海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。



お久しぶりです!!私事で最近なかなか更新できなくて申し訳ございません!!最近のオランダの天気は今の時期にしてはとても暖かく、2月には気温が20℃弱まで上がった日もありました!するとすぐに半袖を着たがるオランダ人達!それはやりすぎじゃない??と、冬用のコートを着込んだ私は冷ややかな目で眺めていました。朝の気温が0℃で昼間の気温が20℃と気温の差があまりに激しいため、調子に乗って半袖なんぞ着ていたら絶対風邪引きさんが出るぞ~、私はそうはならん!と余裕ぶっていたのですが、よりによって我が娘が風邪引きさんに!確かにあの子は半袖着てた・・・。灯台下暗しという言葉の意味を実感した今日この頃です。(笑)


さて、最近のオランダでよく知られてきた日本語があります。それは<IKIGAI(生き甲斐)>
日本ではオランダの代名詞のように知られているワークシェアリングに見られるように、オランダは比較的自由な働き方ができ、休暇を取るのも難しくはなく、特に女性にとってはとても快適な社会と思われています。
ただ最近、求人募集に<定時帰宅を求めない方>という条件をよく見かけます。もちろん働く場所によって違いは必ずあります。しかし10年前のオランダの求人条件には決して見られなかったものです。
また数日前のニュースでは<Doeslief(ドゥスリーフ)お互いに親切に!>という活動が行われていることが伝えられました。これは最近のオランダでは人々がお互いにすぐケンカを始めたり、汚い言葉を他人に浴びせたりという頻度が多くなってきて社会が荒廃してきているという調査結果が出たことに対する活動です。
第三者的な視点で見ると、最近はちょっとキャピタリズム化してきているオランダ、少なくともこのような状況から社会活動にストレスを感じてきている人が少なくはないということだと思います。

そのような状況の中で日本の<IKIGAI(生き甲斐)>という言葉がブームとなりました。自分が存在する意味、人生の目的探しをテーマにしたIKIGAIに関する本がすでにオランダ語で数冊発行されています。ヨーロッパの人々は人生を楽しんでいるというイメージが強いと言われることがよくあるのですが、実はこの<生き甲斐>という言葉の訳(やく)がありません。オランダ人の夫に生き甲斐の意味を説明して<オランダ語で何だい?>と聞いたところ<・・・知らん。>と。


そんなオランダで、最近私が最終的な日本語訳をお手伝いさせていただいたプロジェクトがこちらのIKIGAIカードゲーム。

thumbnail_DSC_0397.jpg

オランダのTen company(テンカンパニー)というコーチング&コンサルティング会社によって考案されました。
このゲームは沖縄の人々の長生きの秘訣を基に考案されており、自分の生きる目的、生涯の仕事を、3つのテーマをもとに見つけようとするカードゲームです。その3つのテーマとは<自分の好きなこと><自分の得意なこと><リアリティチェック>。

DSC_0399.JPG

この3つのテーマについて、それぞれ20問前後の質問カードが入っており、その質問に答えることで最終的に自分自身で自身の生き甲斐を見つけるという、コーチング形式になっています。

thumbnail_DSC_0396.jpg

個人的には<リアリティチェック>が一番難しいテーマかと思います。(笑)何故かというと、その生き甲斐行動を行うための自身の資産状況、市場ニーズが関係してくるからです。(特に資産状況がっ!!)

こちらがそのTen company会社のホームページ → https://www.tencompany.eu/

また、来月4月初旬にこの会社の方がこのゲームを日本マーケットに紹介するために東京を訪れます。その際に二日間、このゲームのワークショップを行うそうです。どなたでも参加大歓迎!
そのイベント状況についてはTen company会社のパートナー会社のホームページに掲載されています。
 www.nuworks.jpサイト内のこのページに掲載されています。→ http://nuworks.jp/ja/event/

<日時>
2019年4月6日(土)午後12~15時 & 4月9日午後19~22時
東京都台東区台東1-29-4 ブルックリン会議室
<参加費>
ワークショップ参加のみ→ 2,900円
ワークショップ+IKIGAIカードゲーム(商品代込み)→ 6,500円

Ten company会社と連絡を取りたいと思われる方はこちらからメールを送ることが出来ます。
→ info@tencompany.org

ツイッターの場合→ @ikigaicardgame

こちらがTen company会社のホームページ内にあるYoutubeを使ったカードゲームの紹介ビデオです。
(このブログ内におけるビデオ使用においてはTen company社側の許可をいただいております。)



(※紹介ビデオ内では4月9日のワークショップの開始時間が午前9:30と紹介されていますが、正しくは上記の通り、午後19時からの開始となります。)

こちらのTen company社のホームページ内には上記のビデオ以外にもこの生き甲斐カードゲームがNHKで紹介された時の動画をご覧いただけます。

https://www.tencompany.eu/index.php?route=product/product&product_id=56

忙しい毎日の中で、少し立ち止まって自分の進む道を見直してみたい、または自分自身のことをもっと知りたいと思われる方はぜひご参加してみてはいかがでしょうか?


