海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る


こんにちは!オランダはすっかり秋の天気になってしまいました!太陽が顔を出していると思いきや30分もしないうちに激しい雨が降り出したりと私の一番嫌な天気です。旅行者の方は観光に出かける時はぜひ雨合羽、折りたたみ傘などを準備しておいてください。

さて、昨今の個人旅行ではスマートフォンを片手にGoogleマップなどで観光地への行き方を調べながら観光するのが一般的になってきました。私なんかは今だによく分からない時は暇そうな人をつかまえて<ここ、どこか知ってる?>と図々しく聞いていますが何か文句でも!?(笑)確かに外国で下手に道を聞くのは危ないっていうこともありますけど、オランダ人はかなり一生懸命教えてくれる人が多いように思います。うちの旦那は、一生懸命スマートフォンのネットを使って自分で開拓しようとしてますが、私は駅員さんや店の人やとにかく地元っぽい人に<暇だよね!>という信念を持ってすぐ尋ねてしまう怠け者です。このスタンスはヨーロッパ内の他国に行っても変わりません。お陰様で子供達には<人生は度胸!>ということを身をもって示すことが出来ています(笑)。しかしどこの国でもお年寄りの方に聞くと話が長くなってしまうので要注意です(笑)。彼らは本当に暇らしい・・・。しかし大抵の観光客の方はスマートフォンを片手に歩き回っているのをよく見かけます。その際に必要なのはもちろんインターネット!
今回はオランダでのインターネット接続事情についてご紹介します。

オランダの町中ではフリーwifiがどこでも使えて基本的にインターネット接続で困ることはありません。移動手段の一つである電車の中も常にフリーWifiがあるので便利です。電車の中のWifi接続はパスワードなしで接続設定することができます。


しかし、例えばレストランに入った際に、インターネットを利用したいと思った場合は接続するためにパスワードが必要になる場合があります。しかし大抵の場合は店内にこのようにWifiパスワードが提示されています。

DSC_1609.JPG



もし見当たらない場合はお店の方に尋ねることも可能です。オランダ語で尋ねたい時は<Mag ik de wachtwoord van Wifi?マハ・イク・ドゥ・ワクトウォード・ファン・ウィフィ?Wifiのパスワードは何ですか?>するとお店の方も気軽に教えてくれます。

しかし、時にはインターネット接続が悪いという場合もありますよね?そんな場合のために最近ではアイントホーヘン市内にはこのような物も設置されました。
DSC_1696.JPG

近くで見るとこんな感じ。

DSC_1695.JPG

これは市内にある目的地への行き方を教えてくれる情報ボード。<レストラン><博物館><ファッション系のお店>など、目的別に検索することが出来ます。目的地の名前や住所を書き込むと道順を示してくれます。

市内には私が見かけただけでも3地点に設置されており、結構見かけることが出来ます。以下の通りが設置場所。
Marktstraat(マルクトストラート)
Demer(ドゥメール)
Rechtestraat(レヒツストラート)


以前紹介した、アイントホーヘン駅を市内側に出て左側に歩いて行ったところにある観光案内所(下の写真参照)のすぐ近くにもあります。
DSC_0766.JPG

ただここで注意事項!!!!おそらく日本でも警告されていることかもしれませんが、電車の中のWifiの様に、パスワードが必要なくて接続できるWifiを使用される際は注意が必要です。この場合はインターネット接続がオープンになっているため、例えばソーシャルネット(フェイスブックなど)をオープンにしたり、メールアドレスを開いたり、クレジットカード関係の情報などパスワードを使用して個人的なものをオープンにしてしまうと個人情報や写真、パスワードなどが簡単にハッキングされる恐れがあります。少し前にオランダのニュースでもそのようなことが警告されていました。
よってレストラン内のWifi使用の際の様にパスワードを使用する際は大丈夫ですが、フリーWifiを利用する際は観光情報を検索するくらいにとどめておいてその他のことには使用しないことをお勧めします。個人的には、パスワード要入力のWifiであっても出かけている時は個人的な目的に利用しないことをお勧めします。最近はネット上での犯罪も蔓延しているからです。そのエネルギーや知恵を良い事に使えばいいのにと思うような犯罪者はたっくさんいます。
また少し前にオランダ鉄道の一皮むけたような素晴らしい電車内携帯電話充電サービスのご紹介をしました。詳細はこちら→https://tokuhain.arukikata.co.jp/eindhoven/2017/07/post_86.html

最近はこれを利用して充電する際も注意する必要がある警告がされています。携帯電話で撮った写真をパソコン等に移し替える時に使用するケーブルを利用すると、携帯内の個人的な写真などの情報がハッキングされてしまう可能があるからだそうです。ケーブルには2種類あって、例えば下の写真の様に携帯電話内の写真をパソコンなどの他の媒体に移し替えることが出来るケーブルを使っての公共交通機関内での充電はお勧めしません。

