海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。



こんにちは!

昨今、オランダでは技術系の職業に興味を持つ子供達が減ってきていると言われています。そんなことでは国が廃ると、教育機関では小学校からパソコンを導入して早くからそれに慣れさせたり、技術系の仕事に携わっていた退職された方を学校に招待して一緒に何かを設計、それを形にする授業を行ったりと様々な工夫が行われています。後者はよしとして、前者は賛否両論ありますよね。パソコンに慣れさせるのはいいけれど、私はコンピューターを作るために必要な数学や科学などの知識を教え、それを応用させる力を養うのもとても大事だと思います。オランダの子供達の数学力も落ちてきているとの研究結果が出ているからです。

実はアイントホーヘンはオランダ一の技術都市!!そうなんです、ただの地方田舎都市ではないんです!!
外資系の企業が肩を並べて集中している(地方)都市なんです!

先日アイントホーヘンにおいて、その企業達が協力して子供達用にオープンデイを開いてくれました。少しでも子供達に技術発展に興味を持ってもらいたいという意図でしょう!素晴らしい!アイントホーヘンで技術系の世界的企業が集まってる地区があります。
それは<ハイ・テク・キャンパス アイントホーヘンHigh tech campus Eindhoven>。

ホームページはこちら→https://www.hightechcampus.com/

こちらのホームページではこの敷地内に置いて行われるアクティビティや催し会を随時紹介しております。

ここでは様々な分野の企業が実験を繰り返し、より良い技術を世界に向けて発信しようと日夜努力しております。ご覧ください、自転車開発で有名な日本の会社、<Shimanoシマノ>もありましたよ!

shimano.jpg

IMG_0299.JPG

こちらではシマノの自転車を体感することが出来ます。私の息子、こういうの好きなので早速挑戦!!

IMG_0302.JPG

終了後、<さすが日本の会社、いいね~。>と気取った一言。(君、まだ10歳っ!)
自転車における技術を釣竿のリールに応用した技術も発信しているということで裏にある池ではそのシマノの釣竿を使った釣りの実体験もさせてもらいました。

こちらは3Dプリンターを作っている会社が見せてくれた食品の3D商品の作り方。この日はホワイトチョコレートを使用ということで子供達が出来上がりの商品を狙って回りに集まっていました。(笑)


IMG_0286.JPG


こちらはマイクロソフト社のブース。バーチャルリアリティのメガネをかけて子供達が今大人気のテレビゲーム、マインクラフトを行うことが出来ます。このメガネがメガネをかけている人の指の動きを読み取ってメガネを通して見える現実の世界に自分が設計したい建物などを設計することが出来るようです。

microsoft.jpg

どの指の動きをするかによってコンピューターに送られる指示が違うようです。何か、説明するのも私にとってはちょっと難しい…。まあ技術者の自己満足で終わらないように<実生活にどのように役に立つんですか?>といつもの様に余計な質問もしっかりとしたところ、<都市設計や建造物の設計などをする場合に本物の材料を使うことなく、その強度やアイデア等を事前に取り入れて、全体像を確認することが出来る。>んだそうです。技術系の旦那はその他のいろんな会社のブースに立ち寄って担当者の方と専門的な話をしたり、アイデアを交換したりと楽しそうでしたが私は頭痛がしてきたため(笑)、新鮮な空気を吸うために外に出たところ、こんなものがありました。

IMG_0310.JPG


海抜が低い国土のため、水とは切っても切れない関係を持つオランダ、カヌーやボートの漕ぎ方レッスン体験です。

これはアイントホーヘン市立図書館主催のロボット制作。といってもロボットを作るわけではなく、ロボットが動いていく道筋を色の違うマジックを使って作るというもの。

IMG_0294.JPG

ロボットが色の違いを見分けて自由自在に動いていくという楽しさを子供たちに伝えようとしています。

オランダ発の企業にはフィリップスやASMLなど、世界的に有名な企業があり、より良い技術発展を目指して教育機関と協力して後継者育成を始めています。風車、チューリップなど、観光客の方には比較的草食系のイメージが強いオランダですが、そのイメージとは違った一面を今回はご紹介しました。このようなアクティビティはすべて体験型となっておりますのでホームページでそのような行事のスケジュールをご確認の上、科学博物館を訪れるようなつもりで行ってみても面白いと思います。
オランダがこの先技術面でどのような成長を遂げていくかが楽しみでもあります。頑張れ、若者達よっ!!


※ハイ・テク・キャンパス アイントホーヘン

住所 : High Tech Campus 1e , 5656AE, Eindhoven
ホームページ : https://www.hightechcampus.com/


2018年6月24日

こんにちは!先週まではとても暖かい日々が訪れ、夏の到来を期待していたのに今週一週間はとても肌寒く、気温20℃に達しないオランダでありました。この天気の変化に体がついていかない30代後半の女性がここにおりまして、風邪を引いております。声が出ない日が何日間が続き、映画スターウォーズの黒いマントを羽織った悪者(名前を知っているほど専門家ではない。)の声みたいにかすれ声で話す日々でした。


まあこのように暑い日、寒い日を交互に迎えているオランダですが、そうは言っても例年に比べてとても暖かい日が早めに始まったため、自然の中でいろいろな問題も発生しています。

まず第一に、<蚊が大量発生>!!!