2019年3月 9日

皆様、新年おめでとうございます!!というか、もう1月も終わりに近いというのにいつまでも更新できずにいました。私事でバタバタしておりましてやっと落ち着いて更新できます!


昨年の12月はオランダにしては結構な暖冬でこのくらいへっちゃらさ~!とナメてかかっておりましたが
ここ最近、ぐーっと底冷えのする天気になってきました。早速前言撤回です(笑)!
朝の気温は0℃を上回ることがなく、ここ最近は何とマイナス7~マイナス10℃!日中でもやっと1℃に達するくらい。そんな拷問のような寒さの中、小学校へ子供達を送って行っています。早く成長して自分達で行っとくれ~!


今日は全国的に雪が降り、子供達も大喜び!通勤する大人達にとっては最悪の日。本日のオランダ国内の高速道路の渋滞状況は何と2,300km、およそアムステルダムからスペイン南部に達する長さになったそうです。その主な理由は、公共交通機関(主に電車)の本数が少ないから!!オランダ鉄道は線路上の積雪対策を改良するよりも本数を少なめにして問題を回避したみたいです(笑)。いや~あっぱれっ!

明日も再び積雪の地域が多いようですので、現在オランダを観光中の方、もしくは近々ご旅行予定の方は寒さ対策、公共交通機関状況に十分注意されて、時間に余裕を持って移動されることをお勧めします。

度々ご紹介しておりますがこちらのサイトでオランダ公共交通機関の運行状況、臨時運行時間などを確認できますのでご利用ください。(英語に変換しております)
→https://9292.nl/en



2019年1月23日


こんにちは!!本日はオランダに来て、びっくり仰天大賞1位を受賞できるくらいの出来事をご紹介します!!


何と、私の住む田舎町ヒェルドロップ(Geldrop)の、私が行きつけにしている薬局に日本語をベラベラに話せる従業員の方を発見!!!!
オランダの薬局はアポテーク(Apotheek)と言います。ここではアポテーカー(Apotheker)と言われる、日本でいえば薬剤師の資格を持つ方と、患者さんに薬の説明をしてくれるアポテークアシスタント(Apotheek assistent)と言われる方達がいてこちらの方が接客を主に行ってくれます。


先日ブログを通して日本の薬の処方箋がオランダで受け付けてもらえるかというご質問をいただき、こりゃ今後のためにもとても良い質問だっ!!と思ってこの薬局に質問に行きました。
その質問の最中にアポテークアシスタントの方が<その日本の処方箋を今持っていますか?>と聞いてきたので、持っていないと答えたところ、突然<たぶん大丈夫と思います。>と日本語での返答!!聞き間違いだと思う心と、今何って言った??と期待に心膨らむ思いが入れ混じって頭の中がすごい速さで混乱し、<日本語話せるんですか?>と聞くと<はい。>とっ!!!!!他のお客さんがいなかったら、ゴールを決めたサッカー選手達のように握り拳突き上げたり、雄叫び挙げながら阿波踊りを踊っていたと思います。

ヒェルドロップの宝とも言える(笑)その方はこちら、Ellen van Dam(エレン・ファン・ダム)さん。


DSC_0124.JPG

アイントホーヘンには仕事でオランダに短期滞在する日本人の方も多いため、その方達がもし医療関係で困った際に少しでも助けになればと取材をお願いしたところ、気さくに応じてくれて助かりました!!マーストリヒト大学で日本語を学んだ後、日本の外務省が行っているJETプログラムで12年間、日本の岩手県山田町に住んでいたそうです!どうりで日本語がそこまで上手なはずですなっ!!<私でお役に立てれば!>とおっしゃってくれたので、在蘭中の日本人の方はもちろん、短期でオランダに来られる方で薬のことで質問がある際はこの薬局を利用してみてください!
彼女はほぼ毎日働いているそうなのですが、残念ながら何曜日が休みの日とは決まっていないそうです。確実に彼女の就業日かどうかを確認したい場合は事前に薬局に電話してみた方がよいかもしれません。

この薬局の詳細はこちら↓。

Apotheek Coevering (アポテーク クーベリング)
ホームページ : https://www.serviceapotheek.nl/coevering
開店時間 : 月~金 8:30~18:00 、 土曜日 10:00~14:00
電話番号 : 040-2854707
メールアドレス : info@apotheekcoevering.nl

ちなみに、日本の薬の処方箋については受付可能ということです。(医師のサイン入り。)ただし、患者名や生年月日、電話番号、住所などの個人情報や、薬の名前、使用量/回はしっかりと明記していることが条件ですので、英語訳の処方箋を準備しておくことをお勧めします。エレンさんの様に日本語をかなり理解できるオランダ人の方はオランダ中を虫眼鏡で探してもなかなか見つかりません。
また処方してもらえる薬の量は初回が1か月分が限度で、それ以降は3か月分が限度だそうです。ご参考までに・・・。


2018年11月19日
2018年11月19日
2018年10月30日
2018年9月30日
2018年9月21日
⇒すべての記事を見る

オランダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アイントホーフェン特派員

    アイントホーフェン特派員
    ベッカーズ 絢嘉
    オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集