質問はコメント欄にお気軽にお寄せください。 DISQUS ID @disqus_75M5cVLV7D

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集