海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > アイントホーフェン特派員ブログ > ゴッホゆかりの地、Nuenen(ニューネン)

オランダ/アイントホーフェン特派員ブログ ベッカーズ 絢嘉

オランダ・アイントホーフェン特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年5月29日

ゴッホゆかりの地、Nuenen(ニューネン)


ゴッホゆかりの地、Nuenen(ニューネン)


今日はまたどんより雲のオランダです。季節が例年よりも1か月遅れています。来月はお日様がもっと頑張ることを願っています。

さて、今回は我が町Geldrop(ヒェルドロップ)の隣町、Nuenen(ニューネン)についてご紹介します。

この町はEindhoven(アイントホーヘン)のベットタウンのような町で、若い家族から年配の方たちまで人気の町です。

この町は、実はオランダの有名な画家、ビンセント=ファン=ゴッホが1883年から1885年の間に住んでいた町なのです。ゴッホの父親が仕事でこの町に移り住み、ゴッホも一時的にここに住んでいました。この町で農民の生活の様子を描いたたくさんのスケッチが残されています。それの中で一番代表的な作品がこの<ジャガイモを食べる人々(De aardappleter アーダポルエイター)>。

DSC08028.JPG

このNuenenの町にはゴッホがスケッチした建物が今でも残されています。例えばこのような風車や水車、家屋もそうです。


DSC08043.JPG


DSC08008.JPG

DSC08021.JPG


町の中心にはこのように<ジャガイモを食べる人々>の銅像が飾られています。

DSC08051.JPG


これがゴッホ家族の住んでいた家。


DSC08019.JPG


ゴッホと彼の父親との関係は水と油のような関係だったとのことですので、この家の中で<おら、絵描きになる!><何を言ってるんだ、そんな食べていけない仕事をするより、真面目に働けっ!>と、現代にも通じる戦いが繰り広げられていたと思います。


そしてその町の中心にはファン=ゴッホ博物館があります。


DSC08046.JPG >


アムステルダムにもゴッホ美術館があり、規模はそちらの方が大きいですが、このNuenenの美術館もとても興味深くゴッホの人生を紹介しています。

美術館に入ると、まずゴッホの母親や父親、ゴッホの人生を関わった人達のCG肖像画があり、その肖像画がゴッホのことについて話し出します。


DSC08025.JPG


美術館の小さな中庭はこのようにゴッホの作品が飾られています。

DSC08031.JPG


またこれはゴッホの絵画と、描かれている現在の建物を両方を紹介しています。

DSC08034.JPG

DSC08035.JPG

このように小さい美術館ながらにとても充実した内容の美術館となっています。しかも最近日本人のツアー客がやって来るようになったということで、日本語のオーディオガイドも完備されています。

皆さんも一度、このゴッホのゆかりの地を訪れてみませんか?


※アイントホーヘン駅からニューネンへの行き方
アイントホーヘン駅のバス停で21番バス(Gerwen行き)に乗車、バス停Geldropsedijk(ヒェルドロップスデイク)で降車、ニューネン中心地まで徒歩8分。料金は1ユーロ93セント。

他にもニューネン行きのバスはありますが、21番バスが徒歩の時間が一番短いです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年5月29日
« 前の記事「知って役立つオランダの交通標識(その②)」へ
»次の記事「子供に大人気、Kinderboerderij(キンダーブドレイ)」 へ
アイントホーフェン特派員 新着記事
現在復元作業中のレンブラントの<夜警>!
オランダで日本の言葉<IKIGAI(生き甲斐)>が大ブームに!
オランダ、やっと本格的な冬の到来だ~!
日本語を話せる方のいる薬局!+日本の薬の処方箋ってオランダで有効?!
意外と隠れ支持者の多い博物館、ミュージアム・クロック&ペール!
ハロウィンをみんなで楽しもう、カボチャ祭り!!
オランダのティーンエージャーを虜にするドラッグ!
気軽に買えてお土産にもなるオランダ特有の食べ物特集!!
1年前の同じ月に投稿された記事
オランダで大航海時代にタイムスリップ!!
風車だけじゃない、水車だって頑張ってるんです!
旅を充実させるため、お土産はこれで決まりっ!!

オランダ ツアー最安値


2021/3/31更新

オランダ 航空券情報


オランダ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■オランダの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • アイントホーフェン特派員

    アイントホーフェン特派員
    ベッカーズ 絢嘉
    オランダ人男性との結婚を機に2007年にオランダに移住。一年半後、オランダ語国家試験であるNT2-2に合格。現在は家事や育児に奮闘する傍ら、おしゃべり好きを武器に現地の友達やママ友との交流を深めている。現地小学校や個人レッスンで日本語及び日本文化の講師をしたり、日本語補習校で代理講師を務めるなどとにかくじっとしていられない性格。オランダやオランダ周辺国の旅行情報や生活情報を面白おかしくご紹介します。お聞きになりたいことがあればコメントよりご遠慮なくどうぞ! DISQUS ID @disqus_L3yGOfHL7C

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集