海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。



ご無沙汰しております!今年の10月はオランダの秋にしては暖かかったかと思えば次の日には気温10度にならない天気だったりと気候がコロコロと変わり、ご老体にはとてもハードだったためちょっと体調を崩し気味でブログを更新できないでおりました。周りを見ればそのようなご老体になりかけている中年代の友達もたくさんいるため、お互いに病気をうつし合い、やっと皆さん、回復へと向かっております。すでにオランダではインフルエンザも蔓延し始めておりますのでご旅行中に病気になりませんよう、宿泊所での手洗い、うがいをお勧めします。


さて、オランダでもここ最近ハロウィンがとても人気です。個人的にはグロテスクな衣装やメイクは苦手ですので私は興味なしですが特に娘は興味津々!というか、ただ単に近所の家々を回ってお菓子をもらいたいだけ!(笑)

ハロウィンの季節になるとオランダのスーパーマーケットにはオレンジ色のかぼちゃが旬の食材として並び始めます。花屋さんなどにはデコレーション用の小さいかぼちゃも売り出されます。(これは食用ではありません。)

DSC_0274.JPG


先々週、私が住むノード・ブラバント州では秋休みがありました。この期間に毎年近くの博物館で行われている、ハロウィンにちなんだ子供達のためのイベントを訪れてきましたのでご紹介します。その博物館はこちら、クロック&ペールミュージアム!(Museum Klok&peel )


DSC09619.JPG


ハロウィンのため、入り口が様々な種類のカボチャで飾られているだけで、ここはカボチャ博物館ではありません。(笑)


この博物館のご紹介は次回にお伝えするとして、今回は皆の目を楽しませてくれるハロウィンの時期のみのカボチャ祭り(Pompoemfesstポンプンフェースト)の展示をお楽しみ下さい。今年のテーマは<カボチャと原始時代>。展示は博物館の中庭となっており、まずカボチャでできたマンモスがお出迎え。


DSC09621.JPG

多種多様なカボチャが吊るされています。

DSC09624.JPG

シンデレラの馬車に使われたようなでっかいカボチャもそこら中にゴロリと転がっています。

DSC09642.JPG

このような芸術品(?)や釣り、キャンプファイヤーを楽しむカボチャも!

DSC09626.JPG

DSC09637.JPG


いつの間にか、フランスにある有名なラスコー洞窟の壁画がカボチャと野獣の戦いにすり替えられたり!

DSC09638.JPG

恐竜やクマまで!


DSC09644.JPGyle="text-align: center; display: block; margin: 0 auto 20px;" />

この他にも、大きなオレンジカボチャを使って、カボチャの中身を出して目や口の形をくりぬいて作るハロウィンならではの飾りつけを作るコーナー(要3ユーロ)もあります。また自然の素材で作る石鹸、キャンドル作りコーナーなど、カボチャの展示を見た後もまだまだ楽しむことが出来ます。その近くの舞台では地域の男性コーラス隊がノード・ブラバント州独特のフォークソングを歌ってくれておりました。ローカル色濃いったらありゃーしない!(笑)彼らが頑張っているにも関わらず、娘とそのお友達は<うるさいなー、おじいちゃん達!>と何とも悲しいコメントをしておりました。(笑)


趣向を凝らした作品、コーナーがたくさんあり、子供から大人まで楽しませてくれ、毎年多くの人が訪れますので早い時間に行かれることをお勧めします。
次回はこの博物館そのものについてご紹介します!

<Museum Klok&Peel>
アドレス:Ostaderstraat23, 5721WC, Asten
電話番号:0493-691865
メールアドレス:info@museumklokenpeel.nl
ホームページ:https://www.museumklokenpeel.nl/nl/


2018年10月30日


ご無沙汰しております!今年の10月はオランダの秋にしては暖かかったかと思えば次の日には気温10度にならない天気だったりと気候がコロコロと変わり、ご老体にはとてもハードだったためちょっと体調を崩し気味でブログを更新できないでおりました。周りを見ればそのようなご老体になりかけている中年代の友達もたくさんいるため、お互いに病気をうつし合い、やっと皆さん、回復へと向かっております。すでにオランダではインフルエンザも蔓延し始めておりますのでご旅行中に病気になりませんよう、宿泊所での手洗い、うがいをお勧めします。


さて、オランダでもここ最近ハロウィンがとても人気です。個人的にはグロテスクな衣装やメイクは苦手ですので私は興味なしですが特に娘は興味津々!というか、ただ単に近所の家々を回ってお菓子をもらいたいだけ!(笑)

ハロウィンの季節になるとオランダのスーパーマーケットにはオレンジ色のかぼちゃが旬の食材として並び始めます。花屋さんなどにはデコレーション用の小さいかぼちゃも売り出されます。(これは食用ではありません。)

DSC_0274.JPG


先々週、私が住むノード・ブラバント州では秋休みがありました。この期間に毎年近くの博物館で行われている、ハロウィンにちなんだ子供達のためのイベントを訪れてきましたのでご紹介します。その博物館はこちら、クロック&ペールミュージアム!(Museum Klok&peel )


