海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > クロアチア/ドゥブロヴニク特派員ブログ

クロアチア/ドゥブロヴニク特派員ブログ 玉利 和博

クロアチア・ドゥブロヴニク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


Dubrovnik christ 1.jpeg
ドブロブニクには数多くのお土産屋さんが存在します。
その中でも特殊な輝きを放っているのが伝統芸・クリスマスショップ(TRADITIONAL  CHRISTMAS SHOP)。クロアチアで唯一365日クリスマスをテーマに大人から子供まで広く楽しめるクリスマス雑貨店です。
Dubovnik Chris 2.jpg
大きなクリスマスツリーが輝く店内は真夏にもひんやりと心地よく、旧市街のほてった大理石から逃げ込むのに絶好の避暑場所です。
Dubrovni Christ 3.jpg
オーナーのスッカラムッチャさんは十年前にお店を開いたとき、まず普通のお土産屋さんをオープンしたのですが、冬の間売るためのクリスマス製品を店頭で作っていたらしいです。観光客はそんな彼女を見て作ったものをすぐに売ってくれとせがみ、結局夏に在庫をためようにも全て売り切ってしまったらしいのです。そのようなことが数年間続き、普通のおみやげ物は売れ残るばかり。夏でもクリスマス製品を求める人達が多いと分かったスッカラムッチャさんはお店をクリスマスショップに改名、クロアチアで唯一の年中クリスマスショップが出来たわけです。
Dubrovnik christ 4.jpeg
お店の製品は全てオーナーと売り子さんたちが作っている手作りです。
Dubrovnik christ 5.jpg
クリスマスショップは大繁盛、今では二号店もあるほど。
お店を見つけるのは簡単。
dubrovnik christ 6.jpg
一つ目はドブロブニク一有名なアイスクリーム屋さんドルチェbタ(DOLCE VITA)の真向かい。
Dubrovnik chris 7.jpg
もうひとつのお店はドブロブニクで一番の横道、プラッツァ通り(PLACA STREET)の中心、正教教会の真向かいです。
Dubrovnik Christ 8.jpeg
クリスマスに縁の無い人でも大丈夫。小さくて軽いお土産の多いこのお店はドブロブニクで手作りのお土産が欲しい人に最適です。何せ全てが手作りなのですから!
なぜこのお店がヒットしているのか是非ご自分でお確かめください。
Dubrovnik Chrirs 9.jpg
大切な人に送りたいお土産から、会社の同僚に配るお土産も。全て揃ってますよ。
Dubrovnik christ 10.jpeg
このお店のことについて何か質問がありましたら kazuhiro.tamari@gmail.com
までご連絡ください。
住所
Nalješkovićeva ul. 6, 20000, Dubrovnik Croatia

クリスマスショップお勧めの品

天使 大45クーナ小25クーナ
クリスマス写真1.jpeg
レポグラビ伝統芸 200クーナ
クリスマス写真2.jpeg
リチタルハート 四個入り80クーナ(ひとつ25クーナ)
無数の形があり自分で選べる
クリスマス写真3.jpeg
クリスマスボール 50クーナ
クリスマス写真4.jpeg
手作りお人形 45クーナ
クリスマス写真5.jpeg


2018年5月12日

Dubrovnik Tratt 8.jpg
今回紹介するレストランはトラットリア・カプリッチオ(TRATTORIA  CAPRICCIO)
クロアチアとイタリアの味が絶妙に交差する静かなレストランです。
Dubrovnik Tratt 2.jpg
ドゥブロブニクの城壁内に位置するレストランの殆どは人通りの激しい
細道に位置しております。このトラットリア・カプリッチオはそういった
混み合う場所が苦手、静かな場所でお食事を楽しみたい方にピッタリです。
レストランを見つけるのは至って簡単。旧港近くの水族館を目指すとすぐ目の前位置します。
Dubrovnik Tratt 1.jpg
オーナーの二人は夫婦でレストランを切り盛りしているイヴォナ&イワンさんです。
アドリア海を挟んで向かいあうイタリアとクロアチア沿岸部。歴史上深いつながりがあり、食べ物もイタリアの影響を強く感じさせるものが多いです。とは言っても、クロアチアのイタリアンは本場のものとはかなり趣が異なり、独自の発展を遂げています。
Dubrovnik tratt4.jpg
25 年ほど前までは社会主義国家ユーゴスラヴィアの一部だったこともあり、クロアチアのイタリアンはより素朴で、かつ、イタリアだけでなくハンガリーやオーストリアなどの大陸側の影響、およびトルコやギリシャなどを含めた地中海料理の影響も強く、どこか前時代的な懐かしさ、素朴さを感じさせる雰囲気があることが多いです。
Dubrovnk Tratt 5.jpg
こちらのトラットリアは、若者らしい感性が光る個性のあるお店。味はもちろんのこと、彩り鮮やかで、目でも楽しめるメニューが揃っています。
Dubrovnik tratt3.jpg
旅先でも、ガイドブックに載っている有名店巡りより、ちゃんと美味しいものを食べたい方、ぜひ足を運んでみてください。
Dubrovnik Tratt 6.jpg
冒頭にも書きましたが、レストランを見つけるには水族館を目指せば簡単です。水族館手前の右側に位置します。
Dubrovnik tratt 7.jpg


