海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。



こんにちは!ここ2週間ほど秋晴れの気持ちの良い天気が続いているオランダです。9月中旬に気温25℃以上の天気だなんて本当に珍しい!!
しかし、残念なことに明日からは寒くなるであろうと言われています。オランダの秋特有の雨の多いどんより天気が戻って来そうです。


さて、今回は私が住んでいるノードブラバント(Noord-Brabant)州特有のパンをご紹介します。それはこれ、ウォルストゥンブローチェ!!(Worstenbroodje)

DSC_0049.JPG

<ウォルスト>はオランダ語で<ソーセージ>、<ブロード>はパンのこと。物の名前の最後に<チェ>が付くと<小さい>という意味を持ちます。よって<ブローチェ>とは<小さいパン>ということです。スーパーマーケットで必ず購入できます!!駅のキオスクにもよく売られています。袋を開けてみるとこんな感じ。

DSC_0040.JPG


パンの中にハーブで味付けしたソーセージが入っています。子供のおやつやお出かけの時に持参するものとしてとても便利な食べ物です。電車の中でもよく食べている子供達を見かけます。
これと似たもので、このサウサイズンブローチェ(Saucijzenbroodje)というものもあります。


DSC_0045.JPG


これは外側がパイ生地になっており、中にあるソーセージはウォルストゥンブローチェと同じものです。この生地は食べる時にボロボロとこぼれるので、私はウォルストゥンブローチェの方をよく買います。

このウォルストゥンブローチェはスーパーマーケットで簡単に買える上にノードブラバント州特有のパン、しかも安価ということでお土産にも適しています。すぐに食べるという場合には冷蔵コーナーにあるものを買えばよいのですが、日本に持って帰りたいという場合にはサイセイズンブローチェの写真のように、密封されたビニール袋に入って通常の棚に並べて売られています。そのコーナーはパンを食べる直前にオーブンでの仕上げ焼き、または電子レンジで温めることが必要となるパンが並べられており、賞味期限も1か月~1か月半と長くなっています。そのコーナーでこれらのパンを購入すれば冷蔵庫に保存する必要がなく、日本に持って帰ることが出来ます。その場合は、食べる直前にオーブンでどれくらい焼くという表示もしくは電子レンジでの温め方の表示が必ずありますので安心してください。パン屋さんのお勧めとしてはオーブンで焼く方がおいしく、理想は130℃で7~8分だそうです。
またこれもオランダのカフェや駅のキオスクでよく見かけるお菓子。

DSC_0051.JPG

名前を<ヒェフルドクック(Gevulde koek)>といって、クッキーの上にくっついているアーモンドが目印。これもスーパーマーケットで簡単に買うことが出来ます。これはノードブラバント州に限らず、オランダ特有のクッキーです。クッキーといっても平たいクッキーではなく、ぶ厚くてその中にはアーモンドペーストがこれでもかっ!!というくらい入っています。一口食べただけでコーヒー一杯は軽々飲めます。結構甘いので個人的にはあまり好きではありませんが私以外の家族はみんな大好き!(でも角砂糖5つ分の甘さですよ!)アーモンドと合わさってボリュームは凄まじく高いので日本人の方には2人で一つでも十分じゃないかなと思います。このクッキーを頬張りながら歩いている人を見かけると頑張って我慢していても顔が引きつってしまうというツワモノのクッキーであります!(なら顔を背けろよという感じですが!)でももし気に入った場合にはぜひお土産としてご購入下さい!!


今回ご紹介したものは気軽に旅の間にも食べることができるオランダならではの食べ物!オランダに来られた際にはぜひぜひお試しください!(ヒェフルドクックについては必ず飲み物をご準備のうえ、挑戦してください!笑)


2018年9月21日

こんにちは!

先週の土曜日(9月8日)に私の町にある博物館がリニューアル後、一般公開(しかもこの日だけ入館料無料!!)されましたので今回はそれをご紹介します!
それはこの博物館、ヴフレイミュージアム(Weverijmuseum)


IMG_1079.JPG

見ての通り、レトロな建物です。この建物は現在、町のモニュメント建造物に指定されています。最初に1844年に建設され、その後増築などを繰り返しながら1981年に工場が閉鎖されるまでオランダのヒェルドロップで繊維織工場として稼働していました。水車を動力とし、多い時には400人の従業員が働いていました。


こちらが旧式の足踏み+シャトルを手動で左右に移動させて織っていく繊維織機。

IMG_1054.JPG

この博物館内には当時使用されていた繊維を織るための様々な種類の機械が展示されています。博物館に入ってすぐのところにはこのように様々な種類の繊維品の紹介が!

IMG_1059.JPG

パラシュート用の生地や消防の方の制服の生地(水に強く火の熱さにも強い。)なども身近に触ることが出来ます。

繊維織工場で使う機械がどのような生地をどのように織っていくかを決めるのはこの機械の左端にある木の板。

IMG_1057.JPG


この木の板の部分にはオルゴールのように様々な配置で穴が開いており、その穴の配置によって機械の動き方が違うんだそうです。これは初めて知りました!
この穴の配置を作っていく機械がこちら。

IMG_1058.JPG


子供が触っている、いわばピアノの鍵盤のようなもので板に穴を開けていくのだそうです。


そのようにしてできた繊維織機をご紹介します。


こちらは絨毯を織るための機械。


IMG_1074.JPG

この機械は、洋服の首元についているタグを刺繍するための機械。

IMG_1071.JPG

こちらは柔らかいタオルを織る機械。

IMG_1069.JPG

こちらの食器拭き用の布巾を縫う機械では実際に機械を動かしてのデモンストレーションが行われていました。

IMG_1061.JPG

機械のシャトル部分がものすごい速さで左右に交互に移動し、布が織られていくのは本当にすごいの一言!ですが、機械が動いている時は隣の人の声も聞こえないほどとてもうるさいです。


お土産コーナーでもこのように綿100%でできた布巾やテーブルクロス、トートバック、ハンドバックが売られていてとてもかわいいです。地元の方に話を聞いたところ、ここで作られた布巾はしっかり織られているため、かなり長持ちするとのこと。(倹約家であるオランダ人の、オランダ人による、オランダ人のための布巾!)

IMG_1075.JPG

DSC_0037.JPG

個人的な感想としては、一階部分しかない、とてもこじんまりしている博物館ですが館内にはカフェもあるため、旅行の途中に立ち寄るには持って来いの場所かなと思います。地元の人達(特にお年寄り)のたまり場になっている感もあります(笑)。


当時の労働者はこの騒音の中一日中働いていたため、結構な重労働だったと思います。実際義母が若かったころはまだ毎日稼働していたらしく、<あそこに行けばいつだって仕事はある。→騒音に耐えられる人が少ないため。>と言われていたそうです。

旅行の途中にぜひ訪れてみてはいかかでしょうか??

<ヴフレイミュージアム(Weverijmuseum)>
ホームページ:https://www.weverijmuseum.nl/
住所:Molenstraat 21 , 5664HV, Geldrop
電話番号:040-2863574
開館時間:水曜日、土曜日、日曜日の午後13:00~17:00
入場料:大人 € 7,50
    子供(6~17歳) € 3,75
    ※5歳以下は無料


2018年9月14日


こんにちは!!長らく更新をお休みしておりました!!久しぶりに煮えたぎるような夏を日本で満喫し、あまりの暑さにオランダに帰国してからは少しの間放心状態でありました(笑)!また今月より再開したいと思います!


さて、今回ご紹介するのはオランダの子供達(意外と大人も大好き!)が大好きなケルミス(Kermis)!!
ケルミスとは移動遊園地のこと。よく映画などで、町中に観覧車や遊園地にあるようなアトラクションが登場することってありますよね!?あれです!

今年も去る9月1日から5日までの5日間、私の住む町にもやって来ました。


今年はかなりのアトラクションが設置され、また好天気もあって多くの人が訪れました。
私も家族で訪れてみました。ちょっと写真でその様子をご紹介します。
特に男の子に人気の射撃ゲーム。

DSC_0020.JPG


意外と難しく、打ち終わるとその結果によってポイントが書かれたカードをもらいます。飾ってある景品にもポイントが表示されていて、自分のもらったポイントの分だけの景品をもらえるという仕組み。意外ともらえるポイントが少なくて、何回も挑戦しないと気に入った景品のポイントがたまらないということもしばしば!


ひたすら猛スピードでぐるぐる回るアトラクション!


DSC_0030.JPG


建物の3階部分にまで届くほど大きく跳ねる巨大トランポリン。もちろん安全綱付き!!
見ている親の方が恐ろしくなります。


DSC_0025.jpg


これは日本でもお馴染みのチュロス!粉砂糖とシナモンの粉を振りかけて高カロリー満載でむさぼります(笑)!

DSC_0031.JPG


子供の頭の大きさの2倍ほどもあろうかという綿菓子。これでも小サイズです!!


DSC_0035.JPG


このような移動遊園地は年間を通して様々な場所で開催されています。いつ、どこで行われているかをチェックされたい方はこちらをチェックしてみてください。

→https://www.kermis.nu/

<zoek op plaatsnaam>という所に調べたい場所を入力して検索することが出来ます。また<Kermisoverzichten>という所をクリックすると月ごとの情報を見ることが出来ます。
ちなみにケルミスは午後13時くらいから夜中の2時までくらいが営業時間となっています。夜中まであるため、朝早く訪れてもまだ開いていないためご注意ください。


ケルミスを訪れる際の個人的なアドバイスとしてはなるべく金額の小さい紙幣か小銭をもっていること、混雑している場合は所持品に注意すること、店員さんが無愛想でもめげないこと!(笑)最後のアドバイスは特に注意!本当に無愛想なことが多いんです!!ケルミスは会場を盛り上げるため、各アトラクションがかなりの音量を出しています。一日中騒がしいところで仕事をすることからの疲れのせいでしょうか??

もし観光途中でケルミスに出くわした場合はぜひぜひ訪れてみてください!


2018年9月12日
2018年6月24日
2018年6月24日
2018年6月20日
2018年6月19日
⇒すべての記事を見る

オランダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アイントホーフェン特派員

    アイントホーフェン特派員
    ベッカーズ 絢嘉
    オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集