DSC09619.JPG


ハロウィンのため、入り口が様々な種類のカボチャで飾られているだけで、ここはカボチャ博物館ではありません。(笑)


この博物館のご紹介は次回にお伝えするとして、今回は皆の目を楽しませてくれるハロウィンの時期のみのカボチャ祭り(Pompoemfesstポンプンフェースト)の展示をお楽しみ下さい。今年のテーマは<カボチャと原始時代>。展示は博物館の中庭となっており、まずカボチャでできたマンモスがお出迎え。


DSC09621.JPG

多種多様なカボチャが吊るされています。

DSC09624.JPG

シンデレラの馬車に使われたようなでっかいカボチャもそこら中にゴロリと転がっています。

DSC09642.JPG

このような芸術品(?)や釣り、キャンプファイヤーを楽しむカボチャも!

DSC09626.JPG

DSC09637.JPG


いつの間にか、フランスにある有名なラスコー洞窟の壁画がカボチャと野獣の戦いにすり替えられたり!

DSC09638.JPG

恐竜やクマまで!


DSC09644.JPGyle="text-align: center; display: block; margin: 0 auto 20px;" />

この他にも、大きなオレンジカボチャを使って、カボチャの中身を出して目や口の形をくりぬいて作るハロウィンならではの飾りつけを作るコーナー(要3ユーロ)もあります。また自然の素材で作る石鹸、キャンドル作りコーナーなど、カボチャの展示を見た後もまだまだ楽しむことが出来ます。その近くの舞台では地域の男性コーラス隊がノード・ブラバント州独特のフォークソングを歌ってくれておりました。ローカル色濃いったらありゃーしない!(笑)彼らが頑張っているにも関わらず、娘とそのお友達は<うるさいなー、おじいちゃん達!>と何とも悲しいコメントをしておりました。(笑)


趣向を凝らした作品、コーナーがたくさんあり、子供から大人まで楽しませてくれ、毎年多くの人が訪れますので早い時間に行かれることをお勧めします。
次回はこの博物館そのものについてご紹介します!

<Museum Klok&Peel>
アドレス:Ostaderstraat23, 5721WC, Asten
電話番号:0493-691865
メールアドレス:info@museumklokenpeel.nl
ホームページ:https://www.museumklokenpeel.nl/nl/


2018年10月30日

こんにちは!!

9月も今日でもう終わり!日に日に秋の訪れを感じる天気が続いているオランダです。しかし、朝は5℃前後ととても冷たい気温ですが日中は20℃前後と秋晴れの気持ちのよい日が続いています。


DSC_0055[1].JPG

通常ならばこの時期は雨ばかりの天気なのですが今年は少し違うようです。


さて、観光客の皆様の中には夜にクラブやバーに行かれる方もいらっしゃるかもしれません。よって、そこでもしかしたら目にするかもしれない、最近オランダのティーンエージャーの間でよく使われ始めているドラッグについてご紹介します。

それはこれ。(残念ながら、このような空の状態でよく道路などに捨てられています。)

DSC_0054[1].JPG

一瞬何だ!?と思いそうなものですが、これは<笑気ガス>。歯科治療に麻酔薬として使用されている一般的な物です。その効果としては<ボーっとしてお酒を飲んだ時のようなほろ酔いの気持ちの良い感覚を得られるため、鎮静剤として用いることが多い。>そうです。要するに歯科治療を怖いと思う方などに使用したりするみたいですね。ということで、口をこれでもかというほど広げて<ちゃっちゃと早くやっちゃってください!>と気合いを入れる私には不必要ということです(笑)


これは吸引後、約5分ほど気持ちの良い状態が続くそうで、若い世代の間でのパーティーなどによく使用されているようです。いや、私も若い頃は学校で友達とよくガハハハッと笑い合っていたものですが、こんなガス、全く必要ありませんでした!!使用しなくても先生からうるさいとよく言われていたので、使用しようものなら退学処分になっていたかもしれません!

若い世代で流行りだした理由としては、<簡単に手に入るし(薬局や時にはスーパーマーケットでも)、少量だけでは健康被害はないから楽しい気分にさせてくれるものを体験してみたい>という、いわゆる<クールじゃん!>みたいな感じでしょう!

しかし、やはり最近では健康被害も報告され始めました。吸引しすぎるとビタミンB12が体内での役割を果たせず、不足してくるというもの。よってやはり、余計なことはしない方がいいということでしょう。

ティーンエージャーと言えば箸がころんでもおかしいというとても微笑ましい時期。その時間を本当の意味で楽しく過ごせばいいのにと思います。
観光客の皆様もこれを使用している現場をもしかしたら見ることがあるかもしれませんが、なるべく海外旅行中に好奇心のみで面倒なことに巻き込まれないように気を付けてください。


2018年9月30日
2018年9月21日
2018年9月14日
2018年9月12日
2018年6月24日
⇒すべての記事を見る

オランダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2ブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アイントホーフェン特派員

    アイントホーフェン特派員
    ベッカーズ 絢嘉
    オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集