以前、蚊の撃退対策をこのブログでもお知らせいたしました。こちらの記事をご参照ください!
→https://tokuhain.arukikata.co.jp/eindhoven/2016/07/post_45.html
今年も虫刺されが目立つ子供達がいっぱいです。観光客の方もぜひ虫刺され予防のクリームなどをご持参ください。


次に<自然の中でマダニが大量発生>!

これは毎年3月末から10月にかけてヨーロッパの森の中や草原地帯(膝丈くらいの草が茂っている場所)で発生する問題です。
このような自然公園を訪れる際は膝丈以上の草むらの中を歩くのはなるべく避けましょう。

DSC_1619.JPG


ヨーロッパのダニに刺されると刺された部分を中心にして赤く丸い発疹が出ます。かなり大きい発疹のため、分かりやすいです。病気の症状としてまずインフルエンザのような症状から始まり、重症化すると神経系や脳障害が起こります。もしオランダを含むヨーロッパの自然観光に来た場合はホテルに帰った後、必ず体にダニが付いていないかをチェックしてください。このチェック作業はオランダでは一般的な常識となっています。チェックする場所は主にわきの下、髪の生え際、膝の後ろ、お尻の間など、暖かい場所となっています。こちらのサイトで様々な情報が得られますのでご参考にしてください。
 http://stopdeteek.nl/teken-in-nederland/ (英語可)


このサイトでは、普通の薬局で買うことが出来るダニに刺されるのを予防するための塗り薬などが紹介されており、実際この時期にな
るとオランダの薬局でもそのようなクリームを購入できますが、もしそれを利用したとしても観光後の体チェックは行った方がよいと思います。<蚊の大量発生>のところでご紹介した私の以前書いた記事の中にも予防薬の写真がありますでご参考までにご覧ください。

最後にこれは今年初めてニュースになりました!<毛虫の大量発生>!

DSC_2848.JPG


これはこの町の地方新聞の注意を呼び掛ける記事。毛虫もまあ生き物なので春になると動き出しますが、この<オークキャタピラー>という毛虫はトゲがあり、そのトゲが風に吹かれて飛んでいき、人間の皮膚などに張り付くと激しい炎症を起こして湿疹がたくさん出ます。この毛虫はオークの木に巣を作りサナギから孵ります。食べ物を探してこのように列をなして木から木へと移動します。炎症反応が激しいため、毎年サナギが孵る前に市役所によって駆除作業が行われるのですが、今年は予想より早く気温が暖かくなったため、駆除作業よりも早くサナギが孵ってしましました。


美しい自然を持つオランダですが、一方でこのような自然現象にも対応していかなくてはいけません。これから先は観光には最適の季節ですが自然公園などを訪れる際は長ズボンを着たり、観光後に体チェックをするなど十分に注意して健康体で日本へ帰国してください。


2018年6月24日

今週は何だかどんよりしたお天気が続きそうなオランダからです。せっかく前の記事で夏の到来の予感を紹介したのにまた逆戻りで、本当にこの優柔不断な気候には私をはじめ、多くの人が文句を言っております。

さて、オランダには実は自動販売機なるものがほとんどありません。私の旦那が小さい頃はタバコの自動販売機が存在したらしいのですが、何でも自動販売機荒らしが多発したため、すべての自動販売機が撤去されたのだとか。
学校の校舎内や職場の建物内ではお菓子や飲み物の自動販売機があるのですが、道端には全くありません。なので日本で見かけるような立ち並ぶ自動販売機は全く見かけないので、日本に帰国した際に我が子達がこぞって自動販売機で何か買いたがるのでかなり困りますっ!(笑)自動販売機を見た瞬間にのどが渇くという不思議な現象が多発します(笑)。

でも、これはオランダでよく見かける!!


IMG_0382.JPG

実はこれ、ファーストフードの自動販売機なのです。ファーストフード店に隣接している自動販売機で、売られているものはコロッケ類やオランダ特有のフリカンデル(Frikandel)というホットドックのソーセージのようなもの。味は色々なハーブが混ぜられているため、独特の味がします。私はあまり食べません。肉の種類は鶏肉ということですが、以前知り合いのオランダ人の方から、<売ることが出来ない肉の部分をもったいないから一まとめにして作ったソーセージのようなもの。>と聞いたことがあります!もったいないという気持ちから再利用という精神はとても素晴らしい!!と思う反面、<売ることが出来ない肉の部分ってどこだ・・・?>と冷静になる自分がいるため、食べる勇気がないと言った方が正直なところでしょうか。(笑)

とにかくこのような油で揚げた、小腹が空いた時のためのファーストフードがこのように各扉の向こう側に入っており、食してくれる人を今か今かと待っております。

IMG_0383.JPG


代金を投入すると小さな扉が開いて商品を受け取ることが出来ます。
売れた分だけ隣接するファーストフード店の店員さんが店の内側から補充するというシステムです。揚げ物の種類も色々あり、コロッケ類は意外と(笑)おいしいので、観光途中にもし見かけた場合は一度試してみても面白いかもしれませんよ!


2018年6月20日
2018年6月19日
2018年5月23日
2018年5月22日
2018年5月17日
⇒すべての記事を見る

オランダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アイントホーフェン特派員

    アイントホーフェン特派員
    ベッカーズ 絢嘉
    オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集