海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ドイツ/デュッセルドルフ特派員ブログ

ドイツ/デュッセルドルフ特派員ブログ もちむさ

ドイツ・デュッセルドルフ特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


こんにちは。
ドイツ デュッセルドルフよりもちむさがお送りします。

今回は、前回に引き続き、デュッセルドルフからおよそ360km、ニュルンベルクを訪れたときのことを書きたいと思います。
99A47F13-A0C5-40E9-B906-543278AADBEB.jpeg

ニュルンベルクといえば、これ。
2DB28A24-CFFA-4D70-965F-38612F237B47.jpeg

はい、私もこの泉の金の輪っかを回してお願い事してきました。

やっぱり、女子としてはこういったスピリチュアルなものは避けて通れない。(笑)

が、ニュルンベルクといえば、城壁の街並みとソーセージ、そしてもうひとつ。

ドイツで最も著名な画家アルブレヒト デューラーの出身地!!
0116AC49-B0C5-43B0-9E1E-7D86744CD69D.jpeg
この1500年の自画像の実物はミュンヘンにあるので、残念ながらニュルンベルクでは本物はみることができないのですが、
今回はデューラーの生家を訪れました。


デューラーの生家へ向かう途中も、通り名にデューラーの名前が入っていたり、
608F8D90-97B1-4191-8D16-0C9B98BB4EFD.jpeg


デューラーハウスの中も窓ガラスがすごく面白かったり。
FDDDB4AC-08DE-4370-A295-135713B89EBD.jpeg
ああ、このビン底がたくさん集まったような窓。初めてみたのですが、すごく可愛くて。


この窓から見える城壁がまたさらにロマンチック。


部屋の中にも古い印刷機があって、スタッフの方々実際に一緒に印刷をしてみてくれたりするので、なかなか面白いです。

印刷したものもおうちへお持ち帰りできます。


デューラーハウスのあたりはビアホールやレストラン、カフェも集まっているのでニュルンベルクの街並みを満喫しながらランチやお茶もできました。


今回の旅ではミュンヘンへは行かなかったので、ぜひ次、南ドイツを訪れるときはデューラーの自画像の本物を見てみたい!そう思ったニュルンベルク旅でした。


2018年7月27日

こんにちは。
ドイツ デュッセルドルフよりもちむさがお送りします。


先日、デュッセルドルフからおよそ360km、ニュルンベルクへ行ってきました。
A92AA80F-2CAE-4658-9F98-5A78F90A14C0.jpeg


ニュルンベルクは城壁で囲まれた都市やニュルンベルガーソーセージで有名ですが、
659A2D61-43C9-4922-A190-32DAC9DEC2FF.jpeg
わが家の目的はドイツ鉄道Deutche Bahn の博物館!
24CE6D60-E2BB-4A9E-B1B4-3282B8F288B1.jpeg

ということで、DB博物館へ訪れました。
DD958CD0-939A-4F6E-B15A-AEEE42EEA6CD.jpeg


わが家の長男は小鉄くんなので、旅行先で鉄道や乗り物の博物館をみつけると行っていて、
これまでもイギリス ヨークの鉄道博物館や、オランダ ユトレヒトの鉄道博物館、ドイツ国内もボーフム鉄道博物館などヨーロッパの鉄道博物館はどれも面白く、ニュルンベルクのDB博物館もワクワクしながら訪れました。


館内にはドイツの新幹線ICEや、蒸気機関車のレプリカなど、ドイツ鉄道についての展示が。


館内を進んで行くと、なにやらちょっと雰囲気の異なる一角か。
そして、そこには世界史の教科書で習う前からみたことのあるある人物の顔。

そしてニュルンベルクは第二次世界大戦後に、ドイツ戦犯が裁かれたニュルンベルク裁判が開かれた場所。

そう、ヒトラー率いるナチス時代のドイツ鉄道の資料が展示されていたのです。


ドイツ語は難しいので、詳細はよく理解できませんが、映像や資料で当時の様子を知ることはできました。


まさか、鉄道博物館で戦争の話に触れるとは。


これまで訪れた鉄道博物館とは明らかに一線を画す博物館だと感じました。

そして、その一方で、こちらの鉄道博物館には子供向けのフロアがあったりもしました。
6B49F080-3944-43C1-9119-A0A8E87BD890.jpeg

キッズスペースとしてはかなり充実したフロアで、ただ遊ぶだけでなく子供用のお勉強のリーフなんかもあったりして、すごく楽しめてお勉強にもなる展示でした。

あ、入館時に子供にはここで乗れるミニトレインの切符が渡されますので、時間が合えば、その切符でミニトレインに乗れますよ。


そして、こちらの博物館のもう一つ面白いポイントは、通信博物館も一緒になっているところです。


通信というと、手紙や電話、メールなどなど昔からたくさんの通信技術が発明、刷新されていますが、それらを楽しくまなべるフロアがありました。
6EBB11DB-D750-4544-A9B3-683E2A0A3B1D.jpeg


羽ペンで文字を書いてみることができたり。
66123A59-F4CD-41E8-9DE7-0E60702EA843.jpeg


うちの長男がハマったのはエアシューター。
794637E3-F9E4-491F-A096-469963FBE874.jpeg
部屋の中に張り巡らされたエアシューター用の管をお手紙を入れたカプセルが猛スピードで行き来する様を一緒に触れながら見ることができました。
6776663E-66CB-4E61-94A8-CA4C3C402162.jpeg

昔、大きな工場などにはエアシューターがあったそうですが、私も実物を見たのは初めてでした。

鉄道博物館ですが、他の博物館とはちょっと異なる面白い鉄道博物館、ニュルンベルクDB博物館。

すごく面白かったです。


2018年7月27日

こんにちは。
ドイツ デュッセルドルフより、もちむさがお送りします。


今回も前回に引き続き、年に一度、デュッセルドルフへやってくる移動遊園地Kirmesについて、幼児がいる私目線のオススメアトラクションをレポートします。


幼児連れでの遊園地、日本でも行き先の遊園地や乗れるアトラクション選びに悩みますが、移動遊園地キルメスもあまりにたくさんのアトラクションがあるのでどれに乗ろうか悩んでしまいます。


幼稚園入園前は、ただ乗るだけのちいさなメリーゴーランド。


もうちょっと揺れても大丈夫になってくると、上下にも動くメリーゴーランド。
DE402FF0-9622-4190-9184-355D3DB6C255.jpeg


この位までのアトラクションだと、この年に一度やってくるキルメス以外の春のちいさなキルメスや、クリスマスマルクトなんかでも乗ることができます。

他にはお父さんやお母さんと一緒にのるゴーカート。
047E121D-44CB-4057-9041-CEBC3282E5F9.jpeg

パパ、ママの運転が上手でも、大きな子がワザとぶつけてきたりもするので、大人がそこをうまく運転でかわしたりすれば、気の小さい子でも楽しめると思います。

私たちが乗るのは小さめのゴーカートですが、ゴーカートは大きなものもあるので、大きなお子さんはそっちでもいいかもしれません。

また、今年初めてやってみて楽しかったのが巨大滑り台。
39F09861-0373-4187-B41E-97DECD4D695F.jpeg

足を突っ込んで座る、布製の大きな袋のようなシートで途中波打っている滑り台を滑り落ちます。

ちいさな子供は大人の前に股の間に挟む感じで一緒に滑ります。

これはちょっとスリルも楽しめるアトラクションで面白くてオススメですが、スタート地点まで坂を登っていくので、あんまりちいさなお子さんだと登るのがちょっと大変かもしれません。

我が家の幼稚園年少さんは途中こけながらも、どうにか登り切って、楽しく一緒に滑れましたよ。

絶叫系が大丈夫なら、ミニコースターもオススメです。
5DDEBF1F-C1B8-4E36-AF5E-4A05BDB7CA6A.jpeg
日本で一歳までしかいなかった我が家の長男には、ジェットコースターは電車に見えるそうですが、ミニコースターも怖がらずたのしんで乗ってました。

でも、絶叫系が苦手でも大丈夫。
美味しい食べ物屋台や、くじ引きなんかもありますよ。
533A5AE6-860C-4FB1-97A6-D1EFCB2A8037.jpeg
チョコレートトッピングが無料のソフトクリームや、
BB52FD88-CD48-4B5B-BAFF-9CF00AFAE9D0.jpeg
甘くて香ばしい砂糖がけのアーモンドなど。

ほかにもドイツ定番のソーセージや、カリーブルスト、ポメス、にんにくマッシュルームなど本当にたくさんの食べ物屋台や仮設ビアホールがあるので食べ歩きも楽しめます。


ただ、くじ引き屋台のあたりはハズレくじが散乱してますが、こちらのくじ引きは一回数十枚、というのが普通なので悪しからず。
386C56D9-EEB4-416A-8A5A-4F7DD5BB1D11.jpeg


年に一度の夏のキルメス、
ぜひ一度体験してみてください。


2018年7月26日
2018年7月26日
2018年6月29日
2018年6月25日
2018年6月23日
⇒すべての記事を見る

ドイツ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ドイツの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • デュッセルドルフ特派員

    デュッセルドルフ特派員
    もちむさ
    2016年3月より夫のデュッセルドルフ赴任に帯同し、当時1歳の息子とともに渡独。独身時代に友人と行ったカンボジア旅行で海外旅行に開眼し、年に数度旅行するも、実はヨーロッパはこの転勤が初めて。渡独により今度はヨーロッパの魅力に目覚め、語学が得意でなくても、小さな子連れでも楽しめるヨーロッパを日々探求中。渡独が決まってから書いている個人ブログ「ドイツに住んじゃう?」はこちら。 DISQUS ID @disqus_iA83WhAmpr

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集