海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/デュイスブルク特派員ブログ

ドイツ/デュイスブルク特派員ブログ Amy

ドイツ・デュイスブルク特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


B_1.jpg
 バスから、路面電車、様々な交通手段が揃っているドイツですが、それ以外にも自転車も立派な移動手段として確立されています。まず、色々な場所で、自動車のインフラが整っています。各ホームにエレベーターがあるのはもちろん、(追加料金がかかりますが)自転車を電車に持ち込む、というのも可能です。写真のように、自転車マークが付いた車両には自転車の持ち込みが可能です。

B_2.jpg
 ドイツは自転車大国ですが、他のドイツの街と比べても、デュイスブルグ市はかなり自転車専用の道、ルートは充実している気がします。そのため、デュイスブルグ市内でいうと私は自転車をお勧めします。大きな道には必ず車道、自転車専用の道、歩道、と3つの道が確保されている街、という印象です。

B_3.jpg
(オレンジの看板が目印)
 シェアバイクのシステムもあり、30分1€(2018年11月現在)の値段で自転車のレンタルが可能です。詳しい情報は以下のホームページに載っていますが、1日/24時間レンタルだと9€、年間だと48€という値段設定になっています。ホームページだけでなく、携帯からのアプリ、レンタル自転車設置場所の機械からの登録と様々な方法で簡単にレンタルの手続きが出来ます。ただ、私のドイツでの経験によると、機械が壊れてしまっていることも多いので、出来れば事前にアプリダウンロードか、ホームページからの事前登録をお勧めします。

B_4.jpg
 夏になると、サイクリングを市内でしている人も増えるのですが、その理由の一つがサイクリングロードの充実。ライン川とルール川に挟まれているということもあって、川を沿ってサイクリングというのも可能です。例えば、駅から10分ほどのところにあるInnenhafenは、かつて港として栄えた場所(今でも少し離れたところではありますが産業用の港があります)。そこまでサイクリングということも可能です。現在ではこの港、レストラン街になっていて、当時使われていた倉庫をレストランとして使っています。ドイツなので、もちろん、デュイスブルグで作られているビールを飲めるお店もあります!
B_5.jpg
König Pilsener Wirtshaus Duisburg
住所:Am Innenhafen 8-10, 47059 Duisburg


2018年12月 2日

今回から、地球の歩き方デュイスブルグ特派員となりましたAmyです。あまり知られている街ではないけれど、大都市に近いということもあり、たくさんのことを紹介していきたいと思います。現在はドイツの大学院の博士課程に在籍しているので、安く/学生ならではの場所等を色々紹介していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いします。

A_1.jpg

デュイスブルグは、ノルトライン・ヴェストファーレン州の西に位置する都市です。州の最大都市であるドュッセルドルフからも遠くない立地となっています。ライン川とルール川に囲まれた都市です。写真はルール川。夏になると、カヌーをこぐレースがいくつも行われています。

A_2.jpg

(写真は、デュイスブルグ中心街の目印ともなっているフランス人彫刻家、ニキ・ド・サンファルの彫刻です)


また、あまり知られていない都市ではあるけれど、様々な場所へのアクセスが可能な都市となっています(が、それほど大きな都市ではないので、滞在費もドュッセルドルフ等の大都市に比べると低く抑えることができます)。
様々な場所へのアクセスが簡単な理由の一つが、デュイスブルグ中央駅からは様々な都市への列車が発着しているということです。ドイツ国内の大都市へ向かうICE(高速列車)はもちろん、パリ、ブリュッセル行きのThalysという高速列車が発着する駅となっています。2017年からはAbelioという電車を利用すると、乗り換え無しで、オランダのArnehmという都市まで行けるようになりました。

A_3.jpg

(デュイスブルグ中央駅正面口。工事がここ数年続いています)


また、他の都市へのアクセスが簡単という更なる理由が、ドュッセルドルフ国際空港から1駅ということです(普通列車の場合)。多くの航空会社からの乗り入れが可能なドュッセルドルフ国際空港から1駅なので、簡単にヨーロッパ諸国はもちろんヨーロッパ圏外の国への飛行機にも乗ることが出来ます。

A_4.jpg

デュイスブルグ中央駅からは、DB(ドイツ鉄道)の各列車はもちろん、路面電車(Tram)、U-Bahn(地下鉄)、バスが出ています。目的地に合わせての交通手段ということになります。ちなみに、この中央駅内での注意と言えば、DBのホームとそれ以外の交通手段の場所が少し離れているということでしょうか。バス乗り場は、ホームから階段で下りた場所すぐにあるという感じなのですが、路面電車、地下鉄のホームは少し離れたところにあるので、注意してください(青いUのサインが目印)。


最後に、これはドイツの中央駅どこでも言えることですが、駅は特に盗難が多いので、荷物の管理には十分注意してください。


2018年11月21日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • デュイスブルク特派員

    デュイスブルク特派員
    Amy
    2018年秋からドイツ3年目のAmyです。大学院で研究を普段はしていますが、息抜きはおいしいものを食べること!ノルトライン・ヴェストファーレン州と言えば、ドュッセルドルフ、ケルン等大都市が知られていますが、デュイスブルグを含めあまり知られていないこの地域の魅力を伝えていきたいと思います。連絡はこちらまで DISQUS ID @disqus_RWXaStSoA7

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集