DSC_1734[1].JPG

充電のみに利用するケーブルだったら公共の場で使用しても問題ないということです。このような公共充電器は多くの旅行者の方が利用するオランダ、スキポール空港などにもたくさん設置されていますが、この注意事項はこのような場所でも警告されていますので要注意してください。

便利な世の中だからこそ必要になる安全対策や注意事項の情報を収集して、ぜひご旅行を楽しんでください。


2017年9月19日

こんにちは!ここ最近、朝夕はめっきり寒くなっている(10℃前後)オランダでございます。日中は気温16,17℃くらいです。しかもここ数日、風の強い日が続いていますので体感温度はもうちょっと寒いかもしれません。昨日は自転車に乗ると前に進むのも難しいくらいの強風でした。しかもそのような中でジョギングをした私はマイケル・ジャクソンのムーンウォーク状態!(笑)めっちゃかっこよかったです!
ということで、秋が早々に始まりつつあるオランダ、ジャケット、スカーフなどを忘れないようにご旅行してください。


そのような天気の中、ちょっと夏を懐かしむ意味で、今回はオランダの州の一つであるZeeland(ゼーランド)の海辺をご紹介します。
オランダに面している海はとイギリスとの境にある北海。天気が良い時にはイギリス側の対岸が小さく見えます。国土が小さく、その半分が海抜0m以下というオランダ。大航海時代はその海を見ながらあの向こうには何があるんだろうと夢を見て世界進出していったのだろうとロマンチックな思いを馳せて周りを見ると、老いも若きも面積のできる限り小さい水着やビキニを着て、肌を露出しまくっている現代のオランダ人が目の中にたくさん飛び込んできました(笑)。君たちの祖先は偉大だったのだよ・・・。


ゼーランドはオランダの地図を見ると、海に面した側の国土の一番下の部分。
nederland-kaart.jpg

産業は少ないですが、海があり、新鮮な海産物が食べられるということで夏にはたくさんの観光客が訪れます。今回訪れたのはゼーランドの<De Bonjaard(ドゥ・ボンヤード)>という所の海辺。
このように海風を生かすため風車も設置されています。
DSC08975.JPG

ん?風車の横にあるこれ。


DSC08993.JPG

なんだこれは??

DSC08995.JPG

これはDeltawerken(デルタウェルクン)といって、オランダ一長い堤防で、ここゼーランドからロッテルダムまで続いています。そしてこのように海水浴場の真横にあります。

DSC08994.JPG

日本で海水浴場の真横に堤防があるなど、少なくとも私は見たことがありません。(あるのかな??)またこの堤防の真横を車で通ることもできます。この堤防は、1953年に海抜が低いオランダを襲った大洪水の悲劇を再び繰り返さないようにという願いを込めて建設されました。この堤防、誤作動なく機能するかというチェックは頻繁にされています。この事件は8年前に映画化されました。題名は<De storm(嵐)>といい、こちらから宣伝を見ることが出来ます。

こちらは実際の映像です。

この堤防の設計にうちの旦那の叔父が携わったそうです。昔から水と戦ってきた歴史を持つオランダ、この経験によりオランダは水に関しては世界トップレベルの技術力をつけることが出来ました。よって<世界は神が作ったが、オランダはオランダ人が作った>と言われています。ちなみに、オランダ人はなぜ身長が高いかというと、水に簡単に沈まないためと皆が笑って答えます(笑)。
水に沈みつつあるイタリアのベネチアの運河の修理などにも手を貸しているとか。
このように厳しい自然と共存していくオランダ人の姿を発見した私、彼らの祖先と同じように現在のオランダ人もたまにはやるじゃん!と見直したのでした!←褒めてる、褒めてる!!

※ゼーランドのデルタウェルクンに行くにはレンタカーをお勧めします。公共交通機関の利用はかなり難しいです。


2017年9月13日


こんにちは!バカンスシーズンが終わって何故か天気が盛り返してきたオランダです。
と言っても、雨が降らないというだけで気温は20℃前後、朝夕は10度前後のため、ぞくっと寒気がすることもあります。ご旅行に来られる方は必ず暖かいパーカーかジャケットをご持参ください。

さて、子供の夏休み中に私が住む田舎町から車を15分くらい走らせたLierop(リーロップ)というところにある、地元では有名で人気のあるレストランに行ってきましたので今回はそれをご紹介します。

それはここ。

DSC_1585.JPG

このリーロップという町は本当に本当に小さな町。町に入ったかと思うとすぐに通り過ぎてしまうような町なのですが、何となく落ち着いて結構気に入ってる町です。

その町にあるこのレストランは実はパンケーキ専門の店。パンケーキが苦手という方達のためにも、パンケーキ以外のメニューもありますが、サンドイッチ系統などの一般的なものでした。メニューのほとんどがパンケーキの種類で埋めつくされています。実はここ、オランダに来てからというもの、義母に一度は行ってみてと常に言われていたのですが、<パンケーキごときに通常のランチと同じくらいの値段を出すのかよ~>とちょっとバカにした感じで行けてなかったのですが(すまん!)、夏休み中ということもあり、義母が孫達を連れて行きたかったらしく、義母、私、私の二人の子供と姪っ子でちょっくらついて行ってみました!