豆情報・オーナーは私の高校からの友達で、この前なんとドブロブニク風ラッキョウ等レアなものを食べさせていただきました。(メニュー外)Kazu のブログ見た!とだめもとで言ってみてください。もしかしたら良いことあるかも(笑)
Dubrovnik Trattorio 9.jpg

住所
Ul. kneza Damjana Jude 10, 20000, Dubrovnik, Croatia

レストランのお勧めメニューは
 Ricotta e prosciutto (starter) 80 kn ルコラとトマトサラダ
 Minestrone 50 kn ミネストローネスープ
レストラン写真1.jpg
Gnocchi neri a gamberi 170 kn ( black gnochi with prawns -main course)
特上黒海老
レストラン写真2.jpg
 Guanciale di manzo (beef cheek -main course) 160 kn
牛の頬肉
 Posip Toreta 40 kn  赤ワイン
 Zlatan Plavac 40 kn  白ワイン
レストラン写真3.jpg
 Dessert (daily offer) 35 kn 日替わりデザート
レストラン写真4.jpg


2018年5月12日

Dubrovnik visit.jpg

ドブロブニクの町の人達は本当に親切です!
その通りなのですが、公式の場での情報のやり取りは日本と比べるとかなりアバウトな所があります。
ココに交通手段を簡略してまとめておきます。ドブロブニクを訪問する場合は参考にしてください。
Dubrovnik plain.jpg
飛行機でドブロブニクに来る方
値段的に手頃なのがターキッシュエアラインかカタールエアライン。
直行便は無いので、ヨーロッパの町へ飛び、クロアチアの首都ザグレブ又はドブロブニクへの直行便を探す。
ザグレブに飛行機で飛んだ後、バスでゆっくりドブロブニクへ南下して帰りは飛行機でザグレブへ、と言うのも悪くないですよ。
Dubrovnik car.jpg
陸路(レンタカー)でドブロブニクに来る方
ザグレブからドブロブニクまで7時間程。景色もよく、他の町を回りながらゆっくり南下できます。お勧めのルートはザグレブ・プリトビチェ・ザダール・スプリット・ドブロブニク。
スプリットとドブロブニクの間にはボスニアの領土NEUMネウムが在りますので、パスポートは手元に置き、アルコールなどは大量に車に積んでおかないようにしましょう。
ドブロブニクでは駐車場の問題に遭遇する可能性があるので、事前に確認の必要があります。
駐車場の問題。旧市街周辺、又都市全体に駐車場の数が足りていません。
路上駐車が一般的なのですが、地区によってチケット販売場所
と値段が違いますので、事前に調べておく必要性が在ります。

http://www.sanitat.hr/hr/parking/parkirne-zone
リンクはクロアチア語です。翻訳機能をお使いください。

dubrovnik bus.jpg
陸路(長距離バス)でドブロブニクに来る方
長距離バスの数は多く、値段も比較的手頃です。ですが日本と同じように構えていると色々不都合が起こる可能性があります。バスの時間は時期によって違うので、ネットの情報を100%鵜呑みにするのはよしたほうが良いでしょう。機会があれば必ず電話での確認を行うのがミソです。チケットをオンラインで購入する際には必ずそのチケットをプリントアウトしないといけないのか、事前にバスターミナルでチケットが買えるのか、調べておくことが重要です。クロアチアはネットが未だ完璧に普及していないので、事前にチケットをバスターミナルで入手できる場合はそれがベストでしょう。バス停には20分前には到着しておくこと。同じ座席がダブルブッキングされている可能性があるので、その場合早い者勝ちも。。。
Dubrovnik ship.jpg
海路(フェリー又はクルーズシップ)で来る方
ドゥブロヴニクはもともと海運で栄えた都市国家ですので、海路によるアクセスは現在も充実しています。

イタリアのバーリからのルート、およびクロアチア国内のコルチュラ、フヴァル、ミェット等の島々を経由するルートなど様々なパターンがあるので、ご希望のルートで色々探してみてください。値段等はインターネットで比較的正確なものを見つけることが出来ます。
クルーズシップについては、通常はドゥブロヴニク港への入港になるので、旧市街へは別途バスなどに乗って移動することになります。旧市街へのバスを出すクルーズが多いと思いますが、ドゥブロヴニク港はラパドやバビン・クックなど、旧市街以外の見どころへもアクセスしやすいので、混雑する旧市街を避けて美しいビーチでゆったりしたい場合などは、ローカル路線バスなどを使ってそちらに行ってみても、素敵な時間を過ごせます。

ドブロブニクまでの道は多々あります。ですが心配はご無用です。何か問題がありましたらkazuhiro.tamari@gmail.com までご質問ください。


2018年5月12日
2017年7月31日
⇒すべての記事を見る

クロアチア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■クロアチアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ドゥブロヴニク特派員

    ドゥブロヴニク特派員
    玉利 和博
    クロアチア在住暦15年、首都ザグレブから初め主要都市各所に滞在経験あり。 現在ドゥブロヴニクに滞在中、ガイドブックの作成から日本企業の交渉まで幅広く活動を行っている。日本文化をドゥブロヴニクで広める活動をするNPO法人団体MATANKAを率いている。数々の経験を生かしクロアチアに来る日本人のサポートを実践している。何か情報が必要な場合はLINEでmatankaまで。 DISQUS ID @disqus_k0QSkJ0Ato

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集