メニューを見てみると約40種類ものパンケーキが!果物やチョコレートなどを使った甘い系統のものからベーコンやチーズを使ったガッツリ系まで様々です。よってお子様連れで行くのにはちょうど良いようなメニューの中身です!ですが選ぶのが大変です!また子供には塗り絵として使えるテーブルクロスを持って来てくれるので、料理を待っている間も子供達は何かやることがあってご両親には大変助かります!!


どうせ食べるなら何か変わったものがいいなといつもの変な好奇心丸出しで私が選んだのは<チーズとショウガのパンケーキ>!この変な組み合わせにちょっと惹かれました(笑)。料理を待っている間に店内をぐるっと見て回りました。だって、店内は年代物のデコレーションでいっぱいだったからです。例えばこんな感じ。

DSC_1587.JPG
DSC_1589.JPG


この町の昔の様子を表した古い写真やベアトリクス元女王やその前のユリアナ女王の写真なども。
DSC_1588.JPG


店の外にはパンケーキを作るフライパンの飾り物も!

DSC_1594.JPG


また客層を見てみると、その時は平日のお昼だったのですが地元のお年寄りの方で賑わってて何となく皆顔見知りのような感じでした。知らないおじさんが私に<見かけない顔だけどどこから来たの?>と話しかけてきたので<怪しいものではありません!>と訳の分からん返事を張り切ってしてしまって笑われてしまいました。いや~、びびった!そのおじさんがお勧めのパンケーキを紹介してくれたり(いや、もう注文した後だったけど!笑)、聖マリア様の肖像画(よく分らんけど。)や昔のリーロップの写真の説明をしてくれて、なんかローカル色いっぱいのレストランです。

そして運ばれてきた妙な組み合わせのパンケーキがこれ!
DSC_1599.JPG


チーズを置いたパンケーキ生地を一旦オーブンで焼いて、チーズがカリカリに焼けたところで取り出し、その上にショウガを砂糖で煮たジャムのようなものを置いてます。(でもジャムほど甘くなく、かなりショウガの味がしました。)恐る恐る食べたところ<うっめ~~~~~!!>の一言!長らくバカにしててごめん!!これ、ハマるわ!!今までチーズとショウガっていう組み合わせ、考えたことなかったけどこりゃいい!!!


ちなにこれがイチゴ大好きの息子が頼んだパンケーキ、イチゴと粉砂糖がたっぷり!

DSC_1598.JPG


ちなみにこのレストランではパンケーキを大きさを大小で選ぶことが出来ます。お子様用には小さいサイズを頼んでみるのもいいかもしれません。ですが正直言ってあまり大きさは変わらないような気がします・・・。

これ、結構食べきるのに時間+エネルギーを要します!(笑)本当に満腹になりました!!そのうえ、食べ盛りの子供達はデザートを頼むことに!私は遠慮しましたが注文時になって何と義母までもデザートを注文!恐るべし、75歳!
これがその一つのエスプレッソ味のアイスクリーム!
DSC_1607.JPG


一口味見をしたところ、とってもおいしいけどよぉ・・・・腹がはち切れそう!!!


皆さんもぜひこのローカル色濃いレストランを堪能してみてください!例のおじちゃんもまた現れるかもしれません!(笑)

レストラン名:Herberghe De Coeckepanne
住所:Van Dongenstraat 1, 5715 AL Lierop
電話番号:0492 331 317
ホームページ:http://www.decoeckepanne.nl/
月曜日:13:00~21:00
火~金曜日:10:00~21:00
土・日曜日:11:00~21:00


※アイントホーヘン駅より320番のバス(richting Helmond Stationかrichting Asten Floraplein行き)に約30分乗車し、バス停<Kerk>で降車。この教会を正面に見て向かい側に位置します。
DSC_1610.JPG


2017年9月 5日
2017年9月 1日
2017年8月30日
2017年8月11日
2017年8月 5日
⇒すべての記事を見る

オランダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アイントホーフェン特派員

    アイントホーフェン特派員
    ベッカーズ 絢嘉
